メルヘンメイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルヘンメイズ
Märchen Maze
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード [AC]
PCエンジン [PCE]
X68000 [X68]
Wiiバーチャルコンソールアーケード
開発元 [AC][PCE] N.H.SYSTEM
[X68] SPS
発売元 [AC][PCE] ナムコ
[X68] SPS
人数 1人
2人(交互プレイ)
メディア [AC] ROM
[PCE] HuCARD
[X68] 5インチFD2枚組
[Wii] ダウンロード販売
発売日 [AC] 1988年
[PCE] 1990年12月11日
[X68] 1991年3月15日
[Wii] 2009年9月29日
システム基板 SYSTEM I
テンプレートを表示

メルヘンメイズ』(Märchen Maze)は、1988年ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)からリリースされたアーケード用のアクションシューティングゲーム。開発はN.H.SYSTEM。ルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』および『鏡の国のアリス』を題材にしている。

キャラクターデザインは、『銀河任侠伝』(ジャレコ)、『スケバン雀士竜子』(セガ)、『麻雀クエスト』(タイトー)などで知られるANO清水が手がけている。

ストーリー[編集]

ある日の夜のこと。絵本や空想が大好きな少女・アリスは、鏡の中から呼びかける声を聞いて眠りから覚める。そこに現れたのは、鏡の世界の守護者・時計うさぎだった。鏡の世界が闇の女王に征服されてしまい、自分の姿を見ることができるアリスに助けを求めてきたのだった。半ば強引に鏡の世界へと引き込まれたアリスは、シャボン玉を噴き出す魔法のストローを手に鏡の世界を救うため、9つの国へ冒険に旅立つのだった。

ゲーム内容[編集]

時計うさぎに導かれて鏡の世界へ飛び込んだ主人公アリスを操作し、シャボン玉を噴き出す魔法のストローの力を駆使して、鏡の世界を闇の女王から解放することがこのゲームの目的。

各面は、長方形の床パネルで構成されたフィールドから成っており、ボスキャラの待ち構えるエリアまで床が続いている。フィールド自体は空中に浮いており、主人公が床から落ちるとミスとなる。雑魚キャラは後述のシャボン玉で床から押し出すことで倒したことになり加点となる。床はほとんどが平面(高低差が設けられていない)であるが、段差があってそのまま移ることができない箇所、飛び越える必要がある障害物(床の下から出現する積み木やキャンディ)、床が切れているためにジャンプする必要がある箇所、床がスライドして動いている箇所、敵の攻撃弾を飛び越えることが可能な点など、擬似3D表現を生かした立体的な仕掛けが盛り込まれている。

また、ボスキャラのいる場所は、床のサイズが四角形状の固定サイズとなっており、面の途中よりは足場が良くなっている。ボスは通常のザコ敵と異なり耐久力が設定されており、シャボン玉をぶつけて一定以上のダメージを与えることで倒すことができる。ボスを倒すと鏡が現れ、その鏡に入ることで次の面に進むことができる。

各面には180秒という制限時間が設けられており、制限時間内にボスのいる場所に到達してボスを倒さないと、時間切れモンスターが出現、これに接触するとミスになってしまう。

床のないところから見える背景は、床から比べてかなりの高低差があるように演出されており、空中での戦いであるという点を効果的に演出している。

操作方法[編集]

8方向レバー、攻撃ボタン、ジャンプボタンを使用して主人公を操作する。

移動
8方向レバーにより床の上を移動する。ジャンプ中やダメージ中でない限り、8方向レバーの移動だけでは床の上から落ちることはない。
攻撃
攻撃ボタン。進行方向に向けてシャボン玉を飛ばす。ほとんどの雑魚キャラはシャボン玉にあたると、シャボン玉の進行方向に押し出される。その結果、雑魚キャラを床から落とすことに成功すると、倒したことになる。ボスを含めた一部の敵キャラは、シャボン玉によって押し出されることはないが耐久力が設定されており、一定以上のダメージを与えることで倒すことができる。
ボタンの溜め押しによって攻撃の威力が変化する。ボタンを押し続けるとシャボン玉が徐々に大きくなり、ボタンを離した段階で進行方向に向かってシャボン玉が飛び出す。溜めずにボタンを離すと小さいシャボン玉による攻撃となり、連射が可能。シャボン玉の大きさに応じて、攻撃範囲、雑魚キャラを押し出す力(割れずに押しつづける力)、ボスキャラに与えるダメージ量が大きくなる。なお、シャボン玉が最大サイズになってもボタンを押しつづけていると、しばらく後にシャボン玉は割れてしまう。ダメージを受けていない状態で着地している時に限り、攻撃ボタンを押したままにすると自動的に溜め状態が継続される。例えば、攻撃ボタンを押しながら着地すると、着地以降、攻撃の溜めが開始される。攻撃ボタンを押し続けていると、膨らませすぎてシャボン玉は割れてしまうが、割れた直後から次の攻撃の溜めが開始される。溜め中のシャボン玉に敵が接触すると、シャボン玉は割れてしまい、接触した敵を押し出す効果が生まれるが、シャボン玉が割れた直後から次の攻撃の溜めが開始される。
ジャンプ
ジャンプボタン。ジャンプ量は常に一定。空中での移動方向の制御も可能。ジャンプ中は床の境界線を越えて移動できるため、着地時に床がないと落下してしまい、ミスとなる。攻撃ボタンを押しつづけている最中にジャンプボタンを押すと、攻撃ボタンの溜めはキャンセルされ、シャボン玉が進行方向に押し出されることになる。また、ジャンプ中は攻撃ボタンの入力は受け付けられない。
ダメージ
雑魚キャラ(一部を除く)、ボスキャラ、敵の出す弾(キャンディ)などに接触した場合、一定時間ダメージ扱い(ダメージ中)となる。ダメージ中は、レバー操作がほとんど効かなくなり、攻撃を受けた方向に向かって弾き飛ばされる。弾き飛ばされて床から落ちるとミス。ダメージ中に別の弾に接触すると、ダメージ状態が延びる。レバー操作により、弾き飛ばされる時間と方向は若干変わる。また、ダメージ中でもジャンプを行うことは可能である。ジャンプしなければ床から弾き飛ばされるが、ジャンプすることによって助かる場合もある。
敵の担ぎ上げ
極一部の雑魚キャラ(びっくりの面で登場)に接触すると、主人公は担ぎ上げられてしまう。そのままにしていると担ぎ上げられたまま床の縁まで運ばれ、敵と一緒に落下してしまう。一定回数以上ジャンプボタンを押すことで、脱出できる。

登場キャラクター[編集]

アリス
本作の主人公。絵本と空想が大好きな少女。助けを求める時計うさぎに鏡の世界へ(半ば強引に)引き込まれ、鏡の世界を闇の女王から解放するため、シャボン玉を噴き出す魔法のストローを武器に戦うことになる。時間切れモンスターに接触すると、座り込んで泣いてしまう。
時計うさぎ(とけいうさぎ)
鏡の世界の守護者。鏡の世界に足を踏み入れたアリスに世界の命運を託す。ゲーム中は随時、残り時間を知らせるために登場する。ゲーム開始時(残り180秒)から30秒経過するたびに登場、残り時間45秒を切ると画面上にとどまり、カウントダウンする。
闇の女王(やみのじょおう)
鏡の世界の支配者。ラストボス。
時間切れモンスター(じかんぎれモンスター)
残り時間が0になった際に登場する、いわゆる「永久パターン防止キャラ(ご先祖キャラ)」。

障害物類[編集]

移動する床
各面のボス手前などで登場。床同士が繋がっていない場合は、ジャンプして飛び移る必要がある。ボス手前に登場する「移動する床」は、面途中の「移動する床」と異なり、白と黒の格子模様になっていてジャンプした際のアリスの影が映らない。
積み木
おもちゃの国で登場。床の下に切れ目があり、そこから積み木が上に伸びたり引っ込んだりする。大抵は通路全面が積み木に阻まれているため、積み木が引っ込んでいるタイミングを見計らって、ジャンプで飛び越える必要がある。積み木が上に伸びている時に飛び越えようとすると、積み木にはじき返されてしまう(ダメージ中扱いとなる)。
キャンディ
複数個のキャンディが棒状に連なって、一端を中心に回転する。接触すると弾き飛ばされる。これが配置される面は足場が悪いため、接触すると高確率で落下してしまう。出現するキャンディの個数はランダムであり、通路全面を覆う長さで回転している場合もあれば、通路の極一部を妨げる程度の長さである場合もある。

ゲームオーバーの条件[編集]

残機数は最大3まで。残機回復はなく、ミスをしてすべての残機数を失うとゲームオーバー。ミス扱いとなる条件は以下の通り。

  • ダメージを受けた状態で、床から押し出されてしまう
  • 床のないところにジャンプして飛び込んでしまう
  • タイムオーバー後に出てくる時間切れモンスターに接触する

アイテム[編集]

赤水晶
ボーナス得点が得られる。獲得するごとに得点はランダムで変わる。
青水晶
一定時間、常にシャボン玉のサイズが最大の状態で撃つことができる。
黄水晶
一定時間、敵の動きが止まる。ただし、制限時間の進行を止めることはできない。また、黄水晶を取った場所から、ある程度以上離れた敵には効果がない。
緑水晶
一定時間、シャボン玉が正面と左右斜め前の3方向に拡散する。
紫水晶
一定時間、主人公の移動速度が上がる。ただし、ジャンプの継続時間自体は変化しない。
ミニ時計
残り時間が約30秒間、回復する。
風船
獲得したステージに限り、落下ミスを一度だけ回避できる。固定された床から落下した場合、落下直前の床位置(ジャンプでの落下ミスならジャンプ開始位置)から再開となる。移動する床から落下した場合、(移動する床に移る前に乗っていた)固定した床の最終位置から再開となる。
ブーツ
一定時間、ジャンプ中の滞空時間が長くなり、飛距離も伸びる。
うさぎのぬいぐるみ
うさぎが8体現れ、一定時間、主人公のまわりを回って敵の接触や敵の攻撃弾から保護してくれる。うさぎに接触した敵は弾き飛ばされ、敵の攻撃弾も打ち消される。効果は一定時間持続する。一定時間経過すると、うさぎは徐々に赤くなり、最後には消えてしまう。敵の接触や攻撃に対しては無敵であるが、本作のミス条件の一つ「ジャンプ時の落下」は防げないため、全くの無敵というわけではない。

アイテムは、「?」マークのついた箱を攻撃することで出現する(ただし後半面では、アイテムではなく敵が入っていることがある)。

アイテムの効果は重複する。例えば、青水晶(シャボン玉最大化)と緑水晶(三方向)を取った場合、両者の有効時間が重なっている時間帯は、三方向に最大サイズのシャボン玉を出すことができる。また、紫水晶(移動速度向上)とブーツ(ジャンプが高くなる)を取った場合、超ロングジャンプが可能(着地点が分かりづらくなるので注意する必要がある)となる。

ステージ[編集]

おかしの国(1面目)
  • BOSS - ミヤーシャ
    ほうきに乗った魔女。小さなほうきに乗った魔法使い(それぞれ一定方向に進んでいく)を放つ。
おもちゃの国(2面目)
  • BOSS - デッドルースター
    鳥のおもちゃ。キャンディ(それぞれ一定方向に転がっていく)を放つ。
つみきの国(3面目)
  • BOSS - タンブラー
    だるま落とし。だるま落としの頭がジャンプし、胴体が回転しながらキャンディを放ってくる。しばらくすると、胴体の回転が狭まり、一点に集中ののち、頭が胴体の上に着地する。この動作を繰り返す。ダメージを与えると、1段ずつ胴体が消えていく。
きかいの国(4面目)
  • BOSS - アールメイコン
    機械のおもちゃ。ひたすらキャンディを放ってくる。
そらの国(5面目)
  • BOSS - レイドック
    サメを象ったおもちゃ。画面奥から手前方向への突進とキャンディで主人公を床から突き落としにかかる。
びっくりの国(6面目)
  • BOSS - ビッグトータス
    巨大な亀。ゆっくりとジャンプを繰り返し、キャンディを放ってくる。ジャンプ中のボスを攻撃できないため、着地点を狙って攻撃する必要がある。
むしの国(7面目)
  • BOSS - アラティーズ
    太陽のような形のモンスター。2体で編成を組んで接触攻撃を仕掛けてくる。
へいたいの国(8面目)
  • BOSS - トリプルヘッズ
    黒い化粧を施した巨大な頭部の姿のモンスター。3体1セットで出現しでひたすらキャンディを放ってくるが、そのうち実体は1体のみである。一定時間ごとに消失と出現を繰り返し、そのたびに3体のうち実体の現れる場所がランダムに切り替わる。
女王の国(9面目)
  • BOSS - 闇の女王。
    鏡の国を侵略した悪の女王。小さなトランプ兵(それぞれ、主人公めがけて近づいてくる)とキャンディを放つ。

移植版[編集]

PCエンジン
1990年12月11日発売。クオータービューからトップビューへと視点が変更され(PCエンジン版のパッドが斜め入力に適さなかったことが理由とされている)、従来の斜めスクロールゲームから縦スクロールゲームになるなど業務用とは異なる画面構成になっている。また、登場する敵の減少、ステージ構成の変更、新規ステージの追加、オープニング・エンディングのストーリー部分が強化された他、敵の配置やステージ構成が全く異なる仕様になっている箇所もあるなど、業務用版から多くの変更が施された。また、キャラクターイラストも業務用と異なり、ときた洸一が担当している。
X68000
1991年3月15日発売。業務用の移植版。上記のPCエンジン版と異なり、業務用に忠実な移植となっている。
バーチャルコンソールアーケード
2009年9月29日配信開始。業務用の完全移植版。

音楽[編集]

N.H.SYSTEMの小林智が作曲。ナムコ(当時)の細江慎治とする情報は誤りである。ただし細江は、「ビデオゲームグラフィティ Vol.5」への収録を行なったほか、当時のラジアメイベントでのナムコサウンドチームライブのためにMIDIデータを受け取りにいくなどの調整業務も担当した。

2002年にアリカから発売された『テクニクビート』用にアレンジされ、ロケテストの段階では収録されていたが、原作が外注による制作のため権利問題をクリアできず、製品版ではお蔵入りになった。同作品のサントラCDにも収録されていない。

音盤への収録[編集]

  • ビクター音楽産業「ビデオゲームグラフィティ Vol.5」(オリジナルバージョン)
  • 日本ソフトバンクBeep」1988年11月号付録ソノシート「SUPER ARRANGE GAME MUSIC」(高西圭によるアレンジ)
  • ビクター音楽産業「ビデオゲームグラフィティ Vol.6」(米光亮によるアレンジ)
  • ビクター音楽産業「ナムコグラフィティコレクションベスト10」(ナムコグランドオーケストラによるアレンジ)

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]