びゅうコースター風っこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄キハ40系気動車 (2代) > びゅうコースター風っこ
ジョイフルトレイン > びゅうコースター風っこ
びゅうコースター風っこ
びゅうコースター風っこ(風っこ奥多摩号)
びゅうコースター風っこ(風っこ奥多摩号)
運行者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
経由線区 左沢線米坂線只見線山形鉄道フラワー長井線
使用車両 キハ48形
小牛田運輸区
運行開始 2000年6月
備考 臨時列車の扱い
2012年3月現在のデータ
テンプレートを表示

びゅうコースター風っこは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2000年(平成12年)から保有している鉄道車両で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

概要[編集]

これまで、JR東日本仙台支社管内で使用されていたトロッコ貨車が老朽化と共に、運転時の入れ換え作業や保安要員の配置など運行コストの問題を抱えていた。更新する車両には、機関車が不要で運転線区や速度の自由度も高い気動車が選定され、キハ48 547・1541を種車として2000年(平成12年)に登場した。改造工事は新潟鐵工が担当した。

車体側面を大きく開口させ、外気を存分に感じることができるようにするとともに、冬季には寒気対策のために開口部にガラス戸をはめ込んだり、取り付けられたストーブを焚くことができる。また開口部の下部にはガラス戸を設置し、さらに開放感を高めている。外装は、春から夏に掛けての車窓の自然をイメージした緑(若葉)、青(川・湖)、白(雲)、黄(光)をちりばめた爽やかなものである。なお、キハ48-547はライトブラウン、キハ48-1541はグリーンを基調とした内装としている。車内には、難燃木材を使用した木製座席が設けられ、各ボックスにはテーブルが設置された。天井は骨組みを剥き出しにし、白熱灯を用いてレトロで暖かみのある雰囲気を創り出している。 なお、機関についてもDMF14HZへ換装された。

登場後は各路線のトロッコ臨時列車として使用されており、仙台支社管内はもとより、他の支社管内でのトロッコ列車でも多く使用されている。また、種車が同じである同社のみのりとの混結も見られる。

車両[編集]

いずれもキハ48形から改造したものであり、改造に伴う車番の変更はない。

  • キハ48-547
  • キハ48-1541

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]