エビのチリソース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乾焼蝦仁
Ebichiri.jpg
繁体字 乾焼蝦仁
簡体字 干烧虾仁
英語
英語: Shrimp with Chili Sauce

エビのチリソースは、エビを辛い味付けで炒めた料理。エビチリという略称で呼ばれることも多い。

来歴[編集]

現在知られているポピュラーレシピは中華料理人陳建民が日本で中華料理店を営むにあたり、四川料理の「乾焼蝦仁」(カンシャオシャーレン)をアレンジしたレシピが広まったものである。

当時は日本人が豆板醤の辛味に慣れていなかったことからケチャップスープ卵黄を用いて辛味を抑え、また調理法そのものを簡易化し今のエビチリが作られた。

このレシピが完成するまでは、生のトマトを刻んで入れたりするなどの試行錯誤があり、現在のエビチリは陳建民が晩年に至って完成させたものであると、陳建民の息子の陳建一は語っている。

ケチャップやスープの素の利用により、家庭でも作ることが容易になり、辛さが抑えられた事もあって、日本の大衆に受け入れられ、中華料理ブームに乗った食品会社の宣伝も手伝って一気に普及した。今日では代表的な中華料理の一つとして広く親しまれている。

作り方[編集]

簡易には、市販のエビのむき身を炒め、市販のチリソースとからめ、皿に盛ればれば完成。各社より、いろいろなチリソースが市販されている。


陳健一が伝えるレシピは以下のようになる。エビの下拵えに手間をかけ、食感にこだわる。

  • 下拵え
  1. 長ネギショウガニンニクみじん切りにする。長ネギは最後に使うので分けて置いておく。
  2. 蝦の背ワタを取り、でよく揉んで、洗い水が透明になるまで濯ぎ、汚れをとる。
  3. 玉子を割って、卵黄と卵白に分けておく
  • 調理
  1. 十分に蝦の水気を切ってから、卵白片栗粉、塩、胡椒をまぶす。
  2. 蝦を油通しまたは炒めて、軽く火が通ったら鍋から出す。
  3. ソースを作る。ショウガ、ニンニク、豆板醤を弱火で炒め、香りが出てきたらケチャップを入れる。全体が炒まり気泡が上がるようになったらスープを加え、酒、塩、胡椒を混ぜて好みの味にする。
  4. 蝦を加えて炒め合わせ、長ネギを加える。ここで、先ほど分けておいた卵黄を流し入れると辛味が抑えられ、まろやかになる。蝦が硬くなるので加熱しすぎないよう気を付ける。
  5. 水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げに、風味づけの胡麻油を少々加えて完成。

外部リンク[編集]