きらきらみちのく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
きらきらみちのく
ジョイフルトレインのき・ら・き・らみちのく
ジョイフルトレインのき・ら・き・らみちのく
運行者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
運行区間 八戸駅 - 大湊駅
経由線区 東北本線大湊線
使用車両 キハ48形気動車
八戸運輸区
運行開始 2002年
運行終了 2010年11月28日
備考 2009年10月現在のデータ
テンプレートを表示

きらきらみちのくとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)がかつて八戸駅 - 大湊駅間で運行していた臨時快速列車の愛称である。非電化区間の大湊線に入線したため気動車で運行された。

運行概況[編集]

八戸駅で東北新幹線に接続し、青森県南部地方下北地方を結んでいた。車両は、キハ40系を改造した専用車両「きらきらみちのく」を使用していた。運転開始当初は全車指定席であった。列車名・車両名は「きらきらみちのく」であるが、車両のロゴタイプは「き・ら・き・ら みちのく」と、中黒が挿入される表記を使用していた。

2010年11月28日の「さよならきらきらみちのく下北号」をもって運行を終了し、当列車に使用されていた車両はリゾートうみねこに転用された。

運行区間は下記のとおりに変化している。

  • 2002.7 - 2002.11:八戸駅 - 大湊駅 - 蟹田駅 - 八戸駅間
  • 2002.12 - 2003.??:八戸駅 - 大湊駅 - 三厩駅 - 八戸駅間
  • 2003.?? - 2004.3:八戸駅 - 大湊駅 - 青森駅間(土曜日運転)、浅虫温泉駅 - 三厩駅間(日曜日運転)
  • 2004.4 - 2005.6:八戸駅 - 大湊駅 - 青森駅 - 八戸駅間
  • 2005.7 - 2006.12:八戸駅 - 大湊駅 - 青森駅間
  • 2007.3 - 2010.11:八戸駅 - 大湊駅間

車両設備[編集]

車体側面の塗装


停車駅[編集]

きらきらみちのく下北号

沿革[編集]

  • 2002年平成14年)
    • 7月5日:運転開始[1](八戸駅 - 大湊駅 - 蟹田駅 - 八戸駅間)。
    • 12月1日津軽線三厩駅への乗り入れ開始。
    • 12月:「ふるさと下北号」八戸駅 - 大湊駅間1往復、「ふるさと野辺地号」八戸駅→野辺地駅間下り1本がそれぞれ運転される。
  • 2003年(平成15年)
    • 1月:「思い出野辺地号」が野辺地駅→八戸駅間上り1本、「思い出下北号」1往復がそれぞれ運転される。
    • 12月 - 2004年(平成16年)1月:「ふるさと下北号」を八戸駅 - 大湊駅間で運転(以後毎年運転)。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月:運行区間のうち、津軽線への乗り入れを終了。
  • 2005年(平成17年)
    • 7月:ダイヤ変更、八戸号の運転を中止。
    • 8月2日 - 8月7日:「きらきらみちのくねぶた号」運転(全車自由席、以後毎年運転)。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日:運行区間が八戸駅 - 大湊駅間となり、青森号の運転を中止。
  • 2008年(平成20年)
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)
    • 4月29日リゾートうみねこ運転開始。当初は4月23日運転開始予定だったが地震の影響で東北新幹線が部分不通になったために全線復旧した4月29日に運転を開始。しかし八戸線にも不通区間があるために八戸~階上での運転(定期普通列車:主に土曜・日曜等を中心とした、八戸発437Dおよび階上発442D運用)となる[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「鉄道記録帳」、『RAIL FAN』第49巻第10号、鉄道友の会、2002年10月号、 22頁。
  2. ^ 2010年12月ダイヤ改正」(9 - 10ページ目に記載) (PDF) 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース、2010年9月24日[リンク切れ]
  3. ^ “春の増発列車 運転計画と一部運転取り止めについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道盛岡支社, (2011年4月22日), p. 3, オリジナル2011年5月19日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110519153139/http://jr-morioka.com/pdf/press/pdf_1304650301_1.pdf 2018年1月7日閲覧。 

外部リンク[編集]