現美新幹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
現美新幹線
現美新幹線に使用されるE3系700番台R19編成
現美新幹線に使用されるE3系700番台R19編成
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車新幹線
現況 運行中
地域 新潟県
運行開始 2016年4月29日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 越後湯沢駅
終点 新潟駅
使用路線 上越新幹線
技術
車両 E3系700番台新潟新幹線車両センター
軌間 1,435 mm
電化 交流25,000 V・50 Hz
テンプレートを表示

現美新幹線(げんびしんかんせん、GENBI SHINKANSEN)は東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両[1]

概要[編集]

上越新幹線ジョイフルトレインとして運用される。名前の由来は現代美術の略称「現美」から。外観デザインは蜷川実花が担当し、黒を基調に夏の夜空を彩る長岡の花火を描いている。内装デザインはジェイアール東日本建築設計事務所が担当し、美術館のようにアートが展示される。また、13号車にはカフェコーナーの設備があり、ツバメコーヒーによるコーヒー十日町すこやかファクトリーによるスイーツアルコールメニューを楽しむことができる。6両編成で、担当アーティストとジャンルは11号車が「松本尚(絵画)」、12号車が「小牟田悠介(平面)」、13号車がカフェ・キッズスペースで「古武家賢太郎(絵画)」「paramodel(絵画・彫刻)」、14号車が「石川直樹写真)」、15号車が「荒神明香立体)」、16号車が「ブライアン・アルフレッド(映像)」となっている[2]

車両[編集]

車両は2002年11月18日に新製されたE3系0番台(R19編成)を改造したもの。この改造に伴い「とれいゆつばさ」(R18編成)と同じく700番台へ改番された。

上越新幹線(新潟~越後湯沢)の限定運用となったため、改番日(2016年1月4日)の翌5日付で秋田車両センターから新潟新幹線車両センターへ転属している[3]

運用[編集]

2016年(平成28年)4月29日に運用を開始した[4]。「とれいゆつばさ」と同じく土休日を中心に運用される。越後湯沢駅 - 新潟駅間を各駅停車で運転する「とき」451 − 456号の臨時列車として1日3往復で運用、所要時間は約50分。

2016年6月までの運行分については全車指定席となり、11号車(座席車)のみ一般発売され、12〜16号車は旅行商品として販売された(ただし、5月21日より立席特急券が設定される[5])。同年7月以降は11号車を指定席、12〜16号車を自由席として運行している。

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)
    • 4月29日 : 越後湯沢 - 新潟間で運行開始。
    • 5月21日 : 立席特急券の発売開始。
  • 2017年(平成29年)
    • 10月8日 : 大宮 → 新潟間を旅行商品専用列車として運行[6]
    • 12月8日 : 「JR7社共同企画 スペシャルツアー」の一環で、東北新幹線の仙台 → 大宮間を旅行商品専用列車として運行[7]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月31日 : 車内に展示しているアート作品の一部を入れ替え[8](予定)。
    • 10月6-8日 : 臨時列車として初めて上野 - 新潟間で運行(予定)[9]

脚注[編集]

  1. ^ 「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」~旅するアートカフェ新幹線、新潟エリアを楽しむ新しい観光列車がデビューします~東日本旅客鉄道
  2. ^ 現美新幹線SHINKANSEN」~旅するアートカフェ新幹線のアーティスト、デザインが決まりました~東日本旅客鉄道
  3. ^ 鉄道ジャーナル』2016年5月号「車両基地」。
  4. ^ “JR東日本 「現美新幹線」4月29日運転スタート”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年2月23日) 
  5. ^ “JR東日本 「現美新幹線」立席特急券21日から設定”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年5月18日) 
  6. ^ <JR東日本新潟支社>「走る美術館現美新幹線」が大宮駅から新潟駅まで走ります!(旅行商品専用列車)東日本旅客鉄道 新潟支社
  7. ^ JR発⾜30周年記念 「JR7社共同企画スペシャルツアー」の発売について東日本旅客鉄道
  8. ^ 現美新幹線~アート作品の一部とカフェメニューをリニューアルします~東日本旅客鉄道 新潟支社
  9. ^ 上野―新潟間に「現美新幹線」『日本経済新聞』朝刊2018年8月1日(首都圏経済面)2018年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]