レウケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

レウケーLeuke, 古希: Λεύκη, Leukē)は、ギリシア神話に登場するニュンペーオーケアニデスの一人。長母音を省略してレウケとも表記される。

レウケーは冥界の王ハーデースに見初められて冥界に連れて行かれたが、彼女は完全な不死の神ではなかった為に死んでしまった。これを悲しんだハーデースは、レウケーを白ポプラギンドロの意味)に変えたという(なお、レウケーとは『い』という意味)。それ以来、エーリュシオンには白ポプラが繁っているという。

後にヘーラクレースは12功業の一つとして冥界を訪れた時、エーリュシオンのレウケーの木からを作ったという。