太田健二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太田健二郎(おおた けんじろう)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の登場人物。声優安原義人(『宇宙戦艦ヤマトIII』のみ鈴置洋孝[1])、『宇宙戦艦ヤマト2199』では千葉優輝、実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優大和田健介

基本設定[編集]

ヤマトの航海班レーダー科チーフ[2]。自己紹介によればその主たる任務は「(島大介の下で)操縦補佐」であり、島の良き相棒。やや太めの体躯や顔立ちに加え、頬に薄いそばかすを持つ、明るい熱血漢でもある。泣き上戸らしく、下記の通り、古代らの傍らで前腕部を目に当てて大袈裟に男泣きする姿が散見される。

当初は航海の安全確保の名目から航路障害を探知識別するために対物レーダーを担当していたが、メインレーダー担当の森雪が生活班任務に忙殺されて艦橋を離れる機会が増えてからは、脅威探知全般の責任を負うようになった。

宇宙戦艦ヤマト』から『宇宙戦艦ヤマト 完結編』までは南部康雄と並んで固有のエピソードやその個性を発揮する局面がほぼ皆無のため、立場的には「第一艦橋におけるその他大勢」の1人でもある。しかし、『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である『宇宙戦艦ヤマト2199』では群像劇化や三交代制導入などの影響で設定が作り込まれ、「その他大勢の1人」ではなくなっている。詳細は後述。

資料によっては「大田健二郎」、一部の小説版では名前が「健一郎」と誤載されている。

劇中での活躍[編集]

宇宙戦艦ヤマト
南部・相原義一加藤三郎とともに、ヤマトの中堅を支える4人の中の1人。航海班が第二艦橋で航路計算をしているところに雪が入れたコーヒーは、その不味さに評判が散々だったが、太田だけは「美味い」と評していた(もっとも、雪が調子に乗ってもう1杯を入れようとしたときには、慌てて断っている)。また、ヤマトがオリオン座アルファ星コロナへ追い詰められたときには、本職である航路計測で本領を発揮し、島とのコンビでコロナの発生を逐一報告したり回避するなど目立っていたが、このエピソード以外は特に目立つところもなく、ガミラスデスラー総統からの初入電時には、作画スタッフに相原と間違えられて描かれる始末であった。
航路計測や探査といった「操艦補佐」が専門であり、宇宙艦の操縦士ではないため(島の不在時はアナライザーがヤマトの操縦を受け持つ)、島の不在時も主操縦席に座ることはなかった。
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
ヤマト発進時、島はテレザート星への調査航海に合流しないと判断した古代進が、自分でヤマトを操縦しようと考えていた際、太田は自分の領分であるレーダー席を受け持っていた。終盤、古代から退艦命令と別れの言葉を聞かされた際には、号泣している。
宇宙戦艦ヤマト2
前作に引き続き、航海長・島の補佐としてレーダーを担当し航路計測や探査の任務をこなす。デスラー艦との白兵戦時に島が爆風に飛ばされ行方不明になった際にも、上述のようにアナライザーにヤマトの操縦を任せ、自分の専門である航海レーダーを担当していた。白色彗星帝国との最終決戦時には、超巨大戦艦の攻撃により第一艦橋付近に被弾した衝撃で席から飛ばされ負傷。古代の退艦指示により、同じく負傷していた真田や相原、南部ら16名とともに救命艇で地球へ搬送された。
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
雪と共にレーダー手として、コスモタイガー隊や流星群の観測を行った。
ヤマトよ永遠に
暗黒星団帝国の襲撃をかいくぐって英雄の丘で古代達と合流した後、地球脱出の際には島と共に連絡艇の操縦席に座っていた。
ゲーム版では、が一時離脱した際に予備要員としてコスモレーダーの管理を行っており、本来の予備要員であるアナライザーがすっぽかしたことにいら立っていた。
宇宙戦艦ヤマトIII
相原の通信の手際の良さに対して「相原通信長の毎日の楽しみだからな」と藤堂晶子との仲をからかった。
宇宙戦艦ヤマト 完結編
アクエリアスに降下する際に射出した監視衛星を使い、都市衛星ウルクを発見した。島が戦死した時には直視できず後ろを向いて号泣していた。
SPACE BATTLESHIP ヤマト
本作では所属が航海班ではなく技術班に変更され、真田の補佐として登場。最終決戦では古代に諭され、島・雪・相原・南部・佐渡らとともに地球へ帰還する。
宇宙戦艦ヤマト2199
本作では三尉(三等宙尉)の階級を持つ航海科士官であり、宇宙気象の観測を担う気象長を務める。第一艦橋の席が旧作での真田志郎の席と入れ替わり、出身地は大阪府、年齢は21歳という設定が追加された。容姿は髪型が逆立ったものへ変更され、そばかすが明確に描かれている。島の交代要員も担当しており、第26話ではシリーズで初めて操艦を担った[3]
性格は楽天主義で明るく、艦内のムードメーカー。雪の交代要員である岬百合亜を見て「潤うねぇ」と鼻の下を伸ばしたり、太陽系赤道祭では「仮装が伝統」と吹聴した冗談を真に受けた衛生士の原田真琴がメイド服を着ることになるが、航空隊の加藤三郎托鉢僧)など、他の乗組員も仮装してしまったため、既成事実化してしまった。また、艦内の大食いチャンピオンの座を取るほどの大食漢であり、食事の際にはトレイの上に料理を山積みにしている。
七色星団海戦では、ヤマトの勝利の鍵となる、星団のイオン乱流の本流の位置を特定した。
コミック版
アニメ版では太田により仮装したのは原田と加藤のみであったが、コミック版では2人の他、星名が男でありながらメイド服、山本がネコ耳とネコ手の仮装をさせられている(鈴の付いた首輪も着ける寸前だった[4] )。その他、赤道祭に参加しなかったために仮装はしていないが、真田にウルトラマン似のお面を渡している。
アニメ版では関西出身でありながら関西弁で話す描写はないが、コミック版ではほぼ常に関西弁で話している。

脚注[編集]

  1. ^ アフレコの日程が安原の主役作品『闘士ゴーディアン』と被ってしまったため。
  2. ^ 劇中で明確に「副班長」とは呼ばれていないものの、事実上航海班のナンバー2。ただし、後年の資料やゲーム上の設定では明確に「副班長」としたものもある。
  3. ^ ただし、操艦は予備操縦席で行っており、島が着いている主操縦席には着いていない。
  4. ^ その首輪に「たま」とあるが、「たま」とは「玲」の訓読みの1つで、第6話で山本が古代に示したタブレットに表示されている。

外部リンク[編集]

  • 大田健二郎 - 宇宙戦艦ヤマト発信!(インターネットアーカイブ2009年3月10日分キャッシュ)