デーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デーダーは、アニメ『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』及びそれを原作としたPS2用ゲーム『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』の登場人物。声優富田耕生

概要[編集]

暗黒星団帝国マゼラン方面第一艦隊司令官。マゼラン方面総司令官メルダーズの部下。水色の皮膚で、筋骨隆々の厳めしい容貌と体躯を持つ。頭髪はない。旗艦プレアデスに乗艦している。

名前の由来はナチス・ドイツの海軍総司令官エーリヒ・レーダー[要出典]準備稿での設定名は「ガルバス」[1]

劇中での活躍[編集]

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
ベテラン軍人として、暴走したイスカンダルを追跡するガミラス艦隊の後背を襲って壊滅させたり、ヤマト波動砲戦術を見抜いてイスカンダルを背負って盾に取るなど戦い馴れた面を見せる反面、本隊投入の機を逸して旗下の巡洋艦隊を失ったり、監視を怠ったためにイスカンダルの再暴走に気づかず、ヤマトに波動砲発射を許して敗死の憂き目を見るなど、詰めの甘さも目立つ。
宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶
『新たなる旅立ち』とは違い、粗野で猪突猛進的な自信過剰型の指揮官として描かれている。忠告してきた部下を射殺したり、旗艦プレアデスの偏向バリヤーや自動修復装置などの装備をオーバーロードの危険性を省みずにフル稼働させ、結局は破損させてしまうなど、残酷さや無謀さも際立っている。それゆえ、聖総統スカルダートには「尊大で自信過剰なため、敗れ去っても仕方がない」とまで言われてしまった。

出典[編集]

  1. ^ 月刊OUT(みのり書房)1979年8月号9ページより。

外部リンク[編集]