パックマンワールド 20thアニバーサリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パックマンワールド 20thアニバーサリー
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation [PS]
開発元 ナムコ・ホームテックFull Fat
発売元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス
プロデューサー ブライアン・ショア
デザイナー ハーディ・ルベル、スコット・ロジャーズ
音楽 トミー・タラリコ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1999年11月2日
テンプレートを表示

パックマンワールド 20thアニバーサリー』は、1999年11月2日に、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)により発売された、PlayStation用ゲームソフト。海外では2004年にゲームボーイアドバンス版が発売されている。NINTENDO64ドリームキャストMicrosoft Windowsでもリリース予定はあったが、キャンセルされている。

概要[編集]

ナムコの看板タイトル「パックマン」シリーズの生誕20周年を記念して開発された[1]。ナムコのアメリカ法人であるナムコ・ホームテックにより開発[2]。シリーズ初の3Dアクションゲームで、主人公のパックマンを操作し、ステージをクリアしたり3D空間の迷路「メイズ」を攻略したりする。

ストーリー[編集]

トックマン』はパックマンの分身かつ悪い心の象徴である狂ったロボット。彼は、20回目の誕生日を迎えるパックマンに嫉妬の念を抱いていた。そして、パックマンの家へプレゼントを届けに向かう途中だった『パックマン・ファミリー』を手下のモンスター達に誘拐させてしまう。パックマンは、監禁されたファミリーを救出する為に、単身『ゴーストアイランド』へ向かった。

ゲームモード[編集]

クエストモード
本作のメインとなるモード。6つの世界に分けられる「ゴーストアイランド」を冒険し、パックマン・ファミリーを救出し、トックマンと対決する。
メイズモード
シリーズで馴染み深い「パックマン」を3Dリメイクしたような空間を駆け回る。モンスターをかわしながらフィールド上の全てのドットを食べるのが目的。
オリジナルモード
原作となるアーケードゲーム「パックマン」をプレイできる。
おまけ
クエストモードをクリアすると現れる隠しモード。ゲーム中に見られるムービーを使ったいわゆるNG集。

登場キャラクター[編集]

パックマン[編集]

本作の主人公。トックマン達に誘拐されたパックマン・ファミリーを救う為、冒険の旅に出る。ヒップアタックやボムアタック、パックダッシュなど、多彩なアクションを駆使する。

悪役[編集]

トックマン
パックマンの悪の分身とされるロボット。パックマンに嫉妬しており、モンスター達にパックマンの家族や友人を誘拐させる。
ブリンキー
クライド
インキー
ピンキー

パックマン・ファミリー[編集]

パックマンの家族や友人。パックマンの誕生日を祝いにプレゼントを持って彼の家を訪れる途中、モンスター達にさらわれてしまう。

ミズ・パックマン
パックマンの妻。自宅で誕生日パーティーの準備をしていた途中で誘拐される。
パック教授
パックマンの知人である教授。
パック・ジュニア
パック・ベイビー
友人プーカ
ナムコのアーケードゲーム『ディグダグ』に登場する敵キャラクター。パック・ベイビーと一緒にパックマンの家へ向かっていた途中で誘拐される。
チャンプ・チャンプ
パックマンの愛犬。

敵キャラクター[編集]

モンスター
シリーズお馴染みのパックマンの宿敵。パワーエサを取ると体が青くなり(イジケ状態)倒す事ができる。

シリーズ作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]