イオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イオーンギリシア語Ἴων、Iōn)は、ギリシア神話の人物。エレクテウスの娘でクスートスの妻であるクレウーサの私生児[1]。日本語では長音を省略してイオンとも呼称される。

神話[編集]

エウリーピデースの悲劇『イオーン』では、次のような神話が語られる[2]。クレウーサはアポローンとの間に設けた息子のイオーンを、父の怒りを買うことを恐れて捨てた。アポローンはヘルメースに、イオーンをゆりかごからつれてくるよう依頼した。イオーンはデルポイの神託所の巫女によって守り育てられた。後に、クレウーサを娶ったクスートスは「神託所を出て最初に出会った人物が息子である」との神託を受け、その人物こそイオーンであった。彼はその神託を、イオーンが自分の実の息子であると解釈したが、アポローンは彼を養子として与えようとしていたのであった。クレウーサは未だクスートスとの間に子供をもうけておらず、イオーンを夫の庶子だと思い込んで嫉妬し、彼の殺害を企てた。同じ頃、イオーンはクレウーサに害を与えようとしていた。最終的に、巫女が保管していたゆりかごから、クレウーサは彼が自分の息子であり、クスートスはただ彼を養子に迎えただけだということに気がつく。

他の伝承によれば、イオーンはアカイア地方の都市・ヘリケー英語版(現代のエリキ英語版)を発見したとされる。この伝承において、イオーンはアポローンの子ではなく、セリーノス王の統治する地に暮らしていたクスートスの息子とされる。彼はセリーノスの娘でヘリケーという名の王女と結婚し、セリーノスの死後王位についた[2]。さらに妻の名からとってヘリケーの街を建て、王国の首都とした。後に彼はエレウシスを侵攻していたアテナイ人に将として招かれ[2]、エレウシス近郊での戦闘中に死亡した。

イオーンはまた、イオニア人の祖とも言われている。また、ヘブライ語聖書で言及されるヤワン(Javan)と同一視される場合もある[3]。初期のギリシア語では、イオーンの名前は*Ἰάϝων (Iáwōn) であったと考えられ、のちにディガンマが欠落してἸάων (Iáōn) [4]、あるいは叙事詩などに見られる複数形のIáonesに変化したとされる[5][6]。加えて、アレクサンドリアのディオニュシウス英語版は、アルカディアにイアーオーン (Iaon) と呼ばれる川があると伝えている。このイアーオーン川は、ヘーシオドスのカリマコス讃歌でも言及されている。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
 
 
エレクテウス
 
 
 
ピロメーラー
 
プロクネー
 
テーレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケパロス
 
プロクリス
 
オーレイテュイア
 
ボレアース
 
ケクロプス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
メーティオーン
 
クトニアー
 
ブーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオパトラー
 
カライス
 
ゼーテース
 
パンディーオーン
 
アカイオス
 
イオーン
 
エウパラモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレークシッポス
 
パンディーオーン
 
 
 
 
 
 
パラース
 
リュコス
 
ニーソス
 
 
 
ペルディクス
 
ダイダロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キオネー
 
ポセイドーン
 
アイトラー
 
アイゲウス
 
メーデイア
 
 
スキュラ
 
エウリュノメー
 
タロース
 
イーカロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウモルポス
 
アンティオペー
 
テーセウス
 
 
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポリュトス
 
アカマース
 
デーモポーン
 


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヘーシオドス『名婦列伝』断片10(a).
  2. ^ a b c 高津、p.49
  3. ^ Bromiley, Geoffrey William (General Editor) (1994). The International Standard Bible Encyclopedia: Volume Two: Fully Revised: E-J: Javan. Grand Rapids, Michigan: Wm. B. Eerdmans Publishing. pp. 971. 0-8028-3782-4.
  4. ^ Woodhouse’s English-Greek Dictionary, 1910, p. 1014
  5. ^ ヘーシオドス『名婦列伝』断片10(a).23. "Ἰάονά τε κλυ]τόπωλ[ο]ν"
  6. ^ イーリアス』第13歌、685行 "Ἔνθα δὲ Βοιωτοὶ καὶ Ἰάονες ἑλκεχίτωνες"(John Pairman Brown, Israel and Hellas (1995), p.82)

参考文献[編集]

  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店、1960年。