桜川・筑西ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
常磐高速バス > 桜川・筑西ライナー
桜川・筑西ライナー

桜川・筑西ライナー(さくらがわ・ちくせいライナー)は、茨城交通が運行する高速バス[1]。主に常磐自動車道を経由して東京都茨城県筑西市桜川市とを結ぶ。

概要[編集]

IMG 桜川筑西ライナー広告.jpg

2023年1月現在、全便運休中である。

東京駅鍛冶橋駐車場と筑西市桜川市を結ぶ路線として2019年7月23日に運行を開始[1][2]。1日3往復運行[1]。桜川市内は岩瀬駅、岩瀬中央公民館入口、ゆららの湯、筑西市内は道の駅グランテラス筑西下館駅南口に停車する。上り東京方面行きでは八潮PA(TX八潮駅)でも降車可能[1]。ハイウェイバスドットコム、茨城交通高速バス予約センターで予約受付、JTB HTA取扱コンビニ予約・決済可能。

新型コロナウイルスの影響で2020年8月3日より全便運休となり[3]、2023年1月時点で再開のアナウンスはない[4]

運賃は筑西市内2,000円(小児1,000円)、桜川市内2,200円(小児1,100円)である[要出典]

運行会社[編集]

運行経路[編集]

停留所一覧[編集]

東京都内および茨城県内のみの乗車はできない[要出典]

運行回数[編集]

全便運休中

IMG 桜川筑西ライナー時刻表.jpg
  • 平日・土曜・休日ともに朝上り3便・夕下り3便。

歴史[編集]

年表[編集]

乗車券類・割引[編集]

2枚チケット[編集]

車内にて2枚チケット(筑西市内3,800円、桜川市内4,200円)を購入することができる。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d [高速バス] 高速バス桜川・筑西ライナー開業のお知らせ”. 茨城交通 (ibako.co.jp). 茨城交通株式会社 (2019年7月17日). 2023年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月26日閲覧。
  2. ^ “高速バス「桜川・筑西ライナー」運行開始 東京から下館駅、岩瀬駅へ直通 茨城交通”. 乗りものニュース. (2019年7月23日). https://trafficnews.jp/post/88094 2019年7月27日閲覧。 
  3. ^ a b 8月3日より高速バスの運休便を追加します”. 茨城交通 (ibako.co.jp). 茨城交通株式会社 (2020年7月28日). 2023年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月26日閲覧。
  4. ^ 【高速バス】高速バス・空港バスの運行について”. 茨城交通. 2023年1月2日閲覧。
  5. ^ 桜川筑西ライナー線の予約制を廃止します”. 茨城交通 (ibako.co.jp). 茨城交通株式会社 (2019年11月15日). 2023年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]