アレイウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレイウェイ
ジャンル ブロックくずし
対応機種 ゲームボーイ
開発元 任天堂開発第一部
インテリジェントシステムズ
発売元 任天堂
デザイナー 横井軍平
音楽 山本健誌
人数 1人
メディア 256キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198904211989年4月21日
アメリカ合衆国 198908111989年8月11日
ヨーロッパ 199009281990年9月28日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:日本 DMG-AWA
アメリカ合衆国 DMG-AW-USA
ヨーロッパ DMG-AW-EUR
テンプレートを表示

アレイウェイ』 (Alleyway) は、1989年任天堂から発売された、ゲームボーイコンピュータゲームソフト。開発はインテリジェントシステムズ

ゲームボーイ本体と同時発売された4作品のうちの1つ。

ゲーム内容[編集]

内容はブロックくずし。パドル(ボールを跳ね返す、横長い棒の自機)にマリオが乗り込み、ボールを跳ね返してブロックを崩していく。操作は十字キーの左右で行い、Aボタンを押しながら移動で加速、Bボタンを押しながら移動で減速となる。4ステージ以降から、天井にボールが当たるとパドルが短くなり、ボールを跳ね返すことが難しくなる(ミスをすると元に戻る)。ボールを下に落とすと1ミス。セーブ機能はなく[2]コンティニューもできない。

白いブロックを破壊すると1点が入り、以降灰色ブロックが2点、黒いブロックが3点となる。残機は1000点取るごとに1UPする。破壊可能なブロックを全て崩せばステージクリアとなり、次のステージに進む。ブロックが下に下りるステージではある線を越えるとブロックが消えてステージクリアとなる場合もある。ステージ構成は、通常ステージが1マップ×3パターン×8の24ステージに、ボーナスステージが8ステージの全32ステージとなっている。なお、最終ステージをクリアすると最初に戻り、ゲームオーバーになるまで無限ループする。

通常ステージのパターンは3つあり、1~3の順に登場し、これが8回繰り返される。

  1. 通常の1画面ステージ
  2. ブロックがスクロールするステージ
  3. ブロックが下に降りてくるステージ

ボーナスステージを構成するブロックはスーパーマリオシリーズのキャラクターが表現されている。ボーナスステージは通常のステージと異なる点がいくつかある。

  1. 時間制限があり、時間内にブロックを全て崩せばボーナス点が入る。
  2. ボールがブロックを貫通する。
  3. 天井にボールが当たってもパドルは短くならない。
  4. ミスをしてもステージが終わるのみで、残機が減ることはない。
  5. ポーズをかけることができない。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 200008012000年8月1日
ゲームボーイ
ニンテンドウパワー
アレイウェイ インテリジェントシステムズ 任天堂 フラッシュロムカセット - - -
2 日本 201108032011年8月3日
ニンテンドー3DS
バーチャルコンソール
アレイウェイ インテリジェントシステムズ 任天堂 ダウンロード CTR-P-RACJ-JPN - -

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 3.5/5stars[3]
Electronic Gaming Monthly 5.75/10.00点[4]
ファミ通 19/40点[6]
GamesRadar 5.0/10.0点[5]
ファミリーコンピュータMagazine 16.80/30点[1]
Mean Machines 33%[7]
Power Play (DE) 48%[8]
Retro Gamer 31%[9]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、4・6・6・3の合計19点となっている[10][6]。レビュアーの意見としては、「ボールスピードが速くなると、残像ばっかりで見づらくなるのがつらい」、「『謎の壁』とか『アルカノイド』とかブロック崩し+アルファのゲームがいろいろ出た後で、ブロック崩しオンリーはないんじゃないのかなあって気がする」などと評されている[10]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.80点(満30点)となっている[1] 。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ゲームボーイ オールカタログ」では、「凝ったステージがウリのブロック崩し」、「シンプルなのが、かえって好感が持てる」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.50 2.47 3.21 2.97 2.98 2.67 16.80

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 212頁。
  2. ^ ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでは、プレイの途中でもセーブ可能な「まるごと保存」の機能があり、プレイ中にセーブしておけば失敗したところからやり直すことができる。
  3. ^ Sutyak, Jonathan. “Alleyway Review”. Allgame. 2014年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月24日閲覧。
  4. ^ Staff (September 1989). “Review of Alleyway”. Electronic Gaming Monthly (3): 15. 
  5. ^ Meunier, Nathan (2011年7月14日). “Alleyway 3DS review”. GamesRadar. Future Publishing. 2011年7月14日閲覧。
  6. ^ a b アレイウェイ まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年1月14日閲覧。
  7. ^ Rignall, Julian; Matt Regan (November 1990). “Alleyway Review”. Mean Machines (2). http://www.meanmachinesmag.co.uk/review/41/alleyway.php 2009年6月4日閲覧。. 
  8. ^ Staff (April 1990). “Alleyway” (German). Power Play. http://www.mobygames.com/game/gameboy/alleyway/mobyrank 2008年6月6日閲覧。. 
  9. ^ Jones, Darran (August 2011). “Retrorated – Alleyway”. Retro Gamer (ボーンマス: Imagine Publishing) (92): 97. ISSN 1742-3155. OCLC 489477015. 
  10. ^ a b ファミコン通信』第12号、アスキー1989年6月9日

外部リンク[編集]