土方竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土方 竜(ひじかた りゅう)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の登場人物。声優木村幌、ゲーム版『さらば宇宙戦艦ヤマト』では大塚明夫、ゲーム版『特打ヒーローズ 宇宙戦艦ヤマト 〜タイピング拡散波動砲〜』では森山周一郎、『宇宙戦艦ヤマト2199』では石塚運昇

概要[編集]

ヤマト初代艦長の沖田十三とは同期生。地球防衛軍司令長官の藤堂平九郎は先輩。対ガミラス帝国戦役時は宇宙戦士訓練学校の校長を務めており、古代進達の教官であった。

常に冷静な判断力や分析力に加え、自分が正しいと信じたことについては越権行為すら辞さないという、決断力や行動力も併せ持つ。また、地の利を活かして戦うなど戦術にも長けている。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の時点では「土方」のみで名前は設定されておらず、「竜」という名前は『宇宙戦艦ヤマト2』からの設定である。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち[編集]

太陽系外周艦隊・第11艦隊の旗艦パトロール艦「ゆうなぎ」の艦長として第11番惑星付近のパトロールに当たっていたところ、白色彗星帝国前衛艦隊の奇襲攻撃を受けて敗北する。偶然通りかかったヤマトに救出されたが、生き恥をさらすことを潔しとはせず、敗戦の責任を取って船と運命を共にすることを望む。しかし、唯一の生存者であることからもヤマトへ収容されて負傷を治療された後、古代達の要請でヤマト艦長へ就任した。テレザート星宙域での攻防では宇宙気流を利用して敵をおびき寄せ、波動砲で一網打尽にする見事な指揮を執って勝利する。

波動砲により白色彗星帝国を覆う白色中性子ガス帯が消滅した後、本体である都市小惑星が現れ、ヤマト乗組員たちが茫然としている中、ただ一人冷静な判断で都市部分に攻撃を行うように指示する。熾烈な戦闘の末、第二艦橋への被弾によって致命傷を負い死亡するが、その直前に古代を次の艦長に任命し、都市帝国攻略の大きな手掛かりを彼らへ与えた。

宇宙戦艦ヤマト2[編集]

対ガミラス帝国戦役後に地球防衛軍連合艦隊司令長官へ就任し、新造戦艦アンドロメダの艦長を兼務している。テスト航海時、地球へ帰還した太陽系外周第3艦隊旗艦ヤマトとのニアミスを経て古代をアンドロメダへ呼び出した際には、進路変更を拒否した理由を問い質して航行進路についての不服を申し立てる彼を論破するなど、かつての宇宙戦士訓練学校校長としての威厳を見せた。

謎のメッセージの発信源を求めるヤマトが地球防衛軍司令部の命令を無視して出航した際には、直ちにアンドロメダで追撃へ向かった。木星圏でヤマトへ全砲門を向けるが、再三の警告にも屈しない古代達の決意と覚悟を汲んで見逃す。このことは土方自身の危機意識にも影響を与え、白色彗星帝国への対策会議では同席者達へ「アンドロメダ級の戦艦が、最低5隻(後に10隻に変更)は必要です」と戦力の不足を警告し、拡充を要求するに至った。

白色彗星帝国の太陽系侵攻の際には、独断で地球艦隊全軍を土星星域に集結させて見事な指揮を執り、バルゼーゲルンの率いる各艦隊を潰滅させるなど、戦況を好転させていく。しかし、突如ワープアウトしてきた白色彗星の超重力や白色高速中性子ガスによって、戦況は逆転してしまう。ほぼ壊滅した地球艦隊で残存する主力戦艦を中心に拡散波動砲を一斉発射させ、白色高速中性子ガスの除去には成功するが、その中から都市帝国が出現する。残り少ないエネルギーで都市帝国上方の都市部分へ行った集中砲撃は全てバリアーに阻まれた上、逆に地球艦隊は大型ミサイルの攻撃で全滅し、アンドロメダも制御不能へ陥る。古代とヤマトへ「都市帝国の下部を攻撃せよ」と言い残すと、大破していくアンドロメダごと都市帝国へ激突し、壮烈な戦死を遂げた。

宇宙戦艦ヤマト2199[編集]

『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である本作では、古代と島の恩師という基本設定や『宇宙戦艦ヤマト2』での名前が反映され、沖田や後輩の山南修と共に登場する。モミアゲが長くなっていること以外の容姿の変化はほとんどない。階級は宙将。歴戦を繰り広げてきた優秀な指揮官であるが、一時期は人材育成への思いから航宙軍士官候補生学校の校長を務めていた。また、2198年からの1年間、それまでの記憶を亡くした森雪の保護者となっていた。

藤堂に依頼され、空間防衛総隊司令官として月面方面軍と地球地上軍防空隊を指揮し、月軌道以内の地球本土防衛を統括する。友人として病身の沖田を気遣い、役目を自分に委ねるよう持ちかけたり、沖田の主治医である佐渡酒造へヤマト乗艦を依頼した。ヤマトの地球発進後にはキリシマへ乗艦し、敬礼を送った。その際、むらかわみちおのコミック版ではヤマトを目掛けて発射された惑星間弾道弾の軌道を変更しようと試みて同弾に攻撃を加えたが、着弾(予想)時刻を数分遅らせる以上の成果はあげられなかった。

その後も通信や幻覚、メッセージ等で本編に度々登場している。太陽系赤道際での雪との通信時や、彼女宛のメッセージでは「必ず帰るんだぞ」と述べている。

その他[編集]

若桜木虔の小説版および、ひおあきらの漫画版の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、ヤマト艦長に就任する経緯が若干異なる。艦長就任の要請は古代だけの案で、他の乗組員は白色彗星帝国との戦闘に敗れ、唯一生き残った土方の艦長就任に難色を示すが、土方の「艦長ではなく、生き恥をさらした惨めな男の姿をみればいい」という言葉に誰も反論しない。その後、テレザート星宙域での戦闘時の的確な指示により勝利したことで、最終的に艦長として認めている。

外部リンク[編集]

  • 土方竜 - 宇宙戦艦ヤマト発信!(インターネットアーカイブ2009年3月10日分キャッシュ)
  • 土方竜 - 宇宙戦艦ヤマト2199