戦勝記念塔 (バンコク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戦勝記念塔

戦勝記念塔(せんしょうきねんとう、タイ語: อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ, アヌサーワリーチャイサモーラプームあるいは単にアヌサーワリーチャイとも)とは、タイ王国バンコクラーチャテーウィー区にある記念塔である。

概要[編集]

1940年に起こったタイ・フランス領インドシナ紛争フランス軍と戦って戦没したタイ王国軍兵士を慰霊するために、1941年タイ王国の首都、バンコクに建てられた。

この塔は、パホンヨーティン通りラチャウィティ通りが交差する所に位置し、周囲はロータリーとなっている。パホーンヨーティン通り上には、バンコク・スカイトレイン(BTS)スクムウィット線が走っており、アヌサーワリーチャイサモーラプーム駅(戦勝記念塔駅)からスカイブリッジを通り、このロータリーに出られる。ロータリー外側全周がバス停となっており、路線バスが多数発着しているほか、ハイエースを使用した(一般的にはロットゥーと呼ばれる)乗合バンも一部が発着している。

なお、上記のロットゥーについては、かつては全路線がここを発着としていたが、現在は政府の方針により交通渋滞緩和のため、タンマサート大学(ランシット・キャンパス)など近距離便のみの発着となっているため注意が必要。アユタヤメークローン駅方面などの長距離便はこの戦勝記念塔ではなく市内のの各ターミナルからの発着に変更されている。

座標: 北緯13度45分53秒 東経100度32分19秒 / 北緯13.76472度 東経100.53861度 / 13.76472; 100.53861