T&E SOFT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ティーアンドイーソフト
T&E SOFT Inc.
種類 株式会社
略称 T&E
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:465-0042
愛知県名古屋市名東区照が丘10番地
設立 1982年昭和57年) (旧)
2008年平成20年)1月21日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトの開発・販売等。
代表者 代表取締役会長 浅川芳男
代表取締役社長 藤田朗裕
資本金 650万円
主要株主 (株)ゲームズアリーナ 100%
関係する人物 横山俊朗, 横山英二内藤時浩
外部リンク http://www.tandesoft.co.jp/
特記事項:2010年4月時点における情報
テンプレートを表示

株式会社ティーアンドイーソフトT&E SOFT Inc.)は、かつて存在した日本コンピューターゲームメーカー。パソコンゲーム草創期からの老舗ソフトハウスとして知られたが、紆余曲折を経て、ドワンゴの傘下となり、スパイク・チュンソフト第三開発グループ(名古屋オフィス)に再編された。

概要[編集]

2002年平成14年)にティーアンドイーソフトは社名を変更してディーワンダーランドとなっており便宜上旧T&Eとする。その後別法人が同社名を継承したものを新T&Eとする。

T&E SOFT(旧社)[編集]

社名は創業者である兄の横山俊朗と弟の横山英二の名前から付けられたが後に「トライ&エキサイティング」の略称へと変わり、最終的に「テクノロジー&エンターテインメント」の略称へと変わっていった。

1982年昭和57年)に工学社パソコン雑誌I/O」にNECのパソコンPC-6001シリーズ向けのゲームのプログラムリストを投稿、掲載し、そのゲームをパッケージ販売することで活動を開始した。1983年(昭和58年)からはI/O誌でのプログラムリスト公開をやめ、PC-6001以外の多機種展開を始め、2月に発売した 3Dゴルフシミュレーションがヒット。以後、国産の8ビットパソコンでは、スターアーサー伝説シリーズ、ハイドライドシリーズ、DAIVAシリーズなどで名を馳せた人気ゲームソフトハウスだった。

16ビットパソコン時代になると、3Dゴルフシミュレーションを引き継いだ1989年平成元年)11月に発売したゴルフゲーム・遙かなるオーガスタシリーズが看板作品になる。3D表示システム「POLYSYS(ポリシス)」を使用し、発表当時にこのシステムで「10年は食う」と公言していた。1990年(平成2年)10月に経営難のクリスタルソフト(XTALSOFT)を救済合併し、T&E SOFT大阪開発部を設立。

1986年(昭和61年)3月に東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)より発売されたファミリーコンピュータ用ソフト「ハイドライド・スペシャル」の開発で家庭用ゲーム機へ参入。1990年(平成2年)12月ゲームボーイ用ソフト「地球解放軍ジ・アース」から自社ブランド販売でのコンシューマ参入を開始した。 1991年(平成3年)4月に発売したスーパーファミコン用ソフト「NEW 3D GOLF SIMULATION1遙かなるオーガスタ」がスマッシュヒットしたことから、徐々にパソコンから家庭用ゲーム機へと活動を移行させた。

1997年(平成9年)に資金難で、横山兄弟の旧知の仲のスクウェアのオーナー、宮本雅史が資金援助をする代わりに筆頭株主となり、後にスクウェア自身も出資する形で兄弟会社になる。

2001年(平成13年)1月15日株式会社ティーアンドイーソフトディズニーと資本・業務提携を行い2002年(平成14年)5月1日株式会社ディーワンダーランドとなった。同社は現在、ゲーム開発事業を行っていないが、旧コンテンツ制作部が独立した株式会社ディープ2005年(平成17年)4月22日ティーアンドイーソフトの商標権を取得し、ゲーム開発を継続した。

T&E SOFT(新社)[編集]

横山兄弟の兄である横山俊朗2003年(平成15年)1月に設立した株式会社デジタルゴルフが、2006年(平成18年)1月1日株式会社ディープを吸収合併し、名古屋支社を設立。株式会社デジタルゴルフが正式にティーアンドイーソフトのブランド名でゲーム開発をしていた。

2008年(平成20年)1月21日に名古屋支社の開発部門を株式会社ティーアンドイーソフトとして分社化し、1月30日株式会社ドワンゴの子会社ゲームズアリーナ株式会社ティーアンドイーソフトの発行済み全株式を取得することを発表、ゲームズアリーナの子会社化(ドワンゴの孫会社化)されることになった[1]

2010年(平成22年)8月にはゲームズアリーナ子会社のチュンソフト(現・スパイク・チュンソフト)がティーアンドイーソフト所在地に名古屋オフィスを開設[2][3]。あわせて、内藤時浩[4]や溝邊雄一[5]といったスタッフもチュンソフト(2012年4月現在はスパイク・チュンソフト第三開発グループ)所属となった。2012年6月末にゲームズアリーナが解散、ティーアンドイーソフトのサイトも閲覧不可となり、現在は、ドワンゴのグループ会社一覧にも掲載されていないため法人としても解散した模様。

沿革[編集]

旧T&E[編集]

新T&E[編集]

  • 2002年(平成14年)7月 - 名古屋市名東区照が丘に株式会社ディープ設立。
  • 2003年(平成15年)1月 - 東京都港区株式会社デジタルゴルフ設立。
  • 2003年(平成15年)10月 - 本社を東京都品川区東五反田に移転。
  • 2005年(平成17年)4月 - 株式会社ディープティーアンドイーソフトの商標権取得。
  • 2006年(平成18年)1月 - 株式会社デジタルゴルフ株式会社ディープを吸収合併、名古屋支社を設立。
  • 2006年(平成18年)1月 - 株式会社デジタルゴルフが正式にティーアンドイーソフトのブランド名でゲーム開発を開始。
  • 2008年(平成20年)1月21日 - 株式会社デジタルゴルフ名古屋支社の開発部門を株式会社ティーアンドイーソフトとして分社化。
  • 2008年(平成20年)1月30日 - 株式会社ゲームズアリーナ(株式会社ドワンゴの子会社)株式会社ティーアンドイーソフトの発行済み全株式を取得することを発表。
  • 2010年(平成22年)8月 - 株式会社チュンソフト(ゲームズアリーナの子会社)がティーアンドイーソフト所在地に名古屋オフィスを開設し、ティーアンドイーソフトのスタッフも移籍。
  • 2012年(平成24年)6月 - 関連会社ゲームズアリーナが解散したのに伴い活動停止した模様。

作品一覧[編集]

  • 1982年
    • 4月 リアルゴルフゲーム
    • 5月 3Dアステロイドファイヤー
    • 6月 ミサイルファントム
    • 7月 タワーパニック
    • 8月 マリンシューター
    • 10月 ピラミッド
    • 11月 T&Eスペシャル
  • 1983年
    • 2月 3Dゴルフシミュレーション
    • 7月 スターアーサー伝説I 惑星メフィウス
    • 7月 ラブアドベンチャー プレイボーイ
    • 8月 スターデストロイヤー
    • 9月 スーパーグラフィックエディター
    • 9月 バトルシップ クラプトンII スターアーサー伝説番外編
    • 9月 ピラミッド・ワープ
    • 9月 撃墜王ゼロファイター
    • 10月 ピラミッドII
    • 12月 レッドゾーン
  • 1984年
    • 2月 スターアーサー伝説II 暗黒星雲
    • 3月 トリックボーイ
    • 5月 コスモミューター
    • 7月 3Dゴルフシミュレーション パート2
    • 10月 パラノイア88
    • 11月 スクェアダンサー(東芝EMIより発売)
    • 11月 3Dゴルフシミュレーション スーパーバージョン
    • 12月 スターアーサー伝説III テラ4001
    • 12月 ハイドライド
  • 1985年
    • 7月 惑星メフィウス VHD版(日本ビクターより発売)
    • 9月 ピクセル2
    • 12月 ハイドライドII シャイン オブ ダークネス
  • 1986年
  • 1987年
    • 2月 DAIVA STORY1 ヴリトラの炎
    • 2月 DAIVA STORY2 ドゥルガーの記憶
    • 2月 DAIVA STORY3 ニルヴァーナの試練
    • 2月 DAIVA STORY4 アスラの血流
    • 2月 DAIVA STORY5 ソーマの杯
    • 3月 ハイドライド 異次元バージョン(ブラザー工業より発売)
    • 7月 スーパーレイドック ミッションストライカー
    • 9月 スーパーレイドック ネットワークバージョン(日本テレネットより発売)
    • 10月 ピクセル3
    • 11月 ハイドライド3 ザ・スペース・メモリーズ
    • 12月 アシュギーネ 虚空の牙城(パナソフトセンターより発売)
  • 1988年
  • 1989年
    • 3月 ハイドライド3 闇からの訪問者 ファミリーコンピュータ版(ナムコより発売)
    • 6月 T&Eマガジン ディスクスペシャル2(ブラザー工業より発売)
    • 7月 アンデッドライン
    • 10月 スーパーハイドライド メガドライブ版ハイドライド3(アスミックより発売)
    • 10月 遙かなるオーガスタ NEW 3D GOLF SIMULATION1
    • 11月 DD倶楽部 DOT DESIGNER'S CLUB
  • 1990年
    • 1月 ルーンワース 黒衣の貴公子 ソードワールド
    • 4月 サイオブレード メガドライブ版(シグマ商事より発売)
    • 4月 エイト レイクス G.C. NEW 3D GOLF SIMULATION2
    • 7月 幻獣鬼 アンデッドライン
    • 11月 T&Eセレクション NEW 3D GOLF SIMULATION3(ブラザー工業より発売)
    • 12月 地球解放軍ジ・アース
  • 1991年
    • 3月 ルーンワース2 時空の神戦 ソードワールド
    • 7月 ルーンワース3 神聖記光臨 ソードワールド
    • 9月 ワイアラエの奇蹟 NEW 3D GOLF SIMULATION4
    • 12月 アンデッドライン メガドライブ版(パルソフトより発売)
  • 1992年(平成4)
    • 4月 ペブルビーチの波濤 NEW 3D GOLF SIMULATION5
    • 9月 ミスタープロ野球 パーフェクト
    • 11月 ソード・ワールドPC
  • 1993年
    • 3月 デビルズコース NEW 3D GOLF SIMULATION6
    • 8月 ソード・ワールドSFC
    • 9月 マスターズ/遙かなるオーガスタ2
  • 1994年
  • 1995年
    • 4月 ヴァーチャルハイドライド
    • 7月 レッドアラーム
    • 8月 T&E ヴァーチャル ゴルフ
    • 12月 ザ・ハイパーゴルフ セガサターン版(ビック東海より発売)
  • 1996年
    • 1月 フローティングランナー プレイステーション版(エクシングより発売)
    • 3月 ザ・グレートショット ~ペブルビーチ~
    • 4月 T&E VR GOLF ワールドグリーンII
    • 7月 ファミリーワークス家計簿ソフト
  • 1997年
  • 1998年
  • 1999年
    • 3月 ソナタ
    • 4月 ハイドライド ウィンドウズ版
    • 11月 ハイドライド3 ゴールドパック
  • 2000年
  • 2001年(平成13)
    • 5月 ハイドライド1・2・3 (デジキューブよりコンビニ専売)
    • 11月 ハイドライド1・2・3
  • 2002年
    • 5月 DISNEY GOLF CLASSICS ディズニーゴルフ クラシック(カプコンより発売)
  • 2005年
    • 2月 スーパーリアルゴルフ(FOMAシリーズ用iアプリ)
    • 11月 大人のDSゴルフ任天堂より発売)
    • 11月 ゴルトモ(デジタルゴルフよりプレサービスを開始し、2006年3月14日にプレサービスを終了)
  • 2006年
    • 6月 ゴルトモ(デジタルゴルフよりクローズドベータサービスを開始)
    • 7月 ゴルトモ(デジタルゴルフよりオープンベータサービスを開始)
    • 8月 ゴルトモ(デジタルゴルフより正式サービスを開始)
    • 12月 ゴルトモ(デジタルゴルフよりプレミアムサービスを開始)
    • 12月 ゴルトモ(パッケージ版がソースネクストより発売)
  • 2007年
  • 2008年
    • ROUND LEADER(デジタルゴルフ)
  • 2009年
  • 2010年
    • 百選オープンゴルフ(ゲームズアリーナ)
    • BINGO BREAK ONLINE(ゲームズアリーナ)
    • 遙かなるニコゴルフ(ゲームズアリーナ)
    • ごるコン(mixiアプリ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “当社子会社による株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ドワンゴ, (2008年1月30日), http://info.dwango.co.jp/pdf/ir/news/2008/080130_2.pdf 2013年2月15日閲覧。 
  2. ^ 沿革”. スパイク・チュンソフト. 2012年5月4日閲覧。
  3. ^ 会社概要”. スパイク・チュンソフト. 2012年5月4日閲覧。
  4. ^ Twitter / 内藤時浩: 今日からチュンソフト所属です!(2010年8月2日)
  5. ^ 社長が訊く『Wiiリモコンプラス バラエティパック』 1. はじめてのつくり方”. 任天堂 (2011年6月30日). 2012年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]