四季彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「四季彩」旧塗装
「四季彩」旧塗装
「四季彩」新塗装
「四季彩」新塗装

四季彩(しきさい)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2001年から2009年まで保有していた鉄道車両で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

概要[編集]

青梅線沿線のイメージアップを目的に豊田電車区(現・豊田車両センター)で訓練車として使用されていた201系4両編成1本(クハ201-134+モハ201-263+モハ200-263+クハ200-134)を展望型電車に改造し、2001年8月4日より運転を開始した。その後、愛称の公募が行われ、同年11月23日「四季彩」(しきさい)の愛称が付けられた。改造内容を以下に示す。

  • 座席配置ならびに側面窓の一部を変更
    • 多摩川側の側面窓を2段窓から固定式の1枚窓に改造[1]
    • 奥多摩寄りのクハ200-134はすべての座席を川側に向け、その他の3両は川側にクロスシートを設置[1]
    • テーブルを兼ねた荷物置台の設置[1]

塗色[編集]

  • 愛称の通り1両ずつ季節をテーマとしたデザインを採用。
  • 旧塗色 奥多摩方から、
    • (クハ200-134):アイスグリーンをベースに緑色濃淡の帯、桜
    • (モハ200-263):水色をベースに青色と青緑色の帯、ひまわり2004年7月よりレンゲショウマ
    • (モハ201-263):ベージュをベースに茶色と橙色の帯 、紅葉
    • (クハ201-134):すみれ色をベースに灰色と紺色の帯 、雪の結晶
  • 新塗色 2005年のリニューアル後は、編成で塗色を統一した。白色をベースに、多摩川の流れを表現した青色の横ラインが車体下半分に施された。また、季節が逆転し、絵柄が青梅線沿線にちなんだものに変更された。奥多摩方から、

沿革[編集]

  • 2001年:大井工場(現・東京総合車両センター)で改造され、7月30日に出場、8月1日には高尾駅開業百周年記念イベントで展示された。 8月4日に青梅駅で出発セレモニーが行われ、「展望電車」として営業運転を開始した。当日は青梅~奥多摩を数往復したのち、奥多摩発立川行きで運用を終了した。その後は土休日に青梅線立川~奥多摩、五日市線拝島武蔵五日市の定期列車として運転。11月23日に一般公募により「四季彩」と命名。併せて当初より予定していた車輌毎に異なるデザインのシールが貼り付けられ、ヘッドマークも取り付けられた。同年12月ダイヤ改正より、青梅線のみの運用になり、五日市線での定期運用は消滅。
  • 2002年10月12日から、南武線川崎から奥多摩までを結ぶ「川崎-奥多摩ハイキング号」での運転を開始。(以前は中原電車区所属103系)
  • 2003年6月14日、「塩山駅山梨市駅石和温泉駅甲府駅開業100周年記念」イベントの一環で、「やまなし四季彩号」として中央本線塩山~甲府間の2往復運転された。また、翌日の15日には甲府駅で車両展示が行われた。8月3日301系の引退イベントの一環で、高尾駅で車両展示が行われた。9月1日、前々日に発生した八高線103系の車両故障の影響で、八高線八王子高麗川の定期列車を代走。
  • 2004年:7月からモハ200-263の外装、方向幕、ヘッドマークが「ひまわり」から奥多摩に自生する「レンゲショウマ」に変更された。8月4・5日には臨時快速「四季彩高原号」を小淵沢白馬で運転。全車座席定員制で、乗車券のほか指定席券が必要であった。(改造車とはいえ、通勤型電車で指定席料金を徴収するのは珍しい。)
  • 2005年:5月8日の営業運転を最後に、旧塗色での運転を終了。6月25日に行われた「三鷹駅・電車区開業75周年イベント」で、新塗色を一般に初披露。車体外装、ヘッドマークのデザインが一新された。7月2日から青梅線内の営業運転に復帰。
  • 2007年1月27日から立川~河口湖を「四季彩河口湖号」として運転(下り列車 河口湖到着後、定期普通列車として富士急行線内を1往復運転)。4月29日から、大宮~奥多摩の「むさしの奥多摩号」での運転を開始。(以前は小山車両センター所属115系
  • 2008年5月24日篠ノ井線長野姨捨を「姨捨フォトトレイン四季彩号」として運転。
  • 2009年:1月頃、前面車体色を背景にオレンジの文字で「W1」と書かれた編成札が取り付けられた。5月23日JR東日本大宮総合車両センターで開催された「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」にて、体験試乗列車として使用された。6月11日、当車両の引退を発表[2]6月28日をもって定期運用が終了。通常のヘッドマークでの運転も最後となった。7月4・5日に三鷹~笹子(往路)、大月~三鷹(復路)、7月11・12日に立川~青梅、7月18・19・20日に立川~奥多摩で、さよなら運転を実施。前後で異なる特製ヘッドマークが取り付けられた。7月20日の運転をもって引退となった。3日後の23日、廃車のため長野総合車両センターへ回送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『RAIL FAN』第49巻第4号、鉄道友の会、2002年4月1日、 9頁。
  2. ^ 展望型電車「四季彩号」の“さよなら運転”を行ないます - JR八王子支社プレスリリース、2009年6月11日付