トラキアのリュクルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狂気に駆られ妻を攻撃するリュクルゴス

リュクルゴス古希: Λυκοῦργος, Lycurgus)はギリシア神話に登場するトラキア王。ドリュアスの息子で、リュクルゴスの息子もまたドリュアスと呼ばれる。

彼はデュオニソスの信仰を禁止し、デュオニソスが信者すなわちマイナデスと共に彼の王国に来訪すると、信者を牢屋に入れ、デュオニソスを雄牛を払う棒によって追い払ったという。デュオニソスは海の精霊テティスの住む海底の洞穴に逃れた。

アポロドーロスによると、デュオニソスは彼の扱いに対する罰として、リュクルゴスの気を狂わせた。そして彼は息子の身体をツタの熟した幹と勘違いして、鼻と耳、手足の指を斬り落とし惨殺した。その結果、トラキアの名声は墜落した。デュオニソスはリュクルゴスの不正が罰せられない限り、地が潤い名声を取り戻すことはないように運命を定めたので、トラキアの民はリュクルゴスを縛り上げ、パンガエオス山の人喰い馬に彼の身体を投げつけた。しかし別の話では、彼はツタの茎だと思い自らの脚を切り取ったという。リュクルゴスの死により、デュオニソスは地にかけた呪いを解いた。

ヒューギヌスによると、リュクルゴスはワインで酩酊し、母を犯した。自らの行いを後で知ると、ワインが悪の原因であると信じ、ブドウの木を切り落とそうとした。そこでデュオニソスは罰として彼の気を狂わせ、妻と子を殺すように仕向けた。その後リュクルゴスは自らロドピ山のヒョウの餌食となった。

ホメロスイリアスの話では、リュクルゴスは神々への不敬のために、ゼウスにより盲目にされ、その後死んだという。


参考文献[編集]