山梨市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山梨市駅
駅舎(2006年1月) 橋上化工事に伴い2017年に解体され、2018年現在は仮駅舎とになっている。
駅舎(2006年1月)
橋上化工事に伴い2017年に解体され、2018年現在は仮駅舎とになっている。
やまなしし
Yamanashishi
東山梨 (2.1km)
(2.8km) 春日居町
所在地 山梨県山梨市上神内川1561
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 122.2km(東京起点)
電報略号 ヤシ
クヘ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,736人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1903年明治36年)6月11日
備考 業務委託駅
* 1962年に日下部駅より改称
テンプレートを表示
2005年に改修された旧駅舎は改札口上部天井付近には特産品のブドウをあしらったステンドグラスが設置されている

山梨市駅(やまなししえき)は、山梨県山梨市上神内川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。JR東日本の鉄道駅では唯一の市駅

歴史[編集]

駅構造[編集]

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。 駅舎側に単式ホーム1面1線、その奥に島式ホーム1面2線とあわせて2面3線を有する地上駅。両ホームは一つの跨線橋で結ばれている。

木造平屋建て駅舎は老朽化が進んだことから2005年平成17年)に改修された。総工費約6,000万円の内、約5,000万円を山梨市が負担し、デザインコンセプトを「自然の恵みと文化の香りが調和した街=フルーツ・ガーデン・シティ」としており、木目調の外壁や西欧風本葺き形瓦の採用など、甲府盆地とその周辺景観との調和を考慮した外観となっている[2]2017年(平成29年)8月28日、JR東日本八王子支社および山梨市から鉄骨造の地上3階建の橋上駅舎を建設し、南北間の自由通路を設置することで南側からのアクセスを向上させることが発表された[1][3]。現駅舎は解体され、2020年度に新駅舎が供用される予定である。

特急列車は一部の臨時を除く全ての「かいじ」が停車する。ダイヤによっては普通列車との緩急接続も行われる。 指定席券売機、自動改札機設置駅。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 中央本線 上り 大月八王子新宿東京方面[4]  
2 下り 甲府小淵沢松本長野方面[4] 待避列車
上り 大月・八王子・新宿・東京方面[4]
3 下り 甲府・小淵沢・松本・長野方面[4]  

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員1,736人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,948 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,959 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,920 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,887 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,876 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,858 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,829 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,810 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,793 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,793 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,770 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,748 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,814 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,838 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,794 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,809 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,783 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,788 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,736 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

山梨市の中心部。駅前広場が整備され、山梨市営バスタクシーが発着する。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
山梨市駅   西沢渓谷線 山梨市役所前・窪平・山梨市役所三富支所・天科 西沢渓谷入口 山梨市営バス 恵林寺訪問にも至便
  山梨厚生病院
南方向巡回 上栗原・日川高校・南中入口 山梨市駅 山梨市営バス
上栗原・日川高校・南中入口・大野 山梨市駅
旧山梨市役所・山梨厚生病院・小田屋・山梨市駅  
正徳寺・小田屋・山梨厚生病院 山梨市駅
  山梨厚生病院
山梨市役所・老人健康福祉センター・東後屋敷・東山梨駅 老人健康福祉センター
山梨市役所 老人健康福祉センター
北方向巡回 山梨市役所・八幡神社・水口 戸市 山梨市営バス
山梨市役所・東山梨駅・七日市場・藤の木団地 山梨市駅
山梨市役所・老人健康福祉センター・八幡神社・水口・江曽原・山梨市駅  
山梨市役所 老人健康福祉センター
笛吹川フルーツ公園線 フルーツ公園 フルーツセンター 山梨市営バス

隣の駅[編集]

※特急「かいじ」の隣の停車駅は列車記事を参照。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
中央本線
東山梨駅 - 山梨市駅 - 春日居町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b “中央本線山梨市駅橋上駅舎が着工/南北を結び利便性向上”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2017年9月7日) 
  2. ^ 交通新聞 2005年12月20日付記事
  3. ^ “JR東日本、山梨市駅を橋上駅舎に建て替えへ 2020年度完成を予定”. railrab. (2017年8月28日). https://raillab.jp/news/article/1694 2018年1月6日閲覧。 
  4. ^ a b c d 駅構内図(山梨市駅)”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月3日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月10日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]