ウエストミンスター大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
University of Westminster
校訓 Forward Thinking
創立 1838
学校種別 Public
総長 Lord Paul
副総長 Professor Geoffrey E Petts
学生 24,710[1]
学部生 17,850[1]
大学院生 6,860[1]
所在地 England, UKLondon
所属提携 ACU
AMBA
Compostela Group
EQUIS
EUA
IAU
Universities UK
ウェブサイト http://www.westminster.ac.uk/
テンプレートを表示

ウエストミンスター大学英語:the University of Westminster, London)は、イギリスロンドンにある国立大学。1992年、継続・高等教育法により成立した。前身は1838年に遡る王立科学技術会館(Royal Polytechnic Institution)。

132の国々からの23,800人以上の学生が在籍し、学部課程のほか1年間の集中した修士課程などを含む500以上のコースや幅広い研究の選択肢が提供されている総合大学。M.Phil.やPh.D.といった研究を主とした学位課程も全学科で開講している。

歴史[編集]

王立科学技術会館(Royal Polytechnic Institution)は、“市民が、様々なアートや製造業、採鉱作業や農業経済に関する科学に関する実践的な知識を、少しの出費で得られるよう、1838年8月にはじめられた(学校案内では1837年)。”航空学の父”とも呼ばれるジョージ・ケイリー卿が仮の議会の議長となった後、ディレクターとなった。1839年に認可を受ける。

当初、このポリテクニックは大型展示場、講堂、研究室の施設を所有しており、市民への呼び物として産業機械や試作機の実演、公開科学講座の開講、釣鐘形潜水器への体験搭乗、(1839年以降は)写真の実演といった催しが行われた[2]。初期の訪問者にアルバート公が含まれるが、その後援のもと、1841年に学校名が王立科学技術会館(Royal Polytechnic Institution)と変更される。

1992年6月に、枢密院が、授業受講を中心としたコースや研究学位を与えられる大学の地位をポリテクニックに正式に与えたことで、学校名がウエストミンスター大学へと変わった。エリザベス2世が引き続きウエストミンスター大学の後援者となることに同意した。長期間にわたり築きあげてきた、革新的であることに対する名声や、学術的優秀さ、講義プログラムの受講しやすさ、応用した研究が、ウエストミンスター大学の伝統と学術的ポートフォリオを支えているとされる。

現在、ロンドンだけでなく、ヨーロッパや世界の国々からの、23,800人を超える全科履修生、課程履修生が在籍している。ウエストミンスター大学のミッションは、“専門的な人生のための教育”のまま変わっていない。


組織[編集]

様々な大学学部、大学院コースを各学部で開講している。

  • School of Architecture and the Built Environment
  • School of Electronics and Computer Science
  • School of Law
  • School of Life Sciences
  • School of Media, Arts and Design
  • School of Social Sciences, Humanities and Languages
  • Westminster Business School

評価[編集]

2008年度のRAEの調査によるとウエストミンスター大学の評価は、コミュニケーション、文化、メディア学研究において英国内2位、アート&デザイン研究において英国内6位にランキングされている。さらに、建築学、外交学、地理学、環境学も同様に高く評価されている。

キャンパスと大学寮[編集]

ウエストミンスター大学では、130万ポンドを投資し、10年かけて行った教室・学生寮を含む建物の建築を最近終えた。4つのメインサイトがあり、内3つはロンドン中心地のリージェント・ストリートニューキャヴェンディッシュ・ストリートメリルボーンにあり、4つめはロンドンのハロー英語版にある。

ハローサイトへの最寄りのロンドン地下鉄の駅は、ベイカー・ストリート駅から18分ほどのところにあるメトロポリタン線ノースウィック・パーク駅英語版。ここには、ビジネススクール、コンピュータスクールやメディアスクールがある。それぞれのサイトに、図書館、IT設備、食事施設を備えている。

メリルボーンサイトには、P3と呼ばれるクリエイティブな分野のための地下展示スペースがある。2007年のオープン以来、ロンドン・ファッション・ウィークやアーキテクチャー・ウィーク、様々な学生のショーなどの会場となっている。

ハイゲートにあるファーニバル・ハウス(一つの寮舎はメリルボーンサイトを基盤とする)、オールド・ストリート英語版近くのアレクサンダー・フレミング・ハウス、ヴィクトリア英語版のウィグラム・ハウス、ウォータールー英語版近くのインターナショナルハウスなど、ロンドン市内にいくつかの学生寮を有している。2005年9月には、ハローサイトに2つ新設した。

フランスパリウズベキスタンタシケント国際関係学、外交政策学関連の大学院キャンパスを持っている。

主な出身者[編集]

  • Stephen K Amos – コメディアン
  • Janet Anderson – 労働党 (イギリス) Rossendale and Darwen(イギリス議会の選挙区)議会メンバー
  • Tom Ang – 写真家・BBC プレゼンター
  • Christopher Bailey – ファッションデザイナー (バーバリー)
  • Katalin Bogyay – UNESCOのハンガリー大使
  • Derek Bryan – 英国の外交官
  • Alec Carlin – 映画ディレクター
  • Sir Anthony Caro, OM, CBE, 彫刻家
  • Bryan Cartledge – 英国の 外交官 ・建築家
  • Wilfred Cass, CBE, ビジネスマン・社会奉仕家
  • Asma Chaâbi – Mayor of Morocco Essaouiraの市長
  • Caroline Cox, Baroness Cox, 政治家・ロビイスト
  • Richard Cullen – アニメーター・デジタルモーショングラフィックアーティスト
  • Kristian Digby – プレゼンター・ディレクター
  • Paul Ekins – 持続可能な開発の教授・Green Partyの前メンバー
  • Natascha Engel – 北東ダービシャーの労働党政治家 (イギリス)国会議員
  • Mont Follick – ラフバラの前労働党政治家 (イギリス)国会議員
  • Stephen Gardiner, O.B.E, 建築家・作家
  • David Gascoyne – 詩人
  • Trisha Goddard – TVプレゼンター/トークショーホスト
  • Dominic Grieve – 保守党(イギリス) ビーコンズフィールド(イギリス議会の選挙区)の国会議員、イングランドとウェールズの法務総裁
  • Thomas Hennell – 画家・作家
  • ミッツ・マングローブ – 日本のタレント、中退。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Table 0a - All students by institution, mode of study, level of study, gender and domicile 2006/07 (Microsoft Excel spreadsheet)”. Higher Education Statistics Agency. 2008年4月12日閲覧。
  2. ^ The Education of the Eye

外部リンク[編集]