ソウカ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「牂牁郡」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

牂牁郡(そうか-ぐん)は、中国にかつて存在した牂柯郡とも書かれる。漢代から隋代にかけて、現在の貴州省雲南省にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

紀元前111年元鼎6年)、牂牁郡が立てられた。前漢の牂牁郡は益州に属し、故且蘭鐔封漏臥平夷同並談指宛温毋斂夜郎毋単漏江西隨都夢談稾進桑句町の17県を管轄した。王莽のとき、同亭郡と改められた[1]

後漢が建てられると、牂牁郡の称にもどされた。後漢の牂牁郡は故且蘭・平夷・鄨・毋斂・談指・夜郎・同並・談稾・漏江・毋単・宛温・鐔封・漏臥・句町・進乗・西隨の16県を管轄した[2]

のとき、牂牁郡は益州に属し、万寿・且蘭・談指・夜郎・毋斂・並渠・鄨・平夷の8県を管轄した[3]303年太安2年)、牂牁郡は寧州の属郡とされた。338年咸康4年)、牂牁郡は安州の属郡に移されたが、まもなく寧州の属郡にもどされた。

南朝宋のとき、牂牁郡は寧州に属し、万寿・且蘭・毋斂・晋楽・丹南・新寧の6県を管轄した[4]

南朝斉のとき、寧州に南䍧牱郡が置かれ、南䍧牱郡は且蘭・万寿・毋斂・晋楽・綏寧・丹南の6県を管轄した[5]

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、牂牁郡は廃止されて、䍧州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、䍧州は牂牁郡と改称された。牂牁郡は䍧柯・賓化の2県を管轄した[6]

620年武徳3年)、が謝龍羽を帰順させると、牂牁郡は牂州と改められ、牂牁郡の呼称は姿を消した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』地理志上
  2. ^ 後漢書』郡国志五
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 宋書』州郡志四
  5. ^ 南斉書』州郡志下
  6. ^ 隋書』地理志上
  7. ^ 新唐書』南蛮伝下