相原義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

相原 義一(あいはら ぎいち、あいはら よしかず)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の登場人物。声優野村信次、『宇宙戦艦ヤマト2199』では國分和人。実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では姓のみの女性へ変更され、マイコが演じている。

概要[編集]

ヤマトの通信班長で第一艦橋に所属。第一作第3話では航海班長の島大介の下、通信を担当すると自己紹介している。また、その他の回では艦長の沖田十三が航海班の太田健二郎であるはずの人物を「相原」と呼ぶなど、しばしば太田と混同された回が存在する。

岩手県出身で「北上夜曲」がお気に入りだが、「きたみやきょく」を「きたみやきょく」と読み誤っている。名前の「義一」は母親から「よしかず」と呼ばれている。

全シリーズを通じて「第一艦橋におけるその他大勢」の1人ではあるが、固有のエピソードやその個性を発揮することのなかった太田や戦闘班の南部康雄に比べると、第1作第19話での望郷エピソード、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』や『宇宙戦艦ヤマト2』での古代進と同艦での勤務、『宇宙戦艦ヤマトIII』での藤堂晶子とのロマンス、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』での古代との対立など、目立つ役回りが多かった。

宇宙戦艦ヤマト』の企画段階から、通信担当という役柄と氏名(読みは「あいはらぎいち」)に変更がなかった、唯一の人物である。また、企画当初は主人公・小竹忍(古代の原型となる人物)と2人だけで生き残って地球へ帰還し、着陸時に絶命する役柄だったという。

宇宙戦艦ヤマト[編集]

イスカンダルへの航海では、ドメル将軍の厭戦化工作で設置されたリレー通信衛星によって一時的にヤマトと地球の交信が回復した際、通信長の職権を濫用して地球の家族と密かに交信を行い、極度のホームシックからノイローゼにかかってしまう。通信中に父親の臨終に遭遇して激しく動揺している現場を古代に目撃されて我を失い、捨て台詞を残して宇宙服姿で船外へ離脱するが、遊泳中に件の衛星を発見して瞬時に敵の意図を看破し、救出に来た古代のコスモ・ゼロが同衛星を破壊することで、ヤマトの乗組員へ向けられた巧妙な心理作戦の元凶を自らの手で絶った。

当初は幼さの残る顔立ちで、身長も180cmという他の乗組員より長身の設定だったが、上述の望郷エピソードの時に後の作品における顔立ちと同様になり、身長も他の乗組員と同程度に変更された。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち[編集]

イスカンダルへの航海後は古代と輸送船の護衛の任務に就いていた。テレサからの謎のメッセージを受け取り、古代と共にヤマトへ乗艦する。白色彗星帝国との戦いによってヤマトにおける主要人物の大半が死亡する中、生き残って地球へ帰還した数少ない乗組員の1人となった。

ヤマト発進後に地球への敬礼の場面ではスタッフの塗りミスがあり、技術班のユニフォームになっている。

宇宙戦艦ヤマト2[編集]

『さらば』と同様に古代と共にヤマトへ乗艦した後、テレザートへの航海中に度々テレサからのメッセージを受け取るが、彼女へ多大な関心を寄せる島が航路決定のためと称してテレサとの通信任務を横取りしたことで、自らは手持ち無沙汰となって不平を洩らしている。その後もテレサが気になって仕方がない島に度々蔑ろにされ、通信機器を乱暴に扱われるなど、何かととばっちりを食う。

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち[編集]

序盤で島や工場長兼技師長の真田志郎と共に退院してくる。なかなか退院させてもらえなかったことに対して「退屈極まりなくてまるで牢屋に入ってる気分だった」と古代にささやくが、その直後に「看護婦にモテモテで脂下がっていた」「一生入院していたいと言っていた」と、軍医の佐渡酒造や調査・分析ロボットのアナライザーから暴露されている。

また、ボートを転覆させた徳川太助を「徳川さんのせがれにしちゃ出来が悪い」と評して笑っていたが、直後に南部から「お前も新入りの頃はああだった」と突っ込まれている。

ヤマトよ永遠に[編集]

暗黒星団帝国が地球へ侵攻してきた際、ポータブル通信機を背負って避難した「英雄の丘」で古代をはじめヤマトの旧乗組員と合流し、イカルス基地の真田と連絡を取ることに成功した。高速脱出艇の発進シーンでは、負傷して取り残された森雪を助けに飛び降りようとした古代を後ろから片手で捕まえ、機内へ引き上げた。なお、本編ではカットされたが、古代を引き上げた後には雪を残してきたことを彼に責められ、殴られている。相原は古代の気持ちを理解し、黙って殴られていた。

敵母星(偽地球)での歓迎式典では、聖総統のスカルダートの側近であるサーダに出された飲み物のグラスを警戒し、くすねた。そのグラスをヤマトで分析した結果、指紋が付着していないことが判明し、敵母星の全てが嘘であることの看破へつながる。その後、スカルダートの素顔を見た際には恐怖の表情を浮かべていた。

宇宙戦艦ヤマトIII[編集]

南十字島で小鳥を一緒に埋葬したことをきっかけに、地球防衛軍司令長官の藤堂平九郎の孫娘である藤堂晶子と恋に落ちる。地球との定期交信時には、仕事ついでに約束の印として野菊の押し花を見せ合う。

ガルマン・ガミラス帝国による太陽制御計画が行われた際には、古代の計らいもあり連絡要員として真田や坂東達と一緒に工作船に乗り込む。太陽系に到着した工作船団に藤堂長官が出迎えに訪れた際には、秘書として同行してきた晶子と展望室でわずかな2人きりの時間を過ごした。

本作では、名前の「義一」を自ら「ぎいち」と言っており、第1作での「よしかず」との呼び名と矛盾している。また、本作のみ襟章に色がついている(南部・太田・加藤も同様)。

宇宙戦艦ヤマト 完結編[編集]

序盤にガルマン・ガミラスへ通信を試みている。終盤ではヤマト自爆を宣言した沖田をかばった古代に対し、「あんた、あんな作戦を了承できるのか!!」と噛みついた。その後、加藤四郎によって沖田の残留を知った際には動揺し、人混みをかき分けてヤマトの姿を追おうとしたが、その先で敬礼している古代と雪の姿を見て沖田の決意を汲み取る。シナリオ改訂の途中ではウルクでの白兵戦時に戦死させる案もあった。

SPACE BATTLESHIP ヤマト[編集]

本作では性別が女性に変更され、姓の「相原」のみ同じで名は不明。序盤は沖田艦へ乗艦している。ヤマトでは航海班に所属しており、制服は島と同じ白地に緑矢印である。通信だけでなく、第1作における雪と太田の業務(レーダー担当)も兼任している。最終決戦時には、古代の退鑑命令を受け入れ、島や雪たちとともに地球へ帰還した。

宇宙戦艦ヤマト2199[編集]

第一作のリメイク作品である本作では雪と同じ船務科の所属で、通信管制を担う通信長という立場になっている。階級は三等宙尉。年齢は22歳で、第一艦橋における若手の中では最年長[1]

容姿は眉が細く前髪が短めに変更されており、第1作における変更前と変更後を足して割ったような顔立ちだが、身長は古代たちと大差ない。また、名前の読みが、『III』での「ぎいち」から「よしかず」に変更されている。

第6話では航空隊との通信を担当し、敵基地及び反射衛星砲の所在地情報を受け取った。第7話の太陽系赤道祭の最中は、ヘリオポーズの干渉を受けつつある状況下で超空間通信の調整を担当し、クルーの地球にいる家族や友人との交信を補助した。

ビーメラ4宙域でヤマト内に反乱が起こった際には、通信関係が全て反乱側に抑えられている中、100式空偵の通信機を使うアイデアを出した。

同じ船務科の岬百合亜のことは気にしていたらしく、第15話で百合亜が保安部の星名透と手をつないで行ってしまった(正確には連れて行かれた)ときには惨めに泣いていた。その後は立ち直ったが、やや達観したような物言いをするようになり、南部から「お前変わったな」と突っ込まれている。百合亜がユリーシャに憑依されていることを知った後、彼女が元に戻れるかを心配している。

復路で地球との交信が回復した際には父の死を知り、このままでは母まで死んでしまうのではないかという不安と悲しみに暮れるが、古代に励まされる。

コミック版では、ヤマトに乗艦するまで宇宙に出たことがないという設定になっており、宇宙空間から地球を見下ろした際、想像以上の酷さに唖然としている。また、メ2号作戦で敵の反射衛星への信号を探知する役目が、技術科の新見薫から相原に変更されている。

脚注 ・出典[編集]

  1. ^ 雪は19歳、古代・島は20歳、南部・太田は21歳。