会津漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会津漆器(あいづしっき)は、福島県会津地方に伝わる伝統工芸品の一つ。

国の伝統工芸に指定されている。歴史的には津軽塗輪島塗よりも早くから盛んとなった。螺鈿漆絵乾漆蒔絵花塗りなど多岐にわたる技法がある。木材は、トチ紅葉ケヤキ・赤ケヤキ・ホオサクラなどがある。以前にはブナが使われた。[1]会津若松市内の門田地区の漆器団地には、漆器屋・漆屋・木地屋などがある。

歴史[編集]

  • 16世紀後半に当時の領主である蒲生氏郷近江国日野から日野椀の木地師と塗師を招き、会津漆器の基礎を作り上げた(これ以前にも木地師は存在したが、需要を満たすほどではなかった)
  • 1630年頃には、漆器の製造が盛んになり江戸への移出が始まった
  • 1666年頃には、大規模な産業にまで発展していた
  • 会津藩政時代には、技術革新に熱心に取り組み、中国(当時の清)やオランダなどへも輸出された[1]
  • 明治維新で大きな打撃を受けたが、最早産地として復興が行なわれた。[1]
  • 昭和初期には、海外への輸出品として重要視された
  • 戦後、プラスチック漆器の製造に成功し好況を迎えたが、生活の洋風化により売上げに陰りが見え始めた

会津漆器技術後継者訓練校[編集]

現在、売上高の減衰のほかに、後継者の育成など大きな問題を抱えている。その為、新製品の開発、新たな漆の開発のほかに、職業能力開発校の運営・後継者の育成事業などを行なわれていた。

会津漆器技術後継者訓練校は、1971年に、会津漆器協同組合連合会などが後継者養成所として開設された施設で、2003年には、県知事の認定を受け、認定職業訓練による職業能力開発校になっていたが、2010年に、新年度の入校生募集を中止した。今後しばらくは修了生の支援に力を入れる方針に転換している。

特徴的な技法・装飾[編集]

前述の通り幅広く漆の技法を行っているため特に特徴的なものを記載する。

花塗
上塗りの後研磨を行わないで仕上げる。一般に研磨したものより塗膜は堅牢で傷つきにくい。無油系の漆を使用した場合真塗りとも。
変り塗(かわりぬり)
卵白タンパク質を加えた漆(通常より粘度が高くなる)を塗り、籾殻煙草の葉等で凹凸をつけ塗り重ねた後に平らに研いで模様を出す。研ぎ出し塗りとも呼ばれ津軽塗若狭塗が一般には広く知られているが、籾殻で金色の虫喰い模様を出したものをこの産地特有の金虫喰(きんむしくい)塗りと呼ぶ。
会津絵
松竹梅破魔矢糸車を配した伝統的な図案。同じ東北地方の秀衡塗と類似点が見られる。
錦絵
明治時代発案で雲形に牡丹鳳凰・松竹梅・を配した図案。
朱磨(しゅみがき)
黒塗りの器物に漆で図案を均一に描き朱の色粉を蒔き付け、完全に乾く直前に磨き上げて色彩を出す技法。器物の大部分が朱色になるほど大胆な図案が多い。またその殆どが菊桐模様となっている。
鉄錆塗(鉄錆蒔絵)
下地に用いられる錆漆(生漆と砥粉を混合したもの)を器物全面に施して仕上げたもの。鋳物のような重厚な仕上りになる。粘度の低い錆漆で錆絵を描く。梅と鶯模様が多い。明治・大正にかけて盛んに製造されたんですよ

新たなる技術[編集]

新技術の一例を以下に示す

  • 再生ペット樹脂を使用した電子レンジ食器洗い機で使用できる漆器
  • 環境を選ばずに乾燥するうえに乾燥時間がたいへん短い漆
  • 手びねりで造型できる漆粘土

規模[編集]

  • 企業数 336社
  • 従業員数 1767人

脚注[編集]

  1. ^ a b c 横浜市商工課 1貢

参考文献[編集]

  • 横浜市商工課 編 「横浜商工彙報. 第21」1925年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]