おばこ (鉄道車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おばこ(旧塗装)

おばこは、日本国有鉄道(国鉄)・東日本旅客鉄道(JR東日本)が1984年(昭和59年)から2006年(平成18年)まで保有していた鉄道車両気動車)で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

車両[編集]

いずれの車両もキハ28形・キハ58形気動車より改造されており、キロ59形500番台とキロ29形500番台である。改造は土崎工場が担当した。

  • 1号車 キロ59 501
  • 2号車 キロ29 501
  • 3号車 キロ59 502

沿革[編集]

秋田地区の団体臨時列車用として改造された。当初は「こまち」の名称で運用されていたが、秋田新幹線開業に伴い「おばこ」に改名した。「おばこ」とは、辞書によると東北地方で、少女や娘、あるいは、跡取り以外の娘、未婚の女性や妹を意味するとされる。

関連項目[編集]