黄平県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 貴州省 黄平県
簡体字 黄平
繁体字 黄平
Huángpíng
カタカナ転記 ファンピン
国家 中華人民共和国
貴州
自治州 黔東南ミャオ族トン族自治州
行政級別
面積
- 総面積 1,669[1] km²
人口
- 総人口() 29.4[1] 万人
経済
電話番号 0855
郵便番号 556100
ナンバープレート 貴H
行政区画代碼 522622
公式ウェブサイト http://www.hp.qdn.gov.cn/

黄平県(こうへい-けん)は中華人民共和国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州に位置する。県人民政府は新州鎮にある。

烏江の支流である清水江中国語版上流域に位置する。漢族以外に、ミャオ族トン族などの少数民族が居住する[1]

現地の人間は現在の黄平の町を「新黄平」と呼び、以前の時代に黄平の行政府が置かれていた故城を「老黄平」と呼んで区別している[2]。故城は新黄平の西北17.5kmの場所に位置する[2]

行政区画[編集]

下部に5鎮、9郷を管轄する

    • 新州鎮、旧州鎮、重安鎮、谷隴鎮、平渓鎮
    • 野洞河郷、黄飄郷、上塘郷、一碗水郷、紙房郷、浪洞郷、翁坪郷、重興郷、苗隴郷

歴史[編集]

の時代には牂柯蛮中国語版の名前で知られていた[2]

代に黄平府土司が設置される。代も黄平府が置かれていたが、明代に黄平州が設置され、平越府に組み入れられた。は黄平の行政府を興隆衛に移し、移転後に黄平は鎮遠府に属した。中華民国建国後、1913年に黄平県に改称され、翌1914年に鎮遠道に区画されるが道は廃止された。

中華人民共和国建国後は自治州の行政区に改編された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 張『最新中国地名事典』、147頁
  2. ^ a b c 『精選中国地名辞典』、274頁

参考文献[編集]

  • 張治国監修『最新中国地名事典』(日外アソシエーツ, 1994年5月)
  • 『精選中国地名辞典』(塩英哲編訳, 凌雲出版, 1983年3月)