藤堂平九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤堂 平九郎(とうどう へいくろう)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の登場人物。声優伊武雅之(『宇宙戦艦ヤマト2199』以外の全登場作品)、大木民夫(ゲーム版)、小川真司(『宇宙戦艦ヤマト2199』)。実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優は橋爪功

基本設定[編集]

地球防衛軍司令長官。沖田十三土方竜の先輩にあたる、歴戦の宇宙戦士。[要出典]シリーズを通し、「沖田の子供たち」であるヤマトクルーの良き理解者となっている。「藤堂平九郎」の名は日露戦争日本海海戦での連合艦隊司令長官・東郷平八郎に由来するものという説もあるが、新選組隊士藤堂平助がモデルであるとも考えられる。西崎義展によれば、沖田、土方とヤマト艦長には新選組隊士にある名字が続いたため、次の艦長も新選組隊士にある名字から採ることになり、山南にしたという。この司令長官の名字も新選組隊士から採ったと言われていた[要出典]

なお、「藤堂平九郎」のフルネームが劇中で用いられたのは『宇宙戦艦ヤマトIII』からであり、『ヤマトよ永遠に』以前は氏名不詳のまま単に「(地球防衛軍)司令長官」との役名で登場していた[1]。劇中ではもっぱら「長官」と呼ばれている。

服装は第1作では茶色のスーツであるが、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』からは襟元にスカーフのある軍服となっており、『III』までは緑色、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』では紺色のものを着用している。

藤堂晶子は孫娘。

劇中での活躍[編集]

宇宙戦艦ヤマト
地球防衛軍司令長官とヤマト計画本部長を兼任。ガミラス帝国の地球侵略に抵抗するとともにヤマトを秘密裏に建造し、最初は選ばれた人間を乗せる地球脱出計画を立案・策定していた。しかし、イスカンダルから波動エンジンの設計図がもたらされたため、計画を変更してヤマトをイスカンダルへ向かわせる。
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
前作と同じく地球防衛軍司令長官。地球連邦にあって、陸・海・空・宇宙軍を統括することになった。ヤマトの乗組員だった古代進の報告を受けて開かれた防衛会議では、大多数の政治家や高級軍人に危機感が無く、それらに押しきられる形でヤマトの廃艦を古代たちに告げる。しかし、ヤマトの元乗組員たちが職場を放棄してヤマトで地球から出発する際には、空間騎兵隊斎藤始らを同乗させるよう手を回した。ヤマトが強行発進した直後、司令部の長官席でスクリーンに映るヤマトへ敬礼する。
宇宙戦艦ヤマト2
設定や言動の大半は『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』と同様。あくまでヤマト発進を阻止しようとする参謀に対し、マグネットミサイルの信管を抜くように命令した。また、白色彗星帝国への無条件降伏直前には降伏文書調印に地球側全権の1人として都市帝国へ向かおうとするが、その途中でヤマトからの連絡を受けて地球連邦首相を説得し、船を反転させる。
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
デスラーからの救援要請を受けて出撃をためらう古代を説得し、ヤマトを大マゼラン星雲へ派遣した。
カットされたシーンでは参謀から入電の相手がデスラーであることを聞き驚く描写がある。
ヤマトよ永遠に
暗黒星団帝国に地球を制圧され、カザンによるヤマトの所在要求を拒否したために処刑されかけるが、古代守の一身を賭した自爆によって救われた。その後は地下に潜伏してパルチザンを組織し、抵抗を繰り広げた。
宇宙戦艦ヤマトIII
政府と太陽エネルギー省が軽視したサイモン教授の太陽核融合異常増進の資料を重要視し、銀河系中心部で星間戦争が起こっていることを予測したため、極秘裏にヤマトを移民可能惑星探査のために銀河系中心方向へ派遣する。その後、太陽核融異常増進がさらに進んだことにより、政府によって宇宙移民計画が正式に発動され、大統領から宇宙移民本部長を兼任するよう頼まれる。
相原と晶子の仲は認めており、茶化すような言動も見せた。
宇宙戦艦ヤマト 完結編
病床から復帰した沖田を、再びヤマト艦長に任命した。
ヤマト出港前の式で制帽をかぶって現れたため、当初ヤマト乗組員からは新艦長と思われた。
宇宙戦艦ヤマト2199
『宇宙戦艦ヤマト』(以降、旧作)のリメイク作品である本作では設定が再構築され、地球連邦・極東管区行政長官兼ヤマト計画本部長となっており、軍人ではない。年齢は59歳。容姿については大きな変更はないが、頭髪は頭頂部まで生えている。
イズモ計画(旧作における地球脱出計画)の推進派による妨害を予期しており、直属の部下である星名透をヤマト保安部に潜り込ませていた。
ヤマトとの交信が回復した際、ヤマトが無事コスモリバースシステムを手に入れ帰還中と知り、「イスカンダルは幻ではなかったのだな」と喜びを露にした。
本作でも一応「長官」と呼べる立場ではあるが、劇中では「本部長」の方の肩書で呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ 若桜木虔による『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のノベライズ(集英社文庫コバルトシリーズ、1978年、監修・西崎義展)では、「毛利元輝」と名付けられていた。また、石津嵐による1作目のノベライズでは森雪の祖父とされている。