ギャグマンガ日和 飛鳥時代近辺シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギャグマンガ日和 飛鳥時代近辺シリーズ(ギャグマンガびより あすかじだいきんぺんシリーズ)では、漫画・アニメ作品『ギャグマンガ日和』の飛鳥時代近辺シリーズに登場するキャラクターを記載する(一部ストーリーついての記述も含む)。飛鳥時代近辺という定義は作者・増田こうすけの設定によるものである。

飛鳥時代キャラクター[編集]

聖徳太子(しょうとくたいし)
前田剛
実在した歴史的人物(ただし伝承上の人物との説もある。詳細は別項)。作中では倭国の「アホ摂政」。精神年齢は幼児並だが、やるときにはやるとされており、ごく稀に、至極まともなことを話す。ただし普段は制服をジャージにしたり、外交を独自のワールドに昇華したりと常に滅茶苦茶な政策ばかり打ち出し、朝廷内を混乱させている。そのせいで朝廷内の人間(妹子も含む)から陰で「バカ男」と呼ばれるなどかなり馬鹿にされており、勝手に遣隋使のメンバーに入れられた。
帰国後もその性格は変わらず、法隆寺をたった一人の大工に立てさせようとし、「法隆ぢ」という民家にしか見えない建物を造る、十七条憲法を妹子を馬鹿にした絵に改定する(未遂)、参加者2名の飛鳥一武道会を開くといった奇行を見せている。
頭の冠は側面に付いているひもを引っ張ると伸ばす事ができる。一度、髪の毛が伸びすぎて冠のようになっていたことがあったが、その髪は小野妹子によって千切られた。また、ノーパン主義でもある。
カレーが大好物で、カレーで頭を洗った経験もあり、体からはカレーなどいろいろと妙なにおいがする。犬好きだが、ソロモンなどろくな名前を付けていない。口癖は「おァまァ」、「もうイヤだ」など。耳で息ができたり、黒目だけで笑った目を作れる(聖徳漫画スマイル)といった特技がある。全身から変なにおいがするということで、朝廷内では毛嫌いされている。小野妹子いわく、「全身がまんべんなくくさい。」。下手にかぐと、バイタリティをかき消され最悪死に至るほどだという。遣隋使になった年には38人がこの匂いにやられており、この前年のペースを大きく上回るという。
得意技は空中で前転しながら暴れる「飛鳥文化アタック」や、湯のみを投げる「湯のみマッスルアタック」や、ボートから勢いよく岸へ飛ぶ「フライング摂政ポセイドン」(失敗)、奇妙なポーズで相手に体当たりする「聖徳全体アタック」「ジャンピングゴリラステーション」「シャイニング横綱バケーション」「ライジング犬好きイリュージョン」などの48あるボディアタック。ほかには普通のチョップ「摂政チョップ」などがある。 また、小野妹子に「煬帝怒る」にて、とっさにいい名前が浮かばなかったので「うんこ大好きうんこ丸」と名付けられた。まんじゅうをウォンチューと聞き間違えたことのある馬鹿。
キャラクター人気投票の順位は一回目が1位で、二回目は2位。
小野妹子(おのの いもこ)
声:竹本英史(1期、2期)、名塚佳織(3期、+)
実在した歴史的人物。遣隋使の一人。口は悪く無愛想だが、根は真面目。太子のせいでたった2人でへ行く破目になり、帰国後も太子との縁は切れていない。太子の行動には困り果てているが、命令とあらば従わぬわけにはいかないのでしぶしぶ付き合っている。主に太子に弄られる役だが、大抵の場合逆襲するので被害は少なく、むしろ太子側の被害の方が大きい。律儀な性格で、太子がに刺される様に仕向けたノースリーブのジャージを着ている。また、落ち込んでいる太子を慰めるなど優しい一面も持つが、基本的に人がよいため、太子につけこまれている。
太子のせいで墨汁戦隊スミレンジャーのブラックにされ、さらに太子が間違って教えたため、フィッシュ竹中から「小野イナフ」と呼ばれている。
ネーミングセンスが悪く、「煬帝怒る」では、とっさにいい名前が浮かばなかったので、太子を「うんこ大好きうんこ丸」と名付けた。また、寝言は多くの場合変なことを言う(もっともめ)。
得意技はないが、作者同様毎日腕立て伏せと腹筋を30回やっている。
太子の夢の中で見た顔と尻と足だけの「ケツ妹子」がいる。
キャラクター人気投票の順位は一回目、二回目共に3位。
蘇我馬子(そがの うまこ)
実在した歴史的人物。史実では聖徳太子の義父と言われているが、漫画上ではそうした雰囲気は全くない上に太子を舐めており、聖徳太子を遣隋使へ参加させる運動の中心となった。「ボケ」「ツッコミ」といった行為は一切せず、太子に向かって「くさい。」と単刀直入に話すなど性格はかなり冷たい。第一巻に登場以後、話題に出ることがあっても描写されることが無く代わりにフィッシュ竹中が出てくる。ただし第9巻で再登場し、太子から意味不明な内容の手紙を送られた為、太子の尻を尺で容赦なくぶっ叩いた。それ以降は、登場していない。「年表に載ることが2つしかない」とされる蘇我入鹿の祖父。
毒妹子(どくいもこ)
妹子が隋の農民の家から騙し取った。名前の由来は「万引きをする時の妹子の様な毒々しい目つきをしているから」だそうで、太子が名付けた。太子があまりにも無茶な乗り方を妹子にさせたため、過酷な労働に耐えかね隙を見て全力で逃げていった。
馬(毒妹子)の主人
孫娘と二人で暮らしている。年のため頭が弱っている。太子よりいくらか常識的な性格だが、やはりどこかおかしな部分がある。
無敵戦士ダイウンガー(むてきせんし ダイウンガー)
聖徳太子が大運河を聞いて思った架空のロボットもの。ロボットの胴体部分には「寿」と書かれている。ロボットを操る主人公は下半身が裸体である。
フィッシュ竹中(フィッシュ たけなか)
声:うえだゆうじ
太子の数少ない友人の一人。後頭部がになっているが、溺れる事もあるらしい。しかし溺れても「思ったより深かっただけだ」と強がる。墨汁戦隊スミレンジャーのレッド。墨汁のプールを異様に素早く泳ぎ、なおかつ溺れた事がある。水泳大会ではA棒とB棒の間に挟まって死にかけた。遠い親戚に「レッグ・ウォーマーさん」という人がいる。太子が密かに彼のトレーナーを借りたところ、馬のような鳴き声で怒ったらしい。太子に間違った小野妹子の知識を吹き込まれており、妹子のことを「小野イナフ」と呼ぶ。飛鳥一武道会の際、銅鑼係に任命されたが、叩くのは本体ではなく、後頭部の魚の部分を叩かれ、太子からはいつもひどいいじりをうけている。
煬帝(ようだい)
声:矢部雅史
隋の皇帝でタコの姿をしている。しかし、その正体は国民の記憶を操り人間になりすましているタコタコ星人。倭国の人間のことを「ジャップ」と呼び見下している。太子と妹子が持ってきた国書を見て激怒するも、唯一の弱点である塩をかけられて死んだ。本物の皇帝は、後に長安の地下牢で発見された。
裴世清(はい せいせい)
声:うえだゆうじ
実在した歴史的人物。隋から倭国に来た使臣。太子が頭を先端だけ見せたり、一発芸を披露したりするたびに唖然としていた。そのおかげですっかり倭国が嫌いになってしまった。また意外と口が悪く随への帰りの船の上で太子の事を「イカとタコが正面衝突したにおい」妹子の事を「嫌い ああいうタイプ!」など言いたい放題、文句を言っていた。
ゴーレム吉田(ゴーレム よしだ)
太子の数少ない友人の一人。心身共にのような人物。だが性格は頑固というわけではなく、本人によればかなり物分りがいい方であるという。下半身は柔らかいらしい。飛鳥一武道会で国歌独唱をした。
他ノ事 考輝(ほかのこと かんがえてる)
飛鳥一武道会の審判として太子が呼び寄せた人物。常に「他の事考えてる」。
貧 弱夫(ひん じゃくお)
朝廷内最弱の噂がある人物だが、太子からしつこく武道会を誘われた時は太子の尻を蹴って撃退した。
調子丸(ちょうしまる)
黒駒が唯一なついている人物。黒駒のために常に満身創痍。調子丸という名前の通りすぐに調子が悪くなる。滑舌の調子がいきなり悪くなって聖徳太子のことを「ポーク太子」と呼んだり、「ノリツッコミ」をありえないタイミングで使ったりしたことがある。プレッシャーに弱く、緊張するとますます調子が悪くなる。
黒駒(くろこま)
太子の馬で調子丸が飼う。競馬大会で優勝する。太子になついていない。
小野デラックス(おのの デラックス)
小野妹子が所有する愛馬。黒駒とともに「飛鳥ナイトメア」を完成させた。別名「ディープ妹パクト」または「ディープ妹パンツ」である。

関連項目[編集]