フルーティアふくしま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東日本719系電車 > フルーティア
フルーティアふくしま
定期快速列車に連結して運行されていた頃のフルーティアふくしま (2015年4月25日)
定期快速列車に連結して運行されていた頃のフルーティアふくしま
(2015年4月25日)
概要
日本の旗 日本
種類 臨時列車
現況 運行中
地域 福島県宮城県
運行開始 2015年平成27年)4月25日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 郡山駅
終点 喜多方駅/仙台駅
運行間隔 土休日1往復
使用路線 磐越西線東北本線
技術
車両 719系電車
(JR東日本仙台車両センター
軌間 1,067 mm
電化 交流20,000 V(50Hz)
テンプレートを表示

フルーティアふくしまは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の観光列車。

本項では、当列車に使用されるジョイフルトレインフルーティア」についても解説する。

概要[編集]

ロゴ

2015年に行われた福島ディスティネーションキャンペーンに合わせ、同年4月25日磐越西線郡山駅 - 会津若松駅間で定期列車に連結して1日2往復の運行を開始した[注釈 1][1][2][3]。2019年以降は主に春季から秋季は土休日に磐越西線の郡山駅 - 喜多方駅間で全車両指定席で1日1往復運行される。冬季は郡山駅 - 仙台駅間で全車両指定席で単独で運行する。

「走るカフェ」がコンセプトで、車内では「fruits peak」がプロデュースした福島県フルーツなどを使用したオリジナルスイーツ2品とホットコーヒー1杯、福島県産品を使用したフルーツジュース1本がセットとなった「スイーツセット」が提供され、アイスティーアイスコーヒーはおかわり自由となっている[2][3]

車両愛称及び列車愛称の一部となっている「フルーティア(FruiTea)」は、果物を意味するFruitと 基本コンセプトの「カフェ」をイメージさせる茶を意味するTeaを組み合わせた造語である[3]

車両[編集]

719系700番台「フルーティア」

2014年郡山総合車両センター719系0番台H-27編成を種車に改造が施行された700番台S-27編成「フルーティア」が使用される[4]

車体は赤瓦や黒漆喰壁、明治大正時代の西洋モダンが織り成す独特な街並みと雄大な自然との調和を表現した塗装に変更し[5]、3扉構造だった側面客用扉は運転席寄りの1箇所を残して埋め込まれ、さらに隙間から雪の侵入を防ぐ対策が施工された。 また、クモハ719形のパンタグラフはシングルアーム式に交換された[4]

車内設備[編集]

車内は前述の通り全席指定で、座席定員数は36名[4]

内装は明治・大正時代の近代建築及び会津漆器の持つ豊かな質感をイメージしたデザインとし[5]、連結面の貫通扉は自動化された[4]

1号車(クシ718-701)

1号車(クシ718-701)には車体左側に天板を人工大理石としたカフェカウンター(カウンター席6席)を設置し、優雅な鉄道旅行を演出[5]。車端部のトイレは、温水洗浄便座付きの洋式に交換の上、新たにパウダールームが設置された。またこちらの車内照明には間接式ならびにダウンライトが採用されている[4]

2号車(クモハ719-701)

2号車(クモハ719-701)には座席を4人掛けボックスシート6組・2人掛けボックスシート4組・1人掛けシート4席に変更し、乗務員室後部には荷物置き場が、車端部にはフリースペースとベンチが設置された。 またこちらの車内照明にはLED照明が採用されている[4]

フルーティア 編成
号車 1 2
車番 クシ718-701 クモハ719-701
種車 クハ718-27 クモハ719-27
定員 カフェカウンター車 36名

停車駅[編集]

春 - 秋 :郡山駅 - 磐梯熱海駅 - 猪苗代駅 - 会津若松駅 - 喜多方駅

冬: 郡山駅 - 福島駅 - 仙台駅 [6]

沿革[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2015、2016年度はそれぞれ磐越西線の定期普通列車快速列車に併結して運行。2017、2018年度は普通列車のE721系導入に伴い、2往復とも磐越西線の定期快速列車に併結して運行。2019年度は喜多方までの延長運転に伴い、全区間単独運行。

出典[編集]

  1. ^ “JR東日本719系「フルーティアふくしま」4/25デビュー! 東北本線にSL列車も”. マイナビニュース. (2015年2月2日). https://news.mynavi.jp/article/20150202-a375/ 2018年2月19日閲覧。 
  2. ^ a b c “福島で“走るカフェ”が運行開始!列車でスイーツを堪能”. ウォーカープラス. (2015年4月30日). https://news.walkerplus.com/article/58319/ 2018年2月19日閲覧。 
  3. ^ a b c “〈PR〉人気の「観光列車」どう楽しむ? 「フルーティアふくしま」が入門に最適な10の理由”. 乗りものニュース. (2017年6月30日). https://trafficnews.jp/publicity/frutia20170630 2018年2月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 「719系『フルーティア』」『鉄道ファン』2015年6月号(通巻650)、交友社ISBN 4910064590651{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  5. ^ a b c d “JR東日本719系「フルーティア」、磐越西線郡山~会津若松間で来春デビュー”. マイナビニュース. (2014年11月27日). https://news.mynavi.jp/article/20141127-a476/ 2018年2月19日閲覧。 
  6. ^ 乗って楽しい列車ポータル>フルーティアふくしま”. 東日本旅客鉄道. 2018年2月19日閲覧。
  7. ^ “JR常磐線相馬~浜吉田間運転再開「フルーティア ふくしま」移設区間を走行”. マイナビニュース. (2016年12月11日). https://news.mynavi.jp/article/20161211-a143/ 2018年2月19日閲覧。 
  8. ^ “のってたのしい列車に乗りに行こう”. 東日本旅客鉄道. (2019年1月22日). https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190113.pdf 2019年1月22日閲覧。 


外部リンク[編集]

フルーティアふくしま - JR東日本仙台支社