工場の出口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
工場の出口
La Sortie de l'usine Lumière à Lyon
監督 ルイ・リュミエール
製作 ルイ・リュミエール
公開 フランスの旗 1895年12月28日
上映時間 46秒
製作国 フランス
テンプレートを表示

工場の出口』(こうじょうのでぐち、フランス語: La Sortie de l'usine Lumière à Lyon)は1895年に公開された短編モノクロ無声ドキュメンタリー映画である。製作・監督ルイ・リュミエール。世界初の実写映画といわれる。

あらすじ[編集]

この映画は労働者たちがリュミエールの工場から出てくるシーンのみで構成されている。労働者たちはたいてい女性であり、その日の仕事を終えた人々がフランスリヨン周辺にある大きな建物から出てくる様子が撮影されている。

この映画には3つの異なるバージョンが存在し、それらの間には多くの異なる点がある。例えば、人物の服装が変化していることから、バージョンによって撮影された季節が異なることが分かっている。これらは最初の2つのバージョンにカーテン付きの馬車が登場する(オリジナルでは一頭の馬が、最初にリメイクされたものでは二頭の馬が馬車を牽いている)ことから、よくそれぞれ「一頭の馬」「二頭の馬」「馬がいない」バージョンと呼ばれる。

製作[編集]

この50秒ほどの映画はルイ・リュミエールによってフランスのリヨンで撮影された。この映画はシネマトグラフと呼ばれる撮影だけでなく現像・映写も可能なカメラの収入によって撮影された。この映画は1895年12月28日にパリのBoulevard des CapucinesにあるGrand Caféで他の9つの短編映画とともに上映された。

初期のリュミエールの映画は35mmフィルムで製作され、画面アスペクト比は1.33:1、毎秒16フレームであった。これで50秒間上映すると、フィルムの長さは17m、全部で800フレームとなる。

参考文献[編集]

  • Chardère, B.; Borgé, G. and M.(1985). Les Lumière, Paris: Bibliothèque des Arts. ISBN 2-85047-068-6

外部リンク[編集]