ザバイバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザバイバルは、劇場版アニメ『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』とテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』の登場人物。声優富田耕生

概要[編集]

白色彗星帝国将軍。地上戦のプロフェッショナルで、指揮戦車から突撃格闘兵団ヘルサーバーを率い、テレザート星の地下大平原に戦闘戦車の大軍団を展開している。

筋骨隆々の身体に加え、顎鬚と頬髯が繋がった髭面が特徴(ただし、口髭は無い)。腰には軍用拳銃ストーム・パラベラムを帯びている。

『さらば』と『2』で若干容姿が異なっており、前者では太い眉があるのに対して後者では眉なし(あるいは位置が上へずらされ、ヘルメットに隠れている)になっている上、顔の傷も左の目尻から頬へ移されている。PS用ゲーム版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では『さらば』をベースにデザインされている。

劇中での活躍[編集]

さらば宇宙戦艦ヤマト
テレザート星で圧倒的な戦力を展開し、ヤマト空間騎兵隊を追い詰めていくが、勝利寸前に多弾頭ミサイルの攻撃によって大戦車軍団を失う。指揮戦車で逃亡するも斉藤始に追いつかれ、彼と1対1の肉弾による死闘を繰り広げた末にストーム・パラベラムを奪われ、射殺された。なお、小説版では死闘を制した斉藤が、ザバイバルを「勇者」として讃える描写がある。
宇宙戦艦ヤマト2
ザバイバル自身の劇中での活躍は『さらば』とほぼ同じであるが、背景事情が異なっている。デスラーの代わりにヤマトを迎撃するため、サーベラーによって密かにテレザート星へ派遣される。しかし、勝敗よりもテレサを刺激することを恐れていたサーベラーは最初からテレザート星宙域での大規模戦闘を避ける腹積もりだったため、ヘルサーバー以外の戦力は一切派遣されず、ザバイバルを含むヘルサーバー隊員たちは事実上捨て駒として扱われることとなった。

外部リンク[編集]

  • ザバイバル - 宇宙戦艦ヤマト発信!(インターネットアーカイブ2007年12月20日分キャッシュ)