スーパーパックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーパックマン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
M5[1]
Windows
Wii
Xbox 360
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人(交代制2人プレイ)
メディア [M5]ROMカートリッジ
発売日 [AC]1982年
[M5]1983年
[Windows]1998年6月9日
[Wii]2007年12月6日
[Xbox 360]2009年11月5日
その他
  1. ^ 『パワーパック』として発売
テンプレートを表示

スーパーパックマン』(SUPER PAC-MAN)は、1982年に発表された、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)のドットイートタイプのアクションゲーム

ゲーム内容[編集]

日本においてはパックマンシリーズ2作目にあたる。エサ(ドット)はフルーツとなり、フルーツやパワーエサは迷路の通路上ではなく、扉で閉ざされた部屋の中にある。通路上にちらばる鍵をとると近くの扉が開くため、ようやくフルーツを取ることができる。扉が開放されていない部屋やワープトンネルは袋小路になっているためモンスターに追いつめられる危険性が高い。

一定のステージをクリアするとボーナスステージになる。この面では敵は居なくて、巨大化した状態で時間内にフルーツを全て食べるとクリア。クリア時間が早い分、ボーナスが余分に得られる。

アイテム[編集]

パワーエサ
従来と同様、モンスターがイジケ化する(各ステージ4つ)。
スーパーエサ
食べるとパックマンは巨大化し無敵となり(ただしモンスターはスーパーエサではイジケ状態にならない)、扉を崩したり、モンスターの巣に入ることが出来る(各ステージ2つ)。ボタンを押すとよりスピードアップする。
スター
特定の条件で出現すると左右の部屋の中でフルーツがスロット状に回る。フルーツが揃ったときにスターを取るとボーナス点。
フルーツ
全部で16種類。
フルーツ一覧
出現ラウンド フルーツ名 得点
1 アップル 10
2 バナナ 20
3 ドーナツ 30
4 ハンバーガー 40
5 目玉焼き 50
6 とうもろこし 60
7 70
8 ケーキ 80
9 ピーチ 90
10 メロン 100
11 コーヒーカップ 110
12 マッシュルーム 120
13 ベル 130
14 4つ葉のクローバー 140
15 ギャルボス 150
16 プレゼント 160

17面からアップルに戻るが得点は160点のまま。

移植[編集]