薮助治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

薮 助治(やぶ すけはる / やぶ すけじ)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。声優池水通洋(第10話)、緒方賢一(第25話)、『2199』ではチョー。実写映画版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』での俳優水上潤

概要[編集]

ヤマト機関室勤務の乗組員(副機関士)。

小太りの体形にやや長めの前髪の容貌を持つ青年。機関長の徳川彦左衛門にとっては片腕的存在である。

なお、「助治」の表記は間違いである。

劇中での活躍[編集]

宇宙戦艦ヤマト
地球への帰還が人類の滅亡前に間に合わない可能性に不安を覚え、オクトパス原始星団で長期に足止めされている最中に徳川へ航海の中止を進言する。やがて、イスカンダル滞在中には12人の同志と共に「人類の子孫を残す」という口実を掲げて森雪を人質にヤマトから脱走したうえ、ダイヤモンドで構成された島への残留を宣言し、古代進の命令や警告も嘲笑かつ無視するという反乱を起こす。しかし、その直後にこの島は地殻変動津波に襲われたため、薮たちは雪以外の全員が死亡した。この反乱は、古代たちに地球への移住を薦められたスターシャから、移住拒否の理由(好ましくない種類の人が地球に存在する)に挙げられてしまう。
劇場版では反乱のシーンは全て削除された。物語終盤、地球を前にして歓喜するヤマト乗組員の中に薮の姿があるが、その後の作品には一切登場していない。ラジオドラマ版では反乱後、人質に捕っていた雪をヤマトへ送り届けた後で死んでゆく好人物に描かれている。
宇宙戦艦ヤマト2199
『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作である本作では三重県出身で、年齢は33歳と設定された。また、名前の読みは「やぶ すけじ」へと変更された。肥満体型になり、顔つきは若干弱弱しくなっているほか、頭にはアホ毛が生えている。
階級は一曹(一等宙曹)。徳川の愛弟子であり、メ号作戦(冥王星沖海戦)では徳川と共に戦艦キリシマに乗艦していた。ヤマト計画発動後はヤマトの機関科へ配属され、機関士を務める。
機関士としては一流だが、懐疑的な性格で、事あるごとに不安や疑問の声を上げる。また、「エリートは意外と脆い」と考えている。
家族がいない身のため、太陽系赤道祭では盛り上がることもできず、仮装してはしゃぐ女子乗組員とすれ違った際「何が楽しいんだか」と悪態をついていた。
地球側の先制攻撃の事実に関しては知らなかったらしく、信じてもいない模様。
赤道祭の頃から新見の事を若干気にしている描写があり、後には彼女のカウンセリングを受けている。カウンセリングの中で自らのことだけでなく、周りの不平不満も報告していた節もある。後にビーメラ4において同じ機関科の早乙女・崎山とともに反乱に加担し、震えながらも徳川と山崎に銃を向け機関室に軟禁した。
反乱の失敗後に営倉に収監され、七色星団海戦の最中に営倉が被弾したことにより死亡扱いとされていたが、実際には生き延びており、伊東とともにコスモシーガルに身を隠していた。古代が収容所惑星レプタポーダの偵察にコスモシーガルで出撃した際にコスモシーガルを占拠しようとしたが、自らの銃の暴発によって失敗し、古代らと共にガミラスの捕虜となる。囚人たちの反乱の中、古代らとはぐれて隠れていたところを囚人たちに発見され半ばパニック状態となるが、手錠をかけられていたことと着ていた服の色がたまたま囚人服と似ていたことから同じ囚人と判断され、仲間として共に戦うように武器を渡されて共闘した。収容所解放後はヤマトへ戻らずレプタポーダに残留した。
その後はフラーケンに拾われ、次元潜航艦 UX-01の新入り機関士「ヤーブ・スケルジ」として25話に再登場する。ゲール艦隊との交戦のさなか機関異常で潜航不能となったUX-01の窮地を救う活躍を見せて褒められるなど、荒くれ者揃いのUX-01乗組員たちとは良好な関係を築いているが詳しい素性は明かしていなかったらしく、フラーケンたちからはザルツ人と思われている。
小説版
七色星団海戦での攻撃で営倉爆撃時に伊東に助けられて、共にシーガルに潜伏。出頭しようと考えていたが、直後にシーガルが発艦し、古代と雪(ユリーシャ)を人質にしようとする伊東に扱いなれてない拳銃をセーフティを解除した状態で渡され、否応なしにコックピットに乗り込む。
レプタポーダでの暴動によってはぐれた後は、伊東と行動を共にし、撃たれそうになったところを助けられ、彼の最期を看取った。その後、命の恩人の伊東の最期の言葉「地球のことは忘れろ。生まれ変わって明日から別の人生を生きるんだ」に触発され、ザルツ人に成り済まして収容所に残留。「俺は二人分生きなきゃいけないんだ」を口癖にしていたのをフラーケンが気に入り、UX-01にザルツ人の機関員として乗艦した。

キャラクター成立の経緯[編集]

企画段階では、反乱の首謀者は真田佐助(真田志郎の初期設定)の予定だったが、脚本家が反乱予定人物を徳川と誤認し、その伏線に彼を焚きつける人物として薮を置いた。結果的には間違いに気付いたものの、徳川は反乱の首謀者としては性格上無理があるということで、先の伏線を「叛意の前兆」と読み替えて活かし、薮が反乱の首謀者という設定になった。