パック&パル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パック&パル
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
Windows
Wii
Xbox 360
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人(交代制2人プレイ)
発売日 [AC]1983年7月
[Windows]1998年6月9日
[Wii]2007年12月6日
[Xbox 360]2009年11月5日
テンプレートを表示

パック&パル』(PAC & PAL)は、1983年に発表された、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)のドットイートタイプのアクションゲーム

ゲーム内容[編集]

パックマンシリーズのひとつで、『スーパーパックマン』同様、フルーツは扉で閉ざされた部屋の中にあるため、通路上のカードを取ることで近くの扉を開き、フルーツを食べる。パワーエサは無く、かわりにスペシャルアイテムで一時的に攻撃能力を得られる(スペシャルを取っただけではモンスターがイジケにはならない)。迷路の一部には屋根があり中のパックマンやモンスターは不可視となる。本作ではワープトンネルは無く、またラウンド間のコーヒーブレイクも無い。

本作のみのキャラクターとしてミルが登場。触れてもミスにならないが、フルーツやスペシャルを奪いモンスターの巣に持っていってしまう(巣に持って行かれずにステージクリアするとボーナス)ので、ミルに触れることでアイテムを奪い返す。

アイテム[編集]

カード
カードをめくった時のカードの柄でそのフルーツの壁が無くなり、取る事が可能。一度に3枚までめくる事が出来る。
フルーツ
全部で8種類
フルーツ一覧
フルーツ名 得点
チェリー 50
いちご 100
オレンジ 150
りんご 200
メロン 300
レモン 400
パイナップル 500
1~2面 700
4~6面 1000
8~10面 1500
12~14面 2000
16~18面 3000
20~ 5000
スペシャルアイテム
全部で5種類。パックマンが食べるとボタンを押下により一定時間モンスターへ攻撃できる。前述のとおりパワーエサでないのでモンスターを直接食べることはできず、常時触れるとミスになる。ミルは一切攻撃の影響を受けない。
スペシャルアイテム一覧
アイテム名 攻撃とその効果
ギャルボス 1,2面に登場。トラクタービームでの攻撃。モンスターはその場で回る。
ラリーX 4,5,6面に登場。煙幕での攻撃。モンスターは煙たくて泣いてしまう。
トランペット 8,9,10面に登場。音符での攻撃。モンスターはその場で踊ってしまう。
雪だるま 12,13,14面に登場。冷凍光線での攻撃。モンスターは凍り付く。
パックマン 16,17,18面に登場。小さいパックマンでの攻撃。モンスターは頭をかじられてしまう。

20面以降、ギャルボスに戻り、繰り返し。

レストタイム[編集]

4n-1面毎にあるボーナスステージ。10枚のカードに隠された$マークを取っていく。$マークは最初100点で1枚めくる毎に100点ずつ加算されていき、ミルが出るとそれ以降の点数が2倍となり、カードの下がアカベエだとレストタイムは終了。アカベエの出現位置にはある法則がある。

その他[編集]

ネームエントリーの曲は、ナムコが出していたエレメカ「おかし大作戦」で使われていた曲が流用されている。作曲担当はいずれも慶野由利子

移植[編集]