キング&バルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キング&バルーン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
MSX
iアプリS!アプリ
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人(2人交互プレイ可能)
メディア [MSX]カセット
発売日 [AC]1980年10月
[MSX]1984年2月28日
i…2006年4月1日
S!…2006年11月1日
テンプレートを表示

キング&バルーン』(KING & BALLOON)は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1980年10月に発売したアーケードゲーム

ゲーム内容[編集]

  • 基本的な内容は『ギャラクシアン』に近く、プレイヤーは城の上に設置された砲台を二方向レバーとショットボタンで操作し、上空で待機しているバルーンを破壊していく。画面内のバルーンを全て撃ち落とせばラウンドクリアとなる。
  • バルーンは一面につき42機出現し、上空で待機して数機ずつ攻撃をしてくる。バルーンから発射される弾に当たるか、バルーンの体当たりで砲台は破壊されるが、破壊された砲台は数秒後復活する。砲台が破壊されることによるペナルティはこの無防備時間以外に存在しない。
  • 『ギャラクシアン』との最大の違いはタイトルにもなっている「キング」の存在である。キングは自機である砲台の下をランダムで左右に動いている。バルーンを砲台の下に逃した場合、『ギャラクシアン』とは異なりキングの移動している段にしばらく留まる。その時にキングがバルーンに触れると、バルーンはキングを連れて飛んでいく。そのバルーンを打ち落とすことができればキングは傘をパラシュート代わりにして降りてくる(降りてくるキングにバルーンが接触しても連れ去られる)。キングが画面外に連れ去られてしまうと1ミス。キングをすべて失うとゲームオーバー。得点が一定値に達するとキングが1UPする。
  • 当時としては珍しく、自機は何度やられても構わないが、その代わりに勝手に移動するキングを守るという風変わりなゲームである。その為であろうが、バルーンの軌道はギャラクシアン等に比べてトリッキーな軌道を取ることが多い。
  • バルーンの色は4色あり、色によって撃ち落としたときの得点が異なる。また、攻撃時のバルーンを倒すと編隊時の2倍、キングを連れているバルーンを倒すと編隊時の3倍の得点が得られる。さらに、色の違う3つのバルーンが合体し巨大なバルーンとなることがあり、これに弾を3発当てて撃ち落とせば高得点が得られる。

補足[編集]

  • 当時では珍しい音声合成を搭載したゲームとしても知られている。しゃべる言葉はすべてキングの台詞で、連れ去られている途中の「HELP! HELP!」、キングを救出したときの「THANK YOU!」、ミス時の「BYE BYE!」の三つ。なお、国内版と海外版では声が異なる。
  • ボスコニアンラリーXの2作品は、ファミコン版で発売する予定になっていたが、分割スクロールを実現するのに手間取り、実現可能になった頃には販売時機を逸してしまったためお蔵入りとなった。ただし、本作だけはファミコン版で発売する予定は一切なく、あえてMSX版のみとなった。

移植版[編集]

1984年ナムコットゲームセンターシリーズの第5弾として発売。『ギャラガ』のボーナスステージをアレンジしたボーナスラウンドが追加されている。ボーナスラウンドは初登場が2ラウンドクリア後に、以降3ラウンドおきに登場する。また、1990年3月9日フロッピーディスクで発売されたMSX用オムニバスソフト『ディスクNG 1』にも、このMSX版が収録されている。
1997年10月30日発売のPlayStation版『ナムコミュージアム アンコール』、2006年2月23日発売のPlayStation Portable版『ナムコミュージアム VOL.2』、2009年11月5日発売のXbox 360版『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』に収録。
  • 携帯アプリにも移植されており、グラフィック等を強化したアレンジバージョンも用意されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]