日立チェーンストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日立チェーンストール(ひたちチェーンストール、Hitachi Chain Store)は、日立製作所ほか日立グループ各社の電化製品を取次・販売する電器店の名称である(店舗によってはパナソニック・ソニー・シャープJVCケンウッド等の他社製品も併売)。

概要[編集]

取次担当は日立コンシューマ・マーケティング株式会社。

2015年12月現在は全国に約5,000店が存在するが、量販店の進出・電気工事業への専業化・後継者不足などから、その数は減少の一途を辿っている[1][2][3]。また本業の売り上げが落ち込んでいる店舗ではクリーニング店チェーンとフランチャイズ契約を結び、その取次店を兼務するケースもある[4]

多くの店舗はハウステック(旧・日立ハウステック)取次店となっており[5]、新築・リフォームの相談にも気軽に応じている(一部地域ではハウステックではなくタカラスタンダードTOTOを取り扱っている)。また日立家電サービス技術認定店には修理技術者がいるため、量販店よりも迅速かつ柔軟に対応してくれる場合が多い。但し自店購入客へのアフターサービス強化の為、他店購入品及び他社製品の持ち込み修理を断っている店もある。

よく似た日立グループの特約店チェーンとしては、日立ポンプストール・日立電動工具ストールなどがあり、かつて看板社用車のペイントなどが統一デザインだった時期もあった。

かつては日立チェーンストールよりも販売量の少ない「日立ファミリー店」なる特約店も存在した。

なお(日立リビングサプライ・日立コンシューマ・マーケティング両社の経営統合に伴い)「日立お店ナビ」は2014年10月1日にトップページがリニューアルされ、「お役立ちメニュー」各項目のより詳しい解説が新設された。

他社製品との兼ね合い[編集]

近年は日立製作所・日立グループの取り扱い(自社生産)製品が減っている現状から、おもに日立リビングサプライ[6]扱いの商品カタログである「フラメール」に掲載されている商品と並行して他社製品を扱い始める店も少なくない。詳細は日立リビングサプライ公式サイト「フラメール」項を参照のこと。

パナソニック・NECライティングツインバード工業アイリスオーヤマ製品を主に販売。
パナソニック・タイガー・象印・アイリスオーヤマ製品を販売。
  • スリム環型蛍光灯&Hf蛍光灯:発足当初より非生産(日立ライティングが現在自社生産している蛍光灯は通常の直管型&環型「きらりUV」シリーズと白色普及型「ハイホワイト&サンライン」シリーズのみ)
パナソニック「スリムパルックプレミア」シリーズ、NECライティングホタルックスリム」シリーズ、東芝ライテック「メロウZスリムプライド」シリーズを販売。
パナソニック「パルックボール」シリーズ、NECライティング「コスモボール」シリーズを主に販売。

販促活動[編集]

  • きになる日立の気になるフェア
ボーナスシーズンに開催(年2回、地域により複数の日立系列店が集結しホール等を借りて行う「合展」方式と各店で個別に行う「個展」方式の二通りある)。通常よりも安い価格で提供されるいわゆる大売出しであり、かつては「日立ふれあい感謝デー」「わくわくフェア」などの名で行われていた。しかし最近は(パナソニックショップなど他社系列電器店へ顧客が流れた事による日立系列店顧客減少などにより)日立フェアの客足が全国的に伸び悩んできており、加えて廃業・他社系列電器店鞍替えなどで日立系列店自体も激減している事から「きになる日立の気になるフェア」合展を廃止する地区が急増している。
  • 各製品のカタログの他に、家電品総合(日立特選品)カタログ「ふぁみーゆ」と日立系列店情報誌「日立の樹」、さらに日立リビングサプライと日立ライティングが合同で作成した特選品カタログ「フラメール」が配布される(但し「日立の樹」については日立系列店全店に置かれているとは限らないので、日立公式サイト内「日立のお店検索」項において「日立の樹」配布店にはその旨を示すアイコンを各店「お役立ちメニュー」項に表示)[11]
  • 1970年代以前に開店した店舗には、カラーテレビキドカラーマスコットキャラクター・「ポンパ君」の像があった。
  • 20092010年度にかけては、系列店経由によるオール電化関連商品の拡販に力を入れ、これに伴い意欲ある日立系列店の販促支援を強化していく[12]。量販店に流れがちの客を系列店へ取り戻すべく、開業から30余年を経て大規模改装をした店舗もある。
  • 2012年10月より、Tポイントを順次導入開始[13]。すべての店舗での導入ではない。

全国の日立チェーンストール検索画面[編集]

  • 全国に約5千店ある日立チェーンストール各店は、「(各都道府県ごとに探す)地図検索」・「(目的の店舗名・市区町村名などを入れる)キーワード検索」・「特定のお役立ちメニューアイコン掲載店のみを抽出する)絞り込み検索」、以上3通りの方法で検索可能。なお各店舗並び順は都道府県ごとに分類された順不同で市区町村ごとには細分化されていないので、特定の市区町村のみにある店舗を表示させたい場合は「キーワード検索」を併用する。
  • 日立チェーンストール各店プロフィール項の「Map」ボタンをクリックすると、当該店舗の場所を示す地図画面が別ウィンドウで開く(地図画面作成は住宅地図の国内大手「ゼンリン」が担当。同社は「東芝ストアー」・「三菱電機ストアー」・「ソニーショップ」各店舗の場所を示す地図作成も担当)。
  • 日立チェーンストールはパナソニックショップとは異なり、意欲ある店舗のみを公平に販促支援する(「スーパーパナソニックショップ」型の)制度を設けていないため、日立系列店として登録されている店舗は基本的に業績に関係なく日立チェーンストールサイトへ全て掲載される(但し「お役立ちメニュー」アイコン数は各店舗の販売・施工実績により決定され、全てのアイコンが掲載されるとは限らない)。なお業績不振・経営者の高齢化・後継者難などにより(所轄の日立コンシューマーマーケティング各支社へ)廃業届けを出したり、他社系列電器店へ鞍替えした店舗は日立チェーンストール検索サイトより削除される。

看板及び営業車のデザイン[編集]

  • 営業車には日立公式サイトと同一デザインの日立グループ共通スローガン「HITACHI Inspire the Next」ロゴと各店の店名ロゴが車体の側面ドアと後面(荷台のあおり部分)に描かれている[14]。なお店名ロゴのみを表記したり、新車購入当時の無地のままとしている店舗もある[15]。また新車への買い換えを機に車体への「HITACHI」ロゴ記入を廃止したり、既存の営業車についても車体の「HITACHI」ロゴ&店名ロゴを削除する店舗もある。
  • 各店の看板は「日立チェーンストール」・「日立の家電品」・「日立ルームエアコン」・「日立カラーテレビ」など複数バージョンあり、現在は青や白を基調とした看板が主体(店舗外壁は黄色を基調としたデザインが大半)。黄色を基調とした「日立チェーンストール&日立グループシンボルマーク」の旧デザイン看板を掲げている店舗も少数ながらある他、壁面看板には日立グループCM「日立の樹」をかたどったシンボルマークも併せて(「HITACHI」ロゴ及び各店の店名ロゴ隣に)掲げている店舗もある。さらにクリーニング取次店を兼務している店舗ではフランチャイズ契約を結んでいるクリーニング店チェーンの看板も併せて掲げている他、店舗によってはオレンジ地に白文字の「HITACHI オール電化ステーション」看板も併せて掲げられている[16]。なおシャッターに「HITACHI」ロゴを書いている店舗は皆無で、殆どの店舗は店名ロゴのみを書くか無地のままとしている(シャッターを設けず店休時は内部のブラインド又はカーテンを閉める店舗もあり)。
  • 各店正面入口には、日立チェーンストールのイメージキャラクターとしてかつて用いられていた「ポケットモンスター」のポスターが掲げられていた(下部には各店の営業時間・定休日を表記)。
  • 経営者の高齢化&後継者難や売り上げ減少などにより(他社系列の電器店へ鞍替えせずに)廃業した(所轄の日立コンシューマーマーケティング支社へ廃業届が出された)店舗では、店名ロゴや「HITACHI」などの看板を全て外している。

その他[編集]

  • 顧客が遠隔地へ引っ越すためこれまでのかかりつけ日立チェーンストールからのアフターサービスが受けられなくなる場合、転居先にある日立チェーンストールを紹介してもらえる場合がある[17]
  • 日立コンシューママーケティングでは日立チェーンストール従業員募集も行っており、配属先日立チェーンストール店舗で長年の実績が認められれば、将来独立して「日立チェーンストール」自前店舗を新規開業出来る可能性が開ける[18]。なお「日立お店ナビ」では日立チェーンストール従業員募集及び先輩従業員の様子をYouTube動画で公開中。
  • 日立チェーンストールでは、全国各地の日立系列店従業員で構成する同業組織「日立フューチャークラブ(HFC)」が結成されており、会員懇談会が各地区ごとに年に数回開催されている[19]

CM[編集]

  • 日立のCMでは「日立のお店編」が放送されている他、地域によっては日立チェーンストール各店及び日立コンシューママーケティング各支社が個別にCM料金を自己負担する形で店舗(日立チェーンストール各店)及び「きになる日立の気になるフェア」CMが放送される場合もある。なお日立CM「日立のお店編」は日立公式サイト内「日立のお店ナビ(全国の日立チェーンストール検索)」項でも動画配信中[20]
  • かつては「きになる日立の気になるフェア」や「日立ふれあい感謝デー」の全国共通テレビCMも放送されていた。しかし近年は廃業する系列店増加と合展参加店減少により開催規模が年々縮小されているため、現在「きになる日立の気になるフェア」の全国共通テレビCMは(パナソニックフェアとは異なり)放送されていない。
  • 日立製薄型テレビWooo」のCMはかつて(親会社「日立製作所」が自社生産していた頃は)頻繁に放映されていたが、日立がTV自社生産より撤退して(「HITACHI」ブランドTV生産を)海外メーカー委託に切り替え、その販売元を子会社「日立コンシューマーマーケティングリビングサプライ社」へ移行後「Wooo」のCMは放映されず、さらに量販店の店頭からも消え、「Wooo」は現在日立チェーンストールでの販売が中心となっている。

注釈[編集]

  1. ^ 日立製作所及び日立グループ各社も家電部門については近年の業績低迷によりリストラ・組織再編を余儀なくされており、日立チェーンストールの販促支援を担当する「日立コンシューマ・マーケティング」についてもリストラや希望退職者募集による社員削減で販促活動を行う要員が減らされ、効率的な販促支援活動が行いにくくなってきている。
  2. ^ 公式には日立チェーンストールを脱退していなくても(日立コンシューマーマーケティング各支社へ日立系列店脱退届を出さない場合でも)、店舗外観改装を機に「HITACHI」ロゴ及び日立グループシンボルマークを外して当該店の店名ロゴのみとする店舗も続出している。
  3. ^ 東日本大震災による津波で被災した岩手宮城福島3県沿岸部では、プレハブ仮店舗で営業している日立チェーンストールもある。
  4. ^ 「日立チェーンストール」・「HITACHI」の看板を掲示していても、これまで本業としていた電器店部門は(売り上げ減や体力の限界などを理由に)廃業してクリーニング取り次ぎのみの営業へ切り替えた店舗もある。
  5. ^ 元々日立化成の事業であった名残。
  6. ^ 「2014年10月1日を以て、日立リビングサプライは日立コンシューマ・マーケティングと経営統合する」旨が同年7月28日に社(日立リビングサプライ)サイト上で公式発表され、10月1日を以て社名が「日立コンシューマ・マーケティング株式会社(内における社内分社会社)リビングサプライ社」へ変更された。
  7. ^ 日立製「Wooo」現行モデルは(パナソニック「ビエラ」のOEMとなっている)4K対応「L65-Z2」以外、全て三菱電機「リアル」のOEMとなっている。
  8. ^ これまでパナソニックOEMのBDレコーダーを生産していた日立リビングサプライ(現:日立コンシューマーマーケティングリビングサプライ社)は(2012年モデル「DVL-BRT12」を最後に)BDレコーダー販売を終了し、2013年以降は「HITACHI」ブランドBDレコーダー新製品を発表しなくなった。このため現在BD/DVDレコーダーは関連会社「日立マクセル」製の「アイヴィブルー」と(日立「Woooリンク」と同一規格のHDMI連動機能「ビエラリンク」を採用した)本家であるパナソニック「DIGA」が供給されている(但し電子番組表デザインは「Wooo」と「DIGA」で大きく異なる。パナソニックOEMの4K液晶Wooo「L65-Z2」に内蔵の電子番組表はディーガと同一デザイン)。なお日立チェーンストールに置かれているディーガカタログは量販店用なので、パナソニックショップ限定モデルは(当該日立チェーンストールがパナソニックショップへ鞍替えし「スーパーパナソニックショップ(SPS)」へ認定されない限り)販売されない。
  9. ^ 2014年5月31日限りで従来型スカパー標準画質放送は終了し、ハイビジョン画質放送へと完全移行した。このためアンテナは従来品を流用可能だが、従来型スカパーSDチューナーは使用不可となっている(スカパープレミアムサービスチューナーを現在製造している国内メーカーはパナソニックと、そのOEM品を販売するマスプロ電工のみ)。
  10. ^ かつては日立リビングサプライも「HITACHI」ブランドアンテナを製造しており、「Wooo」カタログや日立特選品カタログ「ふぁみーゆ」にも掲載されていたが、日立コンシューマーマーケティングとの経営統合に伴い2014年限りでアンテナ生産より撤退した。ソニー東芝(東芝テクノネットワーク)も同時期までにアンテナ自社生産と「BRAVIA」及び「REGZA」カタログへの自社ブランドアンテナ掲載を終了したため、現在自社ブランドアンテナを販売する国内大手電機メーカーはパナソニックのみとなった(「VIERA」カタログに自社ブランドアンテナを掲載すると共に「パナソニックTV受信機器カタログ」も発行。但し現在は自社生産ではなくDXアンテナOEMに変更され、ブースター・アンテナ線・分波器・分配器・直列ユニットなどの周辺部品生産は2013年限りで終了)。
  11. ^ (創業者・経営者の子息・兄妹&その配偶者が切り盛りする形で)本店の近隣地域などへ支店を展開している日立チェーンストールの場合、「ふぁみーゆ」及び「フラメール」への掲載商品価格は本店・支店共通となっており(但し輸送コスト=仕入れ代の違いから販売価格は店舗・地域により異なる)、またカタログ表紙には本店・支店両方の店名ロゴ・住所・電話&FAX番号が書かれている。
  12. ^ 2009年10月7日付、日経産業新聞20面=最終面記事にて報道。パナソニックショップも同時実施
  13. ^ 日立のお店「日立チェーンストール」でTポイントサービス開始2012年8月6日
  14. ^ 日立コンシューマ・マーケティング各支社の営業車にも(日立チェーンストール各店の営業車同様)「HITACHI Inspire the Next」ロゴが車体に描かれている(但し「日立コンシューマ・マーケティング」の社名表記は無し)。
  15. ^ 本店の近隣地域などへ支店を展開している店舗の場合、営業車は(「HITACHI Inspire the Next」ロゴと本店・支店の各店名をそれぞれ車体に印字し)本店と支店とで(相互乗り入れや出張をさせず)別々の運用としている(本店から支店へ出向する従業員や店休日に本店のある地区へ戻る支店経営者の本店・支店相互間移動手段は、各人が所有する自家用車を用いる場合が多い)。
  16. ^ しかし日立チェーンストール加盟店の減少が予想よりも急速に進んでいる事から、日立製オール電化・太陽光発電システムの販売網開拓は苦戦を強いられており、系列店経由での日立オール電化・太陽光発電システム販売実績はパナソニックショップに大きく水をあけられている。
  17. ^ 日立製品取扱説明書の巻末「保証とアフターサービス」項には、「遠隔地へ転居される場合、転居先にある日立製品取扱店をご紹介させて頂きます」と書かれている。
  18. ^ 年齢制限は無く、第一種普通自動車運転免許を有していれば学歴・職歴不問。採用後は日立グループによる各種研修・資格取得支援制度が充実している。
  19. ^ 但しこの「日立フューチャークラブ」はパナソニックショップ同業組織「明徳会」より遅れて発足しており、かつ「日立お店ナビ」項では(パナソニックショップサイトとは異なり)東日本大震災で被災した系列店の近況報告が一切行われていない。さらにパナソニックショップへの衣替え&日立以外の他社製品も広範に仕入れ販売可能となるアトム電器エディオンベスト電器など量販店フランチャイズチェーンへ鞍替え、或いは後継者難&売り上げ減により廃業する系列店が増えている事から、「HFC」会員数は減少傾向に歯止めがかかっていない。
  20. ^ 但し日立CM「チェーンストール(系列店)編」制作本数はパナソニックCM「パナソニックショップ編」より大幅に少なく、全国各地にある日立チェーンストール各店の取り組みも日立CM及び「日立お店ナビ」項では一切紹介されていない。このため日立チェーンストール各店は顧客新規開拓の苦戦を余儀なくされており、こうした実情が売り上げが落ち込んで後継者もおらず廃業する店舗増加に拍車を掛ける形となっている(顧客の多くは看板が目立つためすぐ見つけやすく、かつ抜群のアピール力&宣伝力を有するパナソニックショップを選びがちになる)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]