シネマトグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1896年ドイツでのシネマトグラフ公開のポスター
上映中のシネマトグラフ

シネマトグラフcinématographe)は世界初の撮影と映写の機能を持つ複合映写機。世界初の実写映画の作成と映画を商業公開することで映画史に名を残す。1890年代に発明された。

発明[編集]

リュミエール兄弟が発明したとも、レオン・ボウリーが発明したとも言われている。

一説には、エジソンの開発したキネトスコープを、リュミエール兄弟の父であるアントワーヌが1894年のパリにて目の当たりする。これをきっかけに、息子兄弟に動画の研究を勧め、キネトスコープを改良、映像をスクリーンに投影することによって、一度に多くの人々が鑑賞できるシネマトグラフを開発。リュミエール兄弟は特許を取得したとされる。

撮影と公開[編集]

シネマトグラフを用いて、1894年に世界初の実写映画『工場の出口』(原題:La Sortie de l'usine Lumière à Lyon)が作成された。製作・監督はルイ・リュミエール、フランスのリヨンで撮影された、50秒ほどのモノクロ無声ドキュメンタリー映画である。

作成されたフィルムの有料公開に先立って1895年7月11日に雑誌社主催の試写会が、また9月22日にはラ・シオタにある世界で最も古い映画館ル・エデンでも試写会が行われた[1]。そして、最初の商業公開(有料公開)がリュミエール兄弟によって1895年12月28日、パリのグラン・カフェ地階のサロン・ナンディアン(現ホテル・スクリーブ・パリ)にて行われた。その際、上映されたフィルムは『工場の出口』を含む10本の短編映画だったと言われている。

ノート[編集]

ロベール・ロヨウ・ベアードセシル・レイジョルジュ・ドムニーアルフレッド・レンチらによって、いくつかのシネマトグラフの翻案が開発された。

初期の映画史に関する議論は、しばしば、映画とその技術と同様にパブリシティショウビジネスの開拓者であるリュミエール兄弟に起因するとされる「シネマトグラフの発明」に関する言及が穴だらけになっていることがある。リュミエール兄弟によるシネマトグラフは映画史における注目すべき発展であるが、カメラは「最初のもの」に対する所有権を望む多くの発明家によって平行して計画・設計されていた。

脚注[編集]

  1. ^ ジョルジュ・サドゥール著、村山匡一郎・出口丈人訳 『世界映画全史1』 pp.293-294、国書刊行会、1992年ISBN 4-336-03441-9

外部リンク[編集]