「河埜和正」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
ニックネームは「'''カメ'''」。これは若手時代、出塁してリードを取った際、自信なさげに首だけ伸ばした姿が亀に似ていたということで当時の首脳陣に命名された。1980年代に入ってからは「'''キャップ'''」とも呼ばれていた<ref>[https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190307-14 「河埜和正 激戦区の内野で唯一の“聖域”を守った“キャップ”/プロ野球1980年代の名選手」] - [[週刊ベースボール]]ONLINE、2019年3月7日配信記事</ref>。
 
== 人物 ==
{{雑多な内容の箇条書き|section=1|date=2011年8月}}
中学時代はバレーボール選手で、高校から硬式野球を始める。現在でも趣味がバレーボールである。
 
類まれな強肩の持ち主で、江川卓と[[掛布雅之]]は著書の中で「河埜さんの肩は超一級」と評している。平凡なゴロを失策することもあったが、側転途中のような極端なアクロバット的体勢から難しいゴロを捌く双方の面を持っていた。高校時代からその強肩ぶりは有名で、プロのスカウトが試しに一塁で送球を受けてみたところ、あまりにも高校生離れした送球にグラブが弾き飛ばされたとの逸話がある。
 
[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の個性派左腕・[[安田猛 (野球)|安田猛]]に滅法強く、カモにしていた。
 
[[セントラル・リーグ]]の遊撃手最高守備率を記録したシーズンに、運悪く[[横浜DeNAベイスターズ|大洋]]の[[山下大輔]]の連続守備機会無失策の新記録に話題をさらわれ、ダイヤモンドグラブ賞も逸している。
 
右中間方向に抜群の飛距離があったため、当時の[[長嶋茂雄]]監督に打撃フォームをいじられ、1977年・1978年と2年連続で2割9分台で安定していた打率が急降下してしまい、本塁打量産を狙った効果が逆効果となった。
 
[[土井正三]]は[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]野球解説者だった1980年代前半、1度目の巨人コーチ時代のエピソードとして「この人は空振りが多いのでヒットエンドランのサインを出しにくかった。」と話している。
 
== 詳細情報 ==

案内メニュー