いわき号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いわき号(新常磐交通)
いわき号(新常磐交通)
いわき号(JRバス関東)
いわき号(JRバス関東)
いわき号(東武バス)
いわき号(東武バス)

いわき号(いわきごう)は、東京駅バスタ新宿福島県いわき市及び南相馬市茨城県北茨城市を結ぶ高速バスである。

運行会社[編集]

現行経路[編集]

東京線は、首都高速道路は東京発が宝町出入口より進入、東京行が加平出入口で流出し一般道(都道国道6号)を経由し終点まで向かう。

新宿線は、新宿発、新宿行ともに王子北出入口で首都高速道路に進入・流出し、一般道を経由し新宿までを結ぶ。

いわき - 東京線[編集]

東京駅(発:八重洲南口6番のりば、着:日本橋口) - 浅草駅(東京行のみ) - 綾瀬駅(東京行のみ) - (首都高速道路) - (常磐自動車道) - 北茨城IC(下り全便と上り一部便のみ停車) - いわき勿来IC - いわき湯本IC - いわき好間 - いわき中央IC(※到着便のみ) - 好間一小 - 叶田団地入口 - 平中町 - いわき駅 - ラパークいわき(新常磐交通担当便の一部のみ)・JRバスいわき支店(JRバス関東担当全便と東武バスセントラル担当の一部便のみ)

  • 開業当初から運行されている路線である。
  • 友部SAで10分間休憩する。
  • 現在は新常磐交通担当便の一部(1日6往復)がラパークいわきまで延長運転されている(いわき駅 - 常交いわき中央営業所間の出入庫回送を活用したもの)。
  • また、JRバス関東運行便(全便)がJRバスいわき支店まで延長運転されている(いわき駅 - JRバスいわき支店間の出入庫回送を活用したもの)。2018年6月15日より東武バスセントラル運行便(一部便)もJRバスいわき支店まで延長。

いわき - 新宿線(新宿いわき号)[編集]

新宿駅(バスタ新宿) - 池袋駅東口(新宿行のみ) - 王子駅 - (首都高速道路) - (常磐自動車道) - 北茨城IC - いわき勿来IC - いわき湯本IC - いわき好間 - いわき中央IC(※到着便のみ) - 好間一小 - 叶田団地入口 - 平中町 - いわき駅 - JRバスいわき支店

  • 全便JRバス関東が運行。
  • 守谷SA東海PAで各10分間休憩する。
南相馬 - 東京線(新常磐交通)

南相馬 - 東京線(運休中)[編集]

東京駅(発:八重洲南口、着:日本橋口) - 浅草駅(東京行のみ) - 綾瀬駅(東京行のみ) - (首都高速道路) - (常磐自動車道) - いわき勿来IC - いわき湯本IC - いわき好間 - いわき中央IC - 広野IC - 常磐富岡IC - 大熊町役場 - 双葉町役場 - 浪江駅 - 原町営業所[1] - 道の駅南相馬

小名浜 - 東京線(東武バス)

小名浜 - 東京線[編集]

東京駅(発:八重洲南口、着:日本橋口) - 浅草駅(東京行のみ) - 綾瀬駅(東京行のみ) - (首都高速道路) - (常磐自動車道)- 北茨城IC - いわき勿来IC - いわき湯本IC - スパリゾートハワイアンズ - 温泉神社 - 支所入口(小名浜行のみ) - 小名浜高速バスターミナル

  • 東京駅と小名浜を結ぶ路線である。いわき - 東京線とは異なり、いわき駅方面には立ち寄らない。
  • 友部SAで10分間休憩する。

運行回数[編集]

2018年7月21日時点の運行回数である。

いわき - 東京線
  • 毎日運行便1日26往復(常交10往復、JR7往復、東武9往復)。土曜・休日運行便1日下り4本・上り6本(常交・JR2往復、東武上り2本)金曜・土曜・休前日運行便下り2本(東武下り2本)。
いわき - 新宿線
  • 毎日運行便1日3往復(JR3往復)。
小名浜 - 東京線
  • 毎日運行便1日1往復(東武1往復)。土曜・休日運行便1日2往復(常交・JR各1往復)

東日本大震災発生までは、以下の通り運行していた。

  • 1日39往復(以下3系統の合計。常交・JR・東武各13往復)。
    • 東京駅 - いわき間:1日32往復(常交8往復はラパークいわき発着、常交下り2本・上り1本、JR下り11本・上り12本と東武11往復はいわき駅発着)。
    • 東京駅 - 南相馬間:1日2往復(常交2往復)。
    • 東京駅 - 小名浜間:1日5往復(常交下り1本・上り2本、JR下り2本・上り1本、東武2往復)。

歴史[編集]

  • 1988年昭和63年)
    • 7月 - 運輸省(当時)に路線延長免許申請書を提出。
    • 10月 - 路線免許を受ける。
    • 11月11日 - 東京駅 - 平駅(当時)間の運行を開始。1日3往復。
      • 運行開始当初の停留所は、いわき勿来インター、いわき湯本インター、いわき好間であった。また、いわき好間に駐車場をおよそ150台規模で設置した。
      • いわき勿来インター、いわき湯本インターまでは最寄のJR駅(勿来駅および湯本駅)からアクセス路線を新設した。
  • 1989年平成元年)頃 - 1日6往復に増便。
  • 1990年(平成2年)7月21日 - 1日9往復に増便。
  • 1995年(平成7年)10月10日 - 1日12往復に増便。
  • 1998年(平成10年)
    • 3月20日 - 1日15往復に増便。高速バス専用「いわき勿来インター駐車場」オープン。
    • 9月1日 - リピーターサービス「とくとくスタンプ24」開始。
  • 1999年(平成11年)
    • 3月 - 高速バス専用「いわき湯本インター駐車場」オープン。
    • 11月11日 - 1日18往復に増便。
    • 12月1日 - 東京発下り便を便指定に変更。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 1日21往復に増便。
  • 2003年(平成15年)5月10日 - 1日24往復に増便。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月15日 - いわき駅 - ラパークいわき間延長(常交便のみ)。東京 - 夜の森線運行開始(常交のみ1日2往復)。
    • 10月1日 - 東京 - 夜の森線を浪江駅発着に変更する(北営業所が担当)。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月 - 1日26往復に増便(JR9往復、常交9往復、東武8往復)。
    • 4月25日 - 夜の森停留所を廃止。
    • 9月1日 - 浅草駅停留所(降車用)を新設。
  • 2006年(平成18年)
    • 10月1日 - 1日27往復に増便(JR9往復、常交9往復、東武9往復)、終発を1時間繰り下げ。JRバス関東の東京支店担当便がいわき高速支店(当時)担当となる。
    • 12月15日 - 小名浜発着便運行開始。計1日30往復に増便(うち小名浜便1日3往復。常交、JR、東武各1往復)。東京発下り便が座席指定制となる(高速バスネットでの取扱開始)。
  • 2007年(平成19年)
    • 6月1日 - いわき発上り便も座席指定制に変更。
    • 10月1日 - 時刻改正および増便(いわき発着2往復、小名浜発着1往復)。計1日33往復となる。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月31日 - この日の運行をもっていわき小名浜停留所を廃止。
    • 4月1日 - アクアマリンパーク停留所を新設。小名浜発着便はルートを変更し、この停留所が発着場所となる。
    • 7月1日 - いわき発着便を3往復増便(計1日36往復となる)。東京駅発の終発を30分繰り下げ、23:30発となる。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月21日 - 浪江発着便を南相馬市(常交観光原町営業所、道の駅南相馬)に延長。
    • 7月17日 - いわき発着便を2往復、小名浜発着便を1往復増便(計1日39往復となる)。いわき駅始発が4時に、小名浜行き最終バスが21時40分に。また、いわき発が終日ほぼ30分に1本体制となる。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - 小名浜発着便に上中田停留所を新設。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月18日 - 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により運休していたが、この日より特別ダイヤ(1日10往復)での運行を再開。停車地は東京駅・いわき駅のみ、南相馬および小名浜発着便は引き続き運休。自由乗車制。
    • 3月24日 - この日よりいわき市内途中バス停(いわき勿来IC~平中町)での乗降扱いを再開。
    • 3月26日 - 1日12往復に増便。
    • 4月4日 - 1日33往復に増便。一部便のラパークいわき乗り入れと、上り便のみ予約受付を再開。
    • 4月28日 - 1日39往復に増便。
    • 5月11日 - この日より平日1日33往復、土休日1日39往復で運行。
    • 7月1日 - この日より上り便の綾瀬駅・浅草駅への停車を再開。下り便の予約受付も再開。
  • 2013年(平成25年)
    • 2月4日 - この日より平日1日30往復、土休日1日39往復(うち下り2本は金曜日も運行)となる[2]
    • 4月1日 - この日より一部便(1日12往復)が北茨城ICに停車[3]
  • 2014年(平成26年)
    • 7月1日 - この日よりJRバス関東運行便がいわき駅 - JRバスいわき支店間を延長[4]
    • 8月10日 - この日より下り便が全便北茨城ICに停車[4]
    • 8月29日 - この日より76号、105号の担当が新常磐交通からJRバス関東に変更。
    • 9月12日 - この日より76号、105号の担当がJRバス関東から新常磐交通に変更。
    • 9月14日 - この日より平日に限り、4号、21号の担当が新常磐交通からJRバス関東に変更。
    • 10月1日 - この日より下り便が一部自由席となる(最終便を除く)。現金又はネット予約は指定席となるが、回数券を利用する場合は窓口での席の指定はできなくなった。また、下り最終便(金曜・土曜・休前日運行)の時刻を変更、「ミッドナイトいわき号」とし、運賃を改定(運行開始は10月3日[5]
  • 2015年(平成27年)
    • 12月1日 - 上り便のネット予約開始。電話での予約受付は継続。
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日 - 回数券の販売終了及び、回数券の利用が廃止となる。また、下り便に設定されていた一部自由席が廃止となり再び上下便とも座席指定制となる[6]
    • 8月1日 - この日より4号、21号の担当が全日ともJRバス関東から新常磐交通での運行に戻る(2014年9月14日より平日のみJRバス関東が運行していた)。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 - この日より3往復がバスタ新宿発着となる。運行はJRバス関東が全て担当[7]
    • 7月1日 - 常磐自動車道4車線化工事に伴い、いわき中央インターのりばと第1・第2駐車場が閉鎖。これに伴い「好間一小」停留所および無料駐車場(第4駐車場)を新設。なお、いわき中央インターおりばは存続となる[8]
  • 2018年(平成30年)
    • 4月3日 - 上りのJRバス関東便によるJRとまとランドいわきファーム産トマトの輸送を開始[9]
    • 6月15日 - 小名浜発着便が運行再開[10]。「アクアマリンパーク」停留所を「小名浜」(小名浜高速バスターミナル)に移設。
      またダイヤ改正に伴い、東武担当一部便でJRバスいわき支店乗り入れが開始。
    • 7月21日 - 小名浜発着便の平日乗り入れ開始(東武担当便1往復)に伴い、いわき駅経由・発着便が1往復減便の1日26往復(常交10往復、JR7往復、東武9往復)で運行。

車両[編集]

4列シート・トイレ付のハイデッカー車が使用される。大型連休時の応援には貸切車を応援させることもある。

運行開始当初は、各社ともスーパーハイデッカーを使用していたほか、「バス・ジャパン」11号の記述によれば、セルフサービスでお茶も用意されていたという。常磐交通自動車は貸切車を応援に運用することもあった。

  • トイレ無し貸切車による増発便については常交、東武によるものが多い。

利用状況[編集]

近年のいわき号の年間利用状況を以下に示す。2005年度はいわき線の利用者が減少しているように見えるが、これは浪江(現・南相馬)線の開業に伴い、一部旅客がそちらに転移したためであり、合計人員は増加傾向が続いている。

いわき号利用状況
年度 東京 - いわき 東京 - 浪江 東京 - 小名浜
1997年度 279,324人 - -
1998年度 330,881人 - -
1999年度 362,880人 - -
2000年度 374,669人 - -
2001年度 404,766人 - -
2002年度 407,294人 - -
2003年度 419,325人 - -
2004年度 424,604人 - -
2005年度 408,196人 29,428人 -
2006年度 416,499人 29,444人 7,028人
2007年度 421,345人 29,195人 33,806人

その他[編集]

  • 東京駅発下り最終便(23時00分。金・土・休前日は23時40分)は発車時刻が遅く、いわき駅発上り始発便(4時00分)も早い。鉄道は東京発下り最終列車が20時53分、いわき発上り始発列車が6時14分である。
  • 東武鉄道(開設当時)を参入させるために上りのみ綾瀬駅(後に浅草駅にも停車。但し、浅草駅は東武バスが参加しない他の路線も停車するようになった)に停車するようになる。
  • 綾瀬駅停車が首都高の渋滞を回避し綾瀬駅到着時における定時性が確保されたため、結果的にこの停車がいわき号を大きく発展させた要因の一つと考えられる(綾瀬駅で下車する乗客も多い)。
  • 以前は上り便は綾瀬駅を出た後再び首都高を走行して東京駅に向かっていたが、首都高の渋滞回避のため現在は一般道を走行して浅草駅方面へ向かう。

パークアンドライド[編集]

福島県内におけるパーク&ライドの先駆けかつ成功例である。

いわき市をはじめとした福島県浜通り地区は自家用車の普及率が高い状況となっていた。このため、いわき号の設定当時から、自動車から乗り換えて高速バスを利用してもらうことを視野に入れていた。運行開始当初はいわき好間に150台規模の駐車場を設置し、高速バス利用者には無料で利用できるようにした。非常に好評であったが、無料であったことから高速バス利用者以外の駐車が目立つようになり、いわき号利用客が駐車できないこともあった。また、駐車場が設置されていなかったいわき湯本やいわき勿来では家族による送迎のほか、付近の道路等に駐車して乗車するなどの行為が見られた。

これらを解消するため、「駐車システム」の導入と(2009年現在では、いわき好間、いわき中央、アクアマリンパークに導入済み)各停留所付近への駐車場の設置(現在の駐車場設置停留所は下表を参考)を行った。

2013年4月1日から停車を開始した北茨城ICにも高速バス利用者用駐車場が120台分設置されている(ただしこの駐車場は自治体が設置したものであり、いわき市内のような利用者への無料措置はない)。

駐車場設置箇所
停留所名 駐車可能台数 設置年度
北茨城IC 120 2013年平成25年)
いわき好間 128 1988年昭和63年)
いわき中央IC 116、41、100 1999年平成11年)、2008年平成20年)
いわき湯本IC 90 1999年平成11年)
いわき勿来IC 150 1998年平成10年)
アクアマリンパーク 140 2008年平成20年)
広野IC 35 2004年平成16年)
常磐富岡IC 50 2005年平成17年)
大熊町役場 30 2004年平成16年)
双葉町役場 10 2004年平成16年)
原町営業所 25 2009年平成21年)
道の駅南相馬 10、日帰りのみ 2009年平成21年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常磐交通観光原町営業所
  2. ^ 東京-いわき線「いわき号」ダイヤ改正について(ジェイアールバス関東 トピックス 2012年12月28日)(2014年8月30日閲覧)
  3. ^ 高速バス いわき線(東京-いわき間)が、新たにパーク&バスライド可能な北茨城ICに停車します(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年7月9日)(2014年8月30日閲覧)
  4. ^ a b 【東京~いわき線】ダイヤ改正(ジェイアールバス関東 トピックス 2013年2月22日)(2014年8月30日閲覧)
  5. ^ 「いわき線」のご利用方法変更及び深夜運賃について(ジェイアールバス関東 トピックス 2014年9月2日)(2014年10月5日閲覧)
  6. ^ いわき便の乗車方法変更について(ジェイアールバス関東 トピックス 2016年3月24日)(2016年4月12日閲覧)
  7. ^ 2017年4月1日(土)ダイヤ改正実施路線のお知らせ(ジェイアールバス関東 2017年3月1日)2017年4月4日閲覧。
  8. ^ 常磐自動車道4車線化工事に伴う 『いわき中央インター』のりば停留所 および 第1、第2駐車場閉鎖のお知らせ(新常磐交通 2017年6月28日) (PDF)
  9. ^ “ジェイアール東日本物流などで構成「地域活性化物流有限責任事業組合」高速バス活用の首都圏向けトマト輸送スタート”. 交通新聞社. (2018年4月27日). http://news.kotsu.co.jp/Contents/20180427/07ddb743-7928-41c6-8014-71fe3b2a95a5 2018年7月3日閲覧。 
  10. ^ デジタル時刻表 ジェイアールバス関東”. ジェイアールバス関東株式会社. 2018年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • バスジャパンハンドブック15 常磐交通自動車(1995年)
  • 運輸と経済、第69巻第3号(2009.03) - 特集新時代の高速バス「新常磐交通株式会社の概況」、高萩孝一

関連項目[編集]

外部リンク[編集]