パックマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パックマニア
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
MSX2[MSX2]
X68000[X68]
iアプリ
EZアプリ
S!アプリ
iPhone / iPod touch
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人(交代制2人プレイ)
メディア [AC]:SYSTEM I
[MSX2]:ロムカセット/3.5インチFD
[X68]:3.5/5インチFD
発売日 [AC]:1987年11月
[MSX2]:1989年3月28日
[X68]:1989年3月
[iOS]:2010年11月25日
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

パックマニア』(PAC・MANIA)は、1987年に発表されたナムコ(現・バンダイナムコゲームス)のドットイートタイプのアクションゲームアーケードゲームでは「パックマン」シリーズ5作目で、マザーボードシステム87(SYSTEM I)第5弾の作品。

ゲーム内容[編集]

ナムコの看板ゲーム『パックマン』を立体的にアレンジし、迷路画面をクォータービューで上下左右にスクロールしながらプレーするスタイルを採用。パックマンがジャンプで敵キャラクターのモンスターをかわすという新たな要素が特色となっている。

ステージは4種類で、レゴブロックのような「BLOCK TOWN」、初代パックマンのステージと同じ「PACMAN'S PARK」、ピラミッド様のオブジェが連なる「SANDBOX LAND」、階段状の高所を駆け巡る「JUNGLY STEPS」の順に1種類2面ずつ進み、敵味方の動きが速くなるとともに難易度も上がる。「JUNGLY STEPS」をクリアすると次のループとなり、再び「BLOCK TOWN」から開始。全23面(ゲームセンター運営者による設定で変更可能)をクリアするとエンディングとなる。また、各ステージの間には他のパックマンシリーズと同様にコーヒーブレイクタイムがある。

システム[編集]

パックマン[編集]

4方向レバーとジャンプボタンで操作する。パックマンは同じ面に居続けるとジャンプ力が徐々に弱くなる。

モンスター[編集]

全6種類。(性格の説明はインストラクションカードから引用)

  • クライド(CLYDE・赤) - みんなをひきつれている親分モンスター。
  • ピンキー(PINKY・ピンク) - 先回りや待ち伏せが得意。少々いじっぱり。
  • スー(SUE・紫) - 人なつっこく寄ってくる恥ずかしがりや。
  • インキー(INKY・青) - “足の向くまま気の向くまま”の気まぐれや。
  • ブリンキー(BLINKY・橙) - ちょっとおとぼけだけど気のイイ奴。
  • コモン(COMMON・緑または灰) - 子分モンスター。パックマンにジャンプで対抗することも。
スーは2面から、コモンは3面から登場。コモンは1ループ目の「SANDBOX LAND」(5面)からパックマンに合わせてジャンプするようになる。
のコモンに対しては互いにジャンプ中でもうまくいけば飛び越すことが可能。灰色のコモンはジャンプ力がパックマンと同等のため飛び越せない。

エサ[編集]

  • 迷路をめぐりながら食べるエサは、パックマンと同じく通常エサとパワーエサ、迷路中央のモンスターのの下に出現するフルーツがある。
パワーエサを食べた後のボーナスはイジケモンスターを食べるごと200→400→800→1600→3200→7650点と上がる。
  • 本作では新たにスペシャルアイテムとして赤玉のダブルエサ緑玉のスーパーエサがあり、フルーツと同じ場所に時折現れる。
ダブルエサを食べるとモンスターが短時間イジケ状態になるとともに、パワーエサのボーナスが400→1600→7650点と上がりやすくなる。
ダブルエサの効力はパックマンが1機やられたらなくなる。スーパーエサを食べるとパックマンのスピードが一定時間速くなる。

移植作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]