バルゼー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルゼーは、アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以降、『さらば』と表記)及びテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』(以降、『2』と表記)の登場人物。声優大塚周夫

概要[編集]

白色彗星帝国ガトランティスの提督で、地球攻略の総司令として指揮をとる。

登場作品により容貌や性格が異なる。『さらば』では眉が太いのに対して『2』では眉が細いうえに襟足が長くなっており、『さらば』ではやや鈍重さが強調されているのに対して『2』では残忍さ・兇悪さが強調されている。また、服装は『さらば』ではコートを着用していたのに対して『2』ではマントを着用している。

名前の由来は太平洋戦争時のアメリカ海軍軍人ウィリアム・ハルゼー

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち[編集]

超大型空母に乗艦。第7遊動機動艦隊(字幕では第6遊動機動部隊)を率い、土星空域にて地球防衛艦隊と交戦。艦載機、潜宙艦と二段構えの攻撃で陣形を乱した後に包囲殲滅を企てるが、アンドロメダ拡散波動砲によって大戦艦を中心とした戦闘艦隊を失って敗北し、ズォーダー大帝に叱責される。白色彗星が地球防衛艦隊を壊滅させた後はメガロポリス上空へ飛来し、地球連邦政府に無条件降伏を勧告した。それ以降には登場しないため、戦死等については不明である。

宇宙戦艦ヤマト2[編集]

シリウスプロキオン方面軍(放映当初は、帝国第1機動艦隊)総司令として地球攻略の指揮をとる。戦艦メダルーザで自ら指揮下の戦闘艦隊とゲルン提督指揮下の別動機動艦隊を率い、太陽系へ侵攻する。

太陽系侵攻時、第11番惑星に兵站基地を設営するも、基地を発見したヤマト波動砲で基地と守備艦隊は壊滅する。土星空域へ向かわせた大型長距離艦上戦略偵察機もワープアウトしたヤマトに偶然衝突されて撃墜されるが、ヤマト側はこのことに全く気づいていなかった。

土星決戦時、ヤマトを旗艦とする臨時編成の機動艦隊の奇襲攻撃を受けて機動艦隊を失うが、圧倒的に優勢な戦力を有する戦闘艦隊を率いて土星空域でアンドロメダの土方竜率いる連合艦隊と交戦する。メダルーザの火炎直撃砲で連合艦隊へ大打撃を与えて戦局を優位に進めるが、土方の戦略的撤退により土星の環へ誘い込まれた後、多数の氷塊が漂う中で不用意に火炎直撃砲を発射したために水蒸気による乱気流が発生し、味方艦同士が衝突したところを連合艦隊に反撃され、壊滅する。唯一残ったメダルーザでアンドロメダの撃破を目論むも連合艦隊の集中砲火に遭い、火炎に包まれる艦橋で「死して大帝にお詫びを」と乗艦諸共戦死した。

外部リンク[編集]

  • バルゼー(「宇宙戦艦ヤマト発信!」のインターネットアーカイブ2009年3月25日分キャッシュ)