パック・イン・ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(旧)株式会社マーベラスインタラクティブ
Marvelous Interactive Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MMV-i
本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー27階
設立 1970年8月3日
(旧パック・イン・ビデオ)
業種 情報・通信業
事業内容 コンピュータゲームの企画・開発
代表者 和田康宏(代表取締役社長)
資本金 1億円
特記事項:2007年にマーベラスエンターテイメントへ吸収合併される直前の情報
テンプレートを表示

株式会社パック・イン・ビデオPACK-IN-VIDEO CO., LTD. )は、かつて存在した日本ビデオコンピュータゲーム製作会社。法人としては2007年6月30日マーベラスエンターテイメント(現:マーベラス)へ吸収合併されるまで存続していた。

沿革[編集]

1970年に、日本ビクター(現:JVCケンウッド1972年レコード製作事業をビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)として分社)・東京放送(TBS。現:東京放送ホールディングス)が設立の中心となり、他に学習研究社(学研)・電通毎日新聞社東映・松下電器産業(現:パナソニック)・テイチク(現:テイチクエンタテインメント)凸版印刷が出資して、ビデオソフト制作・販売会社として設立された。

会社設立当初の1970年代前半はまだVHSが存在せず、ビデオソフトの販売が出来なかったため、同時期から洋画の上映権等の買い付け(映画配給事業)や、独自にビデオソフト向けの映像制作事業などを始める。

設立時からTBSや学研が制作したテレビ番組・企画などのビデオソフトは後年の事業撤退まで殆どがこのパック・イン・ビデオからの販売となった。1980年代後半にファミリーコンピュータを始めとする家庭用ゲームソフトの開発・販売に進出した。

1994年3月を以て主幹のビデオ制作・販売と映像配給事業を採算悪化を理由に撤退し、採算の取れるゲームソフト事業だけを残して日本ビクターの完全子会社となった。それまでパック・イン・ビデオが行っていたビデオソフト販売事業は実質的にビクターエンタテインメントに引き継がれ、過去に発売されたビデオソフトの販売権などはTBSなどの各制作会社に返上された。その後、TBSはTBSビデオ(ビクターエンタテインメントやポニーキャニオンが販売代行)を経てTCエンタテインメントカルチュア・コンビニエンス・クラブと合弁)を、学研はオルスタック・ピクチャーズを設立(後に関係解消)、電通はパイオニアの子会社だったパイオニアLDC(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)を買収し、それぞれ別々に映像ソフト事業を行っている。

その後、1996年10月1日ビクターエンタテインメントのインタラクティブ事業部を統合しビクターインタラクティブソフトウェア(現:JVCケンウッド・クリエイティブメディア)に社名を変更。

2003年3月24日にはマーベラスエンターテイメントに買収されマーベラスインタラクティブへ社名を変更したが、2007年6月30日付でマーベラスエンターテイメントに吸収合併され現在のマーベラスCSコンテンツ事業部となっている。

主な制作・配給・発売作品[編集]

アニメーション[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

  • KING CRIMSON LIVE IN JAPAN
  • Burst The Gravity

主なゲームソフト[編集]