エビのチリソース煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エビのチリソースから転送)
乾焼蝦仁 / 乾焼明蝦
Ebichiri.jpg
中国語
繁体字 乾燒蝦仁
乾燒明蝦
簡体字 干烧虾仁
干烧明虾
発音記号
標準中国語
漢語拼音Gānshāo xiārén
Gānshāo míngxiā
朝鮮語
ハングル깐쇼새우
칠리새우
発音記号
RR式Kkansyo saeu
Chilri saeu
MR式Kkansyo saeu
Ch'ilri saeu
英語
英語Chili shrimp
Shrimp with Chili Sauce

エビのチリソース煮(エビのチリソースに、中国語乾焼蝦仁または乾焼明蝦)は、エビを辛い味付けで炒めた料理エビチリという略称で呼ばれることも多い。

来歴[編集]

現在知られているポピュラーレシピは、中華料理人の陳建民日本で中華料理店を営むにあたり、上海風四川料理の「乾焼蝦仁」(カンシャオシャーレン、繁体字: 乾燒蝦仁簡体字: 干烧虾仁)をアレンジしたレシピが広まったものである。香港台湾では「乾焼明蝦」(カンシャオミンシャー、繁体字: 乾燒明蝦簡体字: 干烧明虾)と書くことも多い。

当時は日本人豆板醤の辛味に慣れていなかったことからケチャップスープ卵黄を用いて辛味を抑え、また調理法そのものを簡易化し今のエビチリが作られた。

このレシピが完成するまでは、生のトマトを刻んで入れたりするなどの試行錯誤があり、現在のエビチリは陳建民が晩年に至って完成させたものであると、陳建民の息子の陳建一は語っている。

ケチャップやスープの素の利用により、家庭でも作ることが容易になり、辛さが抑えられた事もあって、日本の大衆に受け入れられ、中華料理ブームに乗った食品会社の宣伝も手伝って一気に普及した。今日では代表的な中華料理の一つとして広く親しまれている。

なお、韓国の中華料理として乾焼蝦仁から派生したカンショセウ(: 깐쇼새우)またはチルリセウ(: 칠리새우)と呼ばれるものがあり、カンショ(깐쇼)は中国語の乾焼の読みの転写、チルリ(チリ、칠리)は英語で唐辛子を意味するチリ、セウ(새우)はエビを意味する。元来唐辛子の辛さに慣れていたことから日本のものよりは中国のものに近い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]