ピエール・ジャンサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ジュール・セザール・ジャンサン'

ピエール・ジュール・セザール・ジャンサンPierre Jules César Janssen, 1824年2月22日 - 1907年12月23日) は、フランス天文学者

1868年に太陽光の中にヘリウムスペクトル線を発見した。これは、同じ年にイギリスのロッキャーの発見とは独立に行われた。また、日食を待たずに太陽のプロミネンスを観測する方法を発見した。

経歴[編集]

ジャンサンはパリに生まれた。父は有名な音楽家であった。数学と物理学を学び、リセ・シャルルマーニュなどで教師を務めたが、天文観測隊の隊員として世界を飛びまわる生涯をおくった。1857年から数度、磁気偏差の研究のためにペルーにでかけた。1874年には金星の日面通過の観測のために日本を訪れ、12月9日に観測に成功した。(長崎市金比羅山(琴平山)に観測記念碑がある)。金星の日面通過は1882年のアルジェリアでも観測している。日食を追いかけてさまざまな土地に観測にでかけた。1867年にはイタリアのトラーニ、1868年にはインド南部のグントゥール、1870年にはアルジェ、1875年にはタイ、1883年にはカロリン諸島、1905年にはスペインのアルコセーブルを訪れている。1870年の観測では、普仏戦争でプロシア軍に包囲されたパリから気球にのって脱出し、観測に加わった。1893年69歳の時、大気の影響を軽減するためにモンブランの頂上付近で4日にわたって観測を行った。1875年からムードン天文台長になった。

ジャンサンは1868年8月18日に行ったインドでの日食観察で、新しい元素のスペクトルを発見した。ジャンサンがフランス科学アカデミーにこの発見を報告したのは同年の10月20日のことであったが、奇しくも同日にロッキャーがイギリスで同じスペクトルを報告していた。そのスペクトルを示す元素は、ロッキャーによってヘリウムと名づけられた。

没後[編集]

火星に彼の名を冠したクレーターがある。