韮崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
韮崎駅
駅舎(2005年12月)
駅舎(2005年12月)
にらさき
Nirasaki
塩崎 (4.3km)
(4.2km) 新府
所在地 山梨県韮崎市若宮一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 147.0km(東京起点)
電報略号 ニラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,682人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1903年明治36年)12月15日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

韮崎駅(にらさきえき)は、山梨県韮崎市若宮一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

特急「あずさ」の一部が停車する。

歴史[編集]

昭和戦前期の韮崎駅と少年たち

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線をもつ地上駅。かつてはスイッチバック(現駅舎の奥で本線と離れている)があったが、複線化に際して本線上にホームを設置し、スイッチバックは廃止された。ホームは駅舎などより高い位置にある。ホームから駅舎へ行くには地下道を少し下る。

ホームは、12両編成相当の長さがある。勾配の区間にホームが設けられているため、小淵沢寄りに向かって線路とホームは緩い上り坂となっている。甲府寄りに階段、小淵沢寄りにエレベーターがある。小淵沢方に引き上げ線が、甲府方に本線と平行に設置された待避線がある。甲府駅 - 当駅間の区間列車が設定されている。甲府方にも小淵沢方にも折返しが可能である。のりばは駅舎側が1番線、反対側が2番線である。上り線のホームの長さは322mあり、八王子支社の管轄の中では一番長い。

駅舎はコンクリート2階建て。2階部分がホームと同じ高さで職員専用の通路が2階からホームに伸びている。旅客の入ることができるのは1階のみで、待合所のほかにみどりの窓口・指定席券売機・自動改札機・自動券売機が設置されている。

丸政立ち食い蕎麦屋も駅舎に入居している。観光案内所は駅前にある韮崎市民交流センターに移転した。直営駅駅長配置)であり、管理駅として新府駅穴山駅を管理している。

発車メロディテイチク製の曲を使用している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 中央本線 下り 小淵沢松本方面
2 上り 甲府大月新宿方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は2,682人である[利用客数 1]。山梨県内では甲府駅大月駅上野原駅石和温泉駅に次いで第5位である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,707 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,676 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,573 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,504 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,540 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,490 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,499 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,522 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,587 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,576 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,608 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 2,622 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,621 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,686 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,539 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,540 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,582 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,682 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

韮崎駅周辺の空中写真(1976年撮影)。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

韮崎市の代表駅であり駅周辺は韮崎市の中心部である。駅のホームから市役所が見える。駅前には広場が整備され、大規模な商業施設などが進出している。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
韮崎駅 1 クリスタルライナー 京都駅八条口大阪駅前近鉄なんば駅西口 あべの橋駅 山梨交通
近鉄バス
昼行1本、夜行1本
夜行はUSJまで運転
08 韮崎市立病院韮崎営業所塩崎駅・敷島仲町・千塚・湯村温泉入口・一高前 甲府駅 山梨交通
韮崎市立病院   韮崎営業所 山梨交通
35 韮崎工業高校・竜岡中央公民館・六科・野牛島・竜王新町山梨県立美術館・貢川・県民文化ホール 甲府駅 山梨交通
竜岡線 船山橋 竜岡中央公民館 韮崎市民バス
    韮崎市立病院 韮崎市民バス
2   韮崎高校・絵見堂・北杜市役所・百観音・若神子上 増富温泉郷 山梨交通
韮崎瑞牆線 クララ館・みずがき湖ビジターセンター・増富温泉郷 みずがき山荘 山梨峡北交通 春 - 秋運転
韮崎深田公園線   深田記念公園 山梨峡北交通 春 - 秋の土休日運転
3   韮崎市役所・祖母石上・穴山橋・牧の原・道の駅はくしゅう 下教来石下 山梨交通
円野線 韮崎市役所・鍋山下・武田・折居 上円井上 韮崎市民バス
4   韮崎高校・文化ホール入口・絵見堂・明野総合支所・浅尾 仁田平 山梨交通
穂坂線 韮崎高校・韮崎インター入口・穂坂小学校 柳平 韮崎市民バス
社会福祉村線 韮崎市役所・鍋山下・鍛冶屋・県立北病院 社会福祉村 韮崎市民バス
  鳳凰三山路線バス 御座石温泉 青木鉱泉 山梨中央交通 季節運行

隣の駅[編集]

※当駅に一部が停車する特急「あずさ」(臨時運行の「かいじ」)の隣の停車駅は列車記事を参照。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
中央本線
塩崎駅 - 韮崎駅 - 新府駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 韮崎駅がより快適な駅に生まれ変わります (PDF)”. 東日本旅客鉄道八王子支社 (2018年2月15日). 2018年3月7日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]