ラーゼラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラーゼラーは、アニメさらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『宇宙戦艦ヤマト2』の登場人物。声優曽我部和行

概要[編集]

白色彗星帝国ガトランティスの軍事総議長兼参謀総長。サーベラーゲーニッツと並ぶ帝国大幹部の1人で、主に帝国征服下にある星々の占領政策を担当している。

気弱で追従的という慎重な性格をしており、『さらば』と『2』の双方において、彗星帝国要人中唯一ヤマトを危険視していた[1]

『さらば』では青い制服マントを羽織り、『2』ではコートブーツを着用していた。

劇中での活躍[編集]

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
テレザート星からテレサを解放し、地球へ向かうヤマトに関して地球攻略の前にまずヤマトを撃破することを具申するが、サーベラーから「ヤマトに脅えたのか」とたしなめられた。
宇宙戦艦ヤマト2
指揮下にザバイバル将軍の突撃格闘兵団ヘルサーバーを持っている。サーベラーやゲーニッツと異なり、デスラーに対する心情は特に描写されておらず、デスラー追い落としの陰謀に加担した明確な描写もない[2]
地球防衛艦隊壊滅後は、地球に艦隊を率いてメガロポリス上空に飛来し、地球連邦政府に対して無条件降伏を勧告した。ヤマトの決死隊が都市帝国に侵入してきた際には、一刻も早くズォーダーへの報告を行おうとしたが、サーベラーに「必要ない」と止められてしまう。その結果、動力部を破壊された都市帝国は事実上崩壊し、ラーゼラーは連帯責任を負わせられる形で、サーベラーおよびゲーニッツと同様、超巨大戦艦に乗艦を許されず死亡した[3]

ゲーム版[編集]

PlayStation用ゲーム『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、役職名が「彗星帝国軍支配庁宣伝軍事総議長」[4]と設定された。

性格が変更され、サーベラーやゲーニッツとも権力闘争を辞さない冷徹な軍官僚として登場する。遊動艦隊総司令のゲーニッツですら、支配庁の高官であるラーゼラーの決定は覆せなかった。「勝利に必要なのは情報」という信念を持ち、上官であるサーベラーすら監視しており、劇中の台詞からサーベラーがデスラーを粛清しようと画策したことを密かに大帝に告げて権勢を削いだことがうかがえるなど、帝国支配庁内部での保身にも長けている。テレビ版と劇場版のいずれのルートでも崩壊する都市帝国の瓦礫の下敷きになり、死亡する描写がある。末期の際には、逃走するサーベラーやゲーニッツから省みられずに見捨てられ、自嘲ぎみに笑いながら果てる。

注釈[編集]

  1. ^ ただし『2』の第1話時点では、ヤマト(というよりも地球そのもの)を侮っていた。
  2. ^ ゲーニッツと違いサーベラーと密会する描写はなく、デスラーに関する出来事ではサーベラー達と一緒にいないことが多い。また、ズォーダーからデスラーを陥れたことを叱責されたのもサーベラーとゲーニッツの2名のみである。
  3. ^ 他の2名と同じく明確な今際の描写は無いが、死亡したことがうかがえる。
  4. ^ 登場時のテロップでは「支配省」と誤記されている。

外部リンク[編集]

  • 「宇宙戦艦ヤマト発信!」 バンダイナムコゲームスNE事業本部(旧バンダイネットワークス)ウェブサイトによる解説(インターネットアーカイブ2007年12月20日分キャッシュ)