パックマンワールド2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パックマンワールド2
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2 [PS2]
開発元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス
人数 1人〜2人[1]
メディア DVD-ROM
発売日 2002年7月25日
テンプレートを表示

パックマンワールド2』は、2002年7月25日に、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売された、PlayStation 2用ゲームソフト。1999年に発売された『パックマンワールド 20thアニバーサリー』の続編である。

概要[編集]

パックマンシリーズの主人公・パックマンを操作し、様々な仕掛けが張り巡らされたステージを攻略していく3Dアクションゲーム。アナログスティックと×ボタン・□ボタンのみで多彩なアクションを行う事ができる手軽な操作性が特徴[2]

また、「パックマン」「パックマニア」他、往年のパックマンシリーズのアーケードゲームがおまけ要素として収録されており、ステージに点在するアイテムを回収する事でプレイする事ができる[3]

ストーリー[編集]

『パックランド』は、緑とフルーツに恵まれた島。パックマンや仲間達は、その島にある『パックマンむら』と呼ばれる小さな村で静かに暮らしていた。村の中央には『ゴールデンツリー』という大きな木が聳え立っており、その木に実る5つの黄金の果実『ゴールデンフルーツ』の持つ不思議な力が、パックランドをフルーツで満たしていた。

ある夜、いたずら好きのゴースト達が、ゴールデンフルーツをツリーからもぎ取ってしまう。更に、ゴールデンフルーツの力によって封印されていた『スプーキー』と名乗る魔物が復活してしまった。

このままではパックランド中からフルーツが無くなり、スプーキーに支配されてしまう。パックマンは奪われたゴールデンフルーツを取り戻す為、冒険の旅に出る。

登場キャラクター[編集]

パックマン[編集]

本作の主人公。「ヒップアタック」や「パックダッシュ」など、様々なアクションを駆使しつつステージを攻略していく。操作せずにそのまま放置しておくと、体操をしたりパックドットでリフティングしたりする。言葉は一切喋らない。常に笑顔だが、他人の話を聞いている時やスケートで滑っている時などは気の抜けたような顔をする。前作や「ハロー!パックマン」などでは家族が登場していたが、今作では登場していない(飼い犬のチャンプ・チャンプは姿形を変えて登場する)。

ゴースト[編集]

シリーズでお馴染みの敵キャラクター。本来は「モンスター」と呼ばれるが、今作ではゴーストの名称が使われている。スプーキーの命令でゴールデンフルーツを死守する。それぞれボスステージで巨大マシンに搭乗し、パックマンを待ち構える。「メイズ」でも登場し、パックマンに襲いかかる。名前は前作に引き続き英名のものが使われている。

クライド
- 緑川光
赤色のゴースト。ゴースト4人組のリーダー。他のメンバーを見下したような発言が多い。
ブリンキー
声 - 西脇保
橙色のゴースト。自身が搭乗するカエルメカの弱点をバラしてしまうなど、口が軽い。
インキー
声 - 野田順子
水色のゴースト。パックマンを見くびっており、自信に満ちた発言が目立つ。
ピンキー
声 - 中山さら
ピンク色のゴースト。4人組の紅一点。色気付いた口調でパックマンを挑発する。

悪役[編集]

スプーキー
声 - 郷里大輔
大柄で筋肉質な悪魔。かつてパックマンナイトとゴールデンフルーツによってゴールデンツリーの下に封印されていた。ゲーム終盤では、パックマンにゴーストツリーを倒された事で激怒し、ゴールデンツリーを根刮ぎ奪い、パックマンに勝負を挑む。敗北後は「ゴースト達がまた俺を復活させる」と言い残し、ゴールデンツリーの根元へ再び封印される。
ゴーストツリー
声 - 郷里大輔
本名は「ウォームウッド」。ゴールデンツリーの弟。ゴーストアイランドの力の源となっており、口の中に炎が灯っている。最終ステージで待ち構え、パックマンを迷宮や幾多の罠、試練で苦しめようとする。

パックマンの味方[編集]

プロフェッサーパック
声 - 青野武
パックマンむらの教授。パックマンにパックマンナイトとゴールデンフルーツの伝説を説く。ゲーム後半では「パックマリン号」なる潜水艇を開発し、パックマンをサポートする。
クリエ
パックマンむらのゲームセンターを経営している女性。規定枚数の「ナムココイン」を集める事で、歴代「パックマン」アーケードゲームを遊ばせてくれたりジュークボックス(サウンドテスト)を使わせてくれる。
ギャラリーの主人
ゴールデンフルーツを奪いに来たゴースト達に、パックマンむらのアートギャラリーを壊されてしまう。ナムココインを90枚渡すと修理が完了し、ギャラリーの中へ通してくれるようになる。
エンディングムービーを除き、村人は以上の3人しか登場しない。
パックレンジャー
声 - 稲田徹
ブレード山を管理しているブレード山の監視員。ブレード山を攻略に向かうパックマンに助言を与える。
チャンプ・チャンプ
パックマンの飼い犬。エンディングでパワーエサを食べ、ゴースト達をお仕置きする。前作では現実の犬に近いデザインだったが、今作ではよりパックマンの種族に近い一頭身のデザインになっている。

敵キャラクター[編集]

ゴースト
上記のゴースト4人組とは異なり、ザコキャラクターとして登場する。「パワーエサ」を取った状態でない限り倒す事はできない。パックマンが「パワーエサ」を取ると、アーケードゲームのように青色へ変化(イジケ状態)し、慌てふためく。食べると目玉のみを残して何処かへと逃げ去ってしまうが、復活する事はない。火の玉を投げて来る上位種も登場する。
クマ
凶暴な一頭身のクマ。近付くと地面を揺らしながら襲いかかる。ヒップアタックで倒す事ができるがパックダッシュが効かない。「こおりのみちをのぼれ!」では白いクマが登場する。
レブロールラム
ゴールデンフルーツを奪われた影響で凶暴化してしまった、ブレード山に生息するヒツジ。パックマンを見つけるとパックダッシュのように高速で体当たりを仕掛けて来る。パックダッシュで体当たりすると目を回し、その隙にヒップアタックを当てれば倒す事ができる。
プーカ
『パックマン』と同じナムコのアーケードゲーム『ディグダグ』よりカメオ出演。前作ではパックマンの友人として登場したが、今作では敵として登場する。穴の中から次々と現れ、周辺を飛び跳ねる。特に攻撃はして来ないが、触れると一瞬にして膨らみ破裂し、その破片に触れるとダメージを受けてしまう。
スケルトン
両手に剣を持った骸骨の剣士。近付くと剣を振り回し攻撃して来る。

その他[編集]

パックマンナイト
大昔のパックランドの勇者。ゴールデンフルーツの力を借り、スプーキーをゴールデンツリーの下に封じ込めたという伝説が残っている。
パック魔道士
大昔のパックランドの魔法使い。不思議な薬を開発し、ゴールデンフルーツを完成させたとされる。

ステージ[編集]

のどかなそうげん[編集]

パックマンむら
パックマン達が住んでいる小さな村で、プレイヤーのスタート地点。敵キャラクターやゴールが存在するため、通常ステージの一つとして数えられる。
そうげんでれんしゅうだ!
その名の通り基本操作を練習するためのステージ。
ホップ!ステップ!ジャンプ!
段差が多く、ジャンプアクションを多く使うステージ。
パックドットの池
断崖絶壁から始まり、川を泳ぎ大きな池を目指す。
ブリンキーのカエルメカ
カエルメカに乗ったブリンキーとの対決。巨大で頑丈なカエルメカだが、口から発射するベロベロが弱点。倒すと「ゴールデンチェリー」が手に入る。

まよいのもり[編集]

とんでるパックマン!
トランポリンが多く登場するステージ。
まよいのもり
木から木へひたすら飛び移る形となり、ステージ名の通り道順が分かり辛く、同じルートを往復してしまわないよう注意が必要。
ガスもれちゅうい!
木に組み込まれたコンロからガスが噴き出しており、スイッチで止めるか「メタルパックマン」に変身して乗り越えなくてはならない。
インキーのノコギリマシン
ノコギリマシンに乗ったインキーとの対決。周囲にはジャンプ台の付いた切り株とトランポリンが設置されている。パックダッシュかヒップアタックでダメージを与える事ができる。倒すと「ゴールデンストロベリー」が手に入る。

ブレード山をゆく[編集]

こおりのみちをのぼれ!
レブロールラムの攻撃をかわしながら、凍った川の道を登って行く。水に落ちると凍ってしまい一発でミスとなる。
なだれのけいこく
相次いで雪崩が襲いかかるステージ。強制スクロールに近い構成の為、完全攻略を目指す場合アイテムの取り忘れは許されない。
ブレード山のスケートコース
スケート靴を履いてブレード山を滑って行く。
ピンキーのジェラシー?!
ピンキーとの対決。パックダッシュかヒップアタックでダメージを与える事ができる。倒すと「ゴールデンアップル」が手に入る。

しゃくねつのどうくつ[編集]

火山へとつにゅう!
ステージの大半は鍾乳洞を彷彿とさせる洞窟であり、マグマの流れる光景は終盤のみとなる。
マグマパニック
メタルパックマンに変身しつつ、マグマだらけの道を進んで行く。
火のうみをわたれ
「マグマパニック」に引き続き、メタルドットを取りながらの攻略となる。
クライドとのけっちゃく
クライドとの対決。フィールド一面は火の海になっており足場が非常に少ない。パックダッシュが通用しない為、クライドのマシンが下降したタイミングを見計らいヒップアタックを当てなくてはならない。倒すと「ゴールデンペア」が手に入る。

かいちゅうたんけん[編集]

この面のみ全編に渡り水中面となる。また、パックマンは自動で泳ぐ為、実質強制スクロールステージとなる。

かいちゅうたんけん
シャークアタック
途中で出くわすサメデンキウナギの敵は体当たりで倒す事ができる。
パックマリン号はっしん!
プロフェッサーパックが自身の探査艇を改造して作った「パックマリン号」に乗り、スプーキーが送り出したゴースト潜水艦を蹴散らすという特殊なステージ。プロフェッサー曰く調整時間が足りなかった為、魚雷は一度に6発までしか発射できない。ステージ中ではボムやガトリングなどの武器が取得できる。
たいけつ!メガホエール
クライド達4人のゴーストが搭乗する「メガホエール」との対決。ゴースト潜水艦の攻撃を何度か切り抜けると姿を表す。倒すと「ゴールデンバナナ」が手に入る。

ゴーストアイランド[編集]

やみのさんばしをかけぬけろ!
スケート靴で桟橋を突破する。桟橋は乗ると崩壊するものもある。「ブレード山のスケートコース」と異なり、ヒップアタックが使える。周辺は毒沼になっており、落ちると一発でミスとなる。
くらやみのきょだいめいろ
様々なトラップや巨大迷路が待ち構えるステージ。隠しアイテムが多い。途中の巨大迷路ではクモの敵に注意が必要。
ゴーストツリーのわな
中央にゴーストツリーが待ち構える最後の通常ステージ。あらゆるルートが柵で遮断されており、遠回りしつつゴールを目指さなければならない。視界が悪く足場が狭い上、コンティニュー地点が非常に少ない為、慎重な操作が求められる。途中、ゴーストツリーから時間内にスケルトンを倒す試練が与えられる(失敗すると強制的にミスとなる)。
けっせん!スプーキー
ゴールデンフルーツの力でゴールデンパックマンに変身したパックマンとスプーキーとの最終決戦。「メテオシャワー」や「ファイアーボール」による攻撃の他、敵キャラクターの召喚など、多彩な技を繰り出して来る。戦闘前に「体にバリアを纏っている」という趣旨の発言をしているが、ダメージは普通に与える事ができる。攻撃を加えるにつれBGMが変化する。ステージの位置は「パックマンむら」から左にあるが、本項では便宜上「ゴーストアイランド」のステージに含める。

アイテム[編集]

パックドット、ボス・ギャラクシアン、フルーツは、集めた個数がステージの攻略度に反映される。

パックドット
シリーズでお馴染みのパックマンの好物。1粒10点。50個食べるとライフが1回復する。
パワーエサ
取ると全身が光に包まれ、ゴーストを食べる事ができる。全ての敵や障害物に対して無敵になるわけではない。
メタルドット
銀色に輝く大きめのドット。取ると一定時間「メタルパックマン」に変身する。メタル状態の間は敵の攻撃を受け付けなくなり、通常では倒せない敵も倒せるようになる。水底やマグマの上を歩く事もできる。
ライフ
扇型のアイテム。取るとライフが1回復する。体力が満タンの時には取る事ができない。
1UP
初代パックマンを模したアイテム。取ると残機が1増える。
ナムココイン
ナムコのロゴが描かれた銅のコイン。多く集める事でアーケードゲームを遊んだりジュークボックスを使ったりする事ができる。拾得後はライフに置き換わる。
ボス・ギャラクシアン
ナムコのシューティングゲームギャラクシアン』よりカメオ出演。取ると「メイズ」へ突入する。「メイズ」とは、初代「パックマン」のゲームをアレンジしたミニゲームで、フィールド上のドットを全て食べればクリアとなる。ステージの背景はギャラクシアンを取ったステージに因んだものになっている。クリアするかゴーストに3回捕まり失敗するとステージ本編に戻される(同時にコンティニュー地点扱いとなる)。収集要素の一つだが、メイズに失敗すると拾得した事にならなくなる。クリアしたメイズのステージは「パックマンむら」で何度でも遊ぶ事ができる。

フルーツ[編集]

チェリー
100点。
ストロベリー
300点。
オレンジ
500点。
アップル
700点。
メロン
1000点。

おまけ要素[編集]

前述の通り、「ナムココイン」を集める事で「パックマンむら」のアーケードで、以下のゲームのプレイや「ジュークボックス」の使用が可能となる。ゲームはいずれも2人対戦が可能。各ゲームの詳細は、各項リンク先を参照。

パックマン
ナムココイン10枚でプレイ可能。
ミズ・パックマン
ナムココイン80枚でプレイ可能。
パックマニア
ナムココイン70枚でプレイ可能。
パックアタック
ナムココイン30枚でプレイ可能。
ジュークボックス
ゲーム中のBGMを視聴できるサウンドテスト機能のようなもの。ナムココイン60枚で使用可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]