津軽漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津軽塗から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
津軽塗の食器

津軽漆器(つがるしっき)は、津軽地方で生産される伝統的漆器[1]1873年明治6年)以降、津軽塗(つがるぬり)と呼称される[1]唐塗(からぬり)とも称される[2]。1975年、経済産業大臣指定伝統的工芸品に選ばれ、2017年には国の重要無形文化財に指定された。

歴史[編集]

江戸時代中期、弘前藩第四代藩主津軽信政が津軽の産業を育成するため、全国から多くの職人・技術者を弘前に招き、若狭国出身の塗師池田源兵衛を召し抱えたのが始まりとされる[1]1676年延宝4年)頃には、既に弘前城内の一角に塗師の作業場があった[1]弘前藩庁日記、または御国日記[3]正徳5年(1715年)1月7日には「唐塗り」が、翌年7月12日には「霜降塗」・「利久唐塗」・「松葉いろいろ」・「唐塗」・「色紙塗」・「紋虫喰塗」の名前が挙げられており、独自の塗り方が多く考え出されたことがうかがえる。

弘前藩で発達した漆器は様々な調度品に用いられたが、1871年明治4年)の廃藩置県以後は、津軽塗への藩による保護政策が失われ、津軽漆器は一時衰退する[1]。だが、藩に代わって県が助成を始めたこと、士族や商人による漆器の製造所や組合組織が結成されたことで、津軽の漆器産業は息を吹き返し、1873年(明治6年)に開催されたウィーン万国博覧会には、青森県が「津軽塗」の名前で漆器を出展して賞を受けている[1]。これ以降「津軽塗」という名前が一般的となる[1]。その後、大正時代まで津軽塗産業は大衆化を推し進めるが、1929年(昭和4年)の世界恐慌や第二次大戦中の経済統制によって、大きな打撃を受ける[1]

1975年(昭和50年)経済産業大臣指定伝統工芸品に選定される[1]

2017年、重要無形文化財に指定される[4]

特徴[編集]

津軽塗の土台となる木地には青森県特産のヒバが使用される[2]。研磨と塗りを繰り返して下地がしっかりしたところで、津軽塗独特の「シカケ」と「サイシキ」が施され仕上げられる[2]。四十数回の工程と2カ月余の日数を費やして作られる馬鹿丁寧さのため、「津軽の馬鹿塗り」との異名を持つ[2]

唐塗・七々子塗・錦塗・紋紗塗の4種類の技法を基本として[5]、仕掛け漆(絞漆)や種漆を用いる各種の研出変り塗が特徴である[4]。また、複数の技法を併用したり文様を描き加えたりすることによって、華やかな色彩や質感を活かした無数の表現が可能となる[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 津軽塗について|津軽塗|青森県漆器協同組合連合会”. www.tsugarunuri.org. 2020年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 伝統工芸の詳細 - 弘前市”. www.city.hirosaki.aomori.jp. 2020年11月2日閲覧。
  3. ^ おくににっき、弘前藩の官職が書いた日誌。御国日記は他藩にも存在した
  4. ^ a b c 祝 本県初・重要無形文化財「津軽塗」 - 青森県庁ホームページ”. www.pref.aomori.lg.jp. 2020年11月2日閲覧。
  5. ^ 津軽塗の塗模様|津軽塗|青森県漆器協同組合連合会”. www.tsugarunuri.org. 2020年11月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 長谷川成一著、「弘前藩」、吉川弘文館、2004年、ISBN 4-642-06662-4
  • 中嶋繁雄著、「大名の日本地図」2003年、文藝春秋

関連項目[編集]

外部リンク[編集]