ジービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジービー
ジャンル ブロックくずし
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス
発売元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
人数 1人
発売日 1978年10月
テンプレートを表示

ジービー』 (Gee Bee) は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より1978年10月に発表されたアーケードゲーム。ナムコが独自開発した初のビデオゲームである。ブロックくずしゲームのひとつでピンボールをモチーフに取り入れたところに特徴がある。続編である『ボムビー』や『キューティーQ』とあわせてジービー一家3部作[1]と称された。本項では、これらの続編についても記述する。

概要[編集]

ジービーは1970年代後半のブロック崩しブーム後期に登場したブロック崩しゲームのひとつ。名前の由来はスズメバチの別称「くまんばち」の英名から[2]

プレイヤーはダイアル式コントローラを用い、画面中央と下部に配置された2つのパドルを操作[3]してボールを画面下部へ落とさないように反射させ、画面上に存在するブロックを壊すことを目的とする。

ブロックは画面上部に配置されるだけでなく左右にも配置されたほか、バンパーやロールオーバー、スピナーといったピンボール的な要素が加えられ、それまでのブロック崩しより大幅なアレンジがなされた。これらのフィーチャーの配置は人間の顔を模したデザインがイメージしたものとなっている[4]

画面はモノクロだが、周縁部に色セロファンが貼られ、疑似的にカラー化されている。

来歴[編集]

1976年7月、エレメカの開発などを行っていた石村繁一が、エレメカの電子回路化などのノウハウを積んだ後、CPUを利用したテレビゲームの開発を提案する。ナムコはこれを承認し、数ヵ月後にNECのミニコン「PDA-80」を購入、テレビゲーム開発のノウハウを研究し始める。

1978年3月、開発機器を用いてテレビゲーム開発を行うことが可能となったきた段階で、岩谷徹がピンボールの要素を採り入れたブロック崩しの企画を持ってきたため、石村繁一が回路設計とプログラミングを担当し、完成させた。

1978年10月、ジービー発売。8,000台[2]を売り上げ、ナムコが本格的にビデオゲームへ参入する足がかりとなった。

ボムビー[編集]

ボムビー
ジャンル ブロックくずし
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
発売元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
人数 1人
稼働時期 1979年8月
テンプレートを表示

ボムビー』 (BOMB BEE') は1979年8月に発売された。ジービーのデザインを踏襲し、改良された続編である。画面がカラー化されたほか、バンパーやブロックのレイアウトに変更が加えられ、難易度も低下している。

ボムビーがジービーと大きく異なるのは、画面上部中央にあるブロック(トップブロック)の下に隠された赤バンパーの存在である。この隠されたバンパーは画面上部中央のブロックをすべて破壊した際に初めて出現するもので、初期配置されている黄バンパー(10または100点)に比べ、1000点と得点が高く設定されている。

赤バンパーが出現した後、2つのパドルのうち画面下部のほうでボールを一定回数レシーブすると、赤バンパーが大爆発する画面エフェクトが起こり、トップブロック、およびその下部に横一列に並んでいる緑色のブロック(バリケードブロック)がすべて復活する。ボムビーのタイトルに「ボム」という名が冠されたのはこの赤バンパーの大爆発を表現したものである[2]

キューティーQ[編集]

キューティーQ
ジャンル ブロックくずし
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
発売元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
人数 1人
稼働時期 1979年11月
テンプレートを表示

キューティーQ』 (CUTIE Q) は1979年11月に発売された。ジービーの発展系として企画がスタートした続編である。タイトル名は岩谷徹がクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルが歌う「Suzie Q」からヒントを得てつけたものである[2]

画面上部中央に存在するオバケ「ミニモン」、画面上部左右へ配置されたカラフルな「レインボーブロック」の片側をすべて破壊した際に出現する「ウォークマン」などのキャラクタが追加されたほか、全体的なレイアウトが大幅に見直されている。

企画は横山茂が行い、それまでジービー及びボムビーのゲームデザインをしていた岩谷徹はグラフィックデザインを担当した。岩谷徹はこのゲームのグラフィックデザインを通して、キャラクタの持つ魅力がプレイヤーを引きつけることを学習、後続タイトルとなるパックマンへと生かすこととなった[2]

移植[編集]

ナムコミュージアム Vol.2
1996年2月9日発売のプレイステーション用ソフト。ボムビーとキューティーQ(前者は隠しゲーム)を収録。ボリュームコントローラを同梱した限定ボックスも発売された。
みんなで遊ぼう!ナムコカーニバル
2007年12月6日発売のWii用ソフト。キューティーQを収録。Wiiリモコンのポインティングを用いたパドル移動も可能。

脚注[編集]

  1. ^ バンダイナムコゲームス. “NAMCO ARCHIVES AYUMI|ナムコワンダーランド ジービー” (日本語). 2010年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 岩谷p33~41
  3. ^ 2つのパドルはひとつのダイアル式コントローラで同時に動く
  4. ^ 赤木p.183~184

参考文献[編集]

  • 響あきら、見城こうじ他「ナムコゲームのすべて」 電波新聞社, 1985
  • 岩谷徹 「パックマンのゲーム学入門」(初版)エンターブレイン, 2005
  • 赤木真澄 「それは『ポン』から始まった」(初版)アミューズメント通信社, 2005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]