ジェイアールバス関東長野原支店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長野原支店。観光仕様の車両が並んでいるが、半分は路線車である

ジェイアールバス関東長野原支店(ジェイアールバスかんとうながのはらしてん)は、群馬県吾妻郡長野原町にあるジェイアールバス関東の営業所である。

所在地[編集]

  • 群馬県吾妻郡長野原町大字長野原44-1

概要[編集]

1935年に「鉄道線の先行」という使命を持つ省営バス吾妻線として、渋川 - 真田間・上州大津 - 上州草津間を開業したのが始まりである。その後、国鉄長野原線(現:吾妻線)の開業と共に、その使命は「鉄道線の培養」という使命に変わっていった。

沿線に日本有数の温泉場である草津温泉があり、観光客の利用が多い志賀草津高原線を担当していることもあり、国鉄バスでは数少ない黒字営業所であった。鉄道と完全並行の渋川線は全廃となり、他の路線についても短縮や他社への移管などが行われた現在でも、草津温泉への観光客輸送における鉄道とバスの連携体制は際立っており(詳細は当該項目を参照)、「鉄道線の培養」という使命は些かも失われていないといえる。

沿革[編集]

  • 1935年昭和10年)12月11日 - 省営バス吾妻線として、渋川 - 真田間・上州大津 - 草津温泉間を開業。これに伴い渋川自動車所開設。長野原支所、真田支所が置かれた。
  • 1936年(昭和11年)9月1日 - 自動車所を自動車区に改称。
  • 1946年(昭和21年)4月15日 - 菅平口 - 菅平間を開業。
  • 1949年(昭和24年)1月30日 - 鹿沢菅平線の枝線部分、干俣口 - 中央干俣間を開業(1960年代に入り、中央干俣 - 仁田沢間延伸)。
  • 1950年(昭和25年)
    • 2月20日 - 渋川自動車区を長野原に移転し長野原自動車区と改称、渋川支区を開設。
    • 4月1日 - 日本国有鉄道長野原自動車営業所に改称。
  • 1955年(昭和30年)12月15日 - 花敷線として長野原 - 野反峠間を開業。
  • 1957年(昭和32年)6月1日 - 鹿沢菅平線、新鹿沢温泉 - 鹿沢温泉間延伸開業。
  • 1958年(昭和33年)7月1日 - 花敷線の野反峠 - 野反湖間を延伸。
  • 1960年(昭和35年)6月1日 - 真田 - 上田間を開業。
  • 1966年(昭和41年)6月20日 - 志賀草津高原線の草津温泉 - 湯田中間を開業。
  • 1972年(昭和47年)7月1日 - 浅間白根火山線として白根火山 - 中軽井沢間を開業。
  • 1984年(昭和59年) - 鹿沢菅平線の支線部分、上の貝 - バラギ湖・東海大学研修センター間を延伸。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道関東自動車事業部長野原自動車営業所に改称。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - バス部門分割子会社化により、ジェイアールバス関東長野原営業所に改称。
  • 1989年平成元年) - 組織改編により長野原支店に改称。真田支所(真田営業所)が小諸支店の管轄となる。
  • 1997年(平成9年)10月1日 - 北陸新幹線(高崎駅 - 長野駅)の先行開業を受けて、浅間白根火山線の中軽井沢駅 - 軽井沢駅間を延伸。
  • 1999年(平成11年) - 草津温泉 - 新宿駅新南口間の高速バス「上州名湯めぐり号」の運行開始。
  • 2001年(平成13年)10月 - 草軽線(草津温泉 - 北軽井沢 - 白糸の滝 - 軽井沢駅)を開業。草軽交通と共同運行、停留所も共有した。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年) 渋川営業所(旧:渋川支所)を閉所。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月31日 - 鹿沢線を廃止。
    • 9月30日 - 「スパライナー草津号」を廃止。
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 花敷線を廃止。
  • 2015年(平成27年)8月1日 - この日より志賀草津高原線にSuicaを導入[1]

現在の所管路線[編集]

一般路線[編集]

系統詳細は当該項目を参照。

乗降方式

  • 前乗り・前降り

※交通系ICカードに対応

高速路線[編集]

「Gシート」を装備車で運行していた頃の上州ゆめぐり号(いすゞ・ガーラ)
上州ゆめぐり号「Gシート」装備車車内。前方2列分がGシートで、座席の仕様が異なるのが分かる
  • 新宿 - 本庄・伊勢崎
  • 上州ゆめぐり号(上州名湯めぐり号の「名湯」の部分を「ゆ」と読ませている)
概説
  • JRバス関東では、支店ごとの独立採算性を重視しており、このため長野原支店においても東京発の高速バス路線の一部を担当していた。東京支店までは鉄道線を利用して乗務員の送り込みをしていたが、より効率化を図るため、営業便による東京支店までの乗務員送り込みという目的で開設された路線である。
  • 長野原支店周辺には、名湯として名高い草津温泉を筆頭にいくつか温泉が点在することから、単なる乗務員の送り込みだけでなく、それらの温泉場を結ぶ高速バスとして設定したが、吾妻地区から東京への往復交通手段としても好評だった模様で、何度かの増便を経て現在に至る。
  • 2017年4月1日ダイヤ改正の告知にて、「最新の安全装置(衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーモニター等)や、フリーWi-Fi、充電用USBを装備した車両で運行(臨時便や車両点検時等を除く)」とアナウンスされた。
運行経路
バスタ新宿(新宿駅新南口) - 練馬駅区役所前) - 渋川駅 - 伊香保温泉(見晴下) - 伊香保石段街 - 東支所前 - 中之条駅入口 - 群馬原町駅入口 - 長野原草津口駅 - 長野原役場前 - 草津温泉駅
  • 上下とも上里SAで休憩する(バスタ新宿 - 伊香保石段街間の便を除く)。
  • バスタ新宿 - 練馬駅のみ、渋川駅 - 群馬県内のみの利用はできない。但し、草津温泉駅 - 伊香保蘆花記念館前、伊香保温泉については空席がある場合に限り、予約・指定なしで区間乗車することができる。
  • 2007年10月19日から2009年7月17日まで、上り初便(2号)は長野原役場前始発で、伊香保温泉、伊香保蘆花記念館前(当時)、東支所前は経由しなかった(「道の駅おのこ」でも休憩していた)。
  • 練馬駅 - 草津温泉間ノンストップ便や練馬駅 - 中之条駅入口間ノンストップ便を運行する時期もある。
運行回数
  • バスタ新宿 - 草津温泉間9往復、バスタ新宿 - 伊香保石段街間土休日とゴールデンウイーク等に1往復運行。※時期・曜日により便数が増減する
路線沿革
  • 1998年(平成10年)11月 - 会員制バスとして、草津温泉 - 新宿線「湯MO味号」の運行を開始。
  • 1999年(平成11年)10月1日 - 定期運行の高速バス「上州名湯めぐり号(上州ゆめぐり号)」として運行開始。1日3往復(うち1往復は長野原役場前発着)。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 1日4往復に増便。全便草津温泉発着となる。
  • 2001年(平成13年)9月15日 - 伊香保温泉街の経路を変更、バス停追加(伊香保温泉蘆花記念館前、東村役場前)。
  • 2002年(平成14年)7月15日 - 1日5往復に増便。
  • 2002年(平成14年)10月 - 週末のみ運行の臨時便(下り1便)運行開始。
  • 2004年(平成16年)7月頃 - 練馬駅(区役所前)に停車開始。
  • 2004年(平成16年)12月17日 - 臨時便を定期化、毎日運行便は1日6往復となる。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 6往復中4往復に「Gシート」装備車を導入。
  • 2006年(平成18年)12月15日 - 毎日運行便の全便が「Gシート」装備車での運行となる。
  • 2007年(平成19年)10月19日 - 臨時便1往復(上り早朝便、下りノンストップ便)を毎日運行に変更、更に2往復を増便し、合計1日9往復運行となる。全便1号車は「Gシート」装備車での運行となる。
  • 2009年(平成21年)7月18日 - 長野原役場前始発の上り早朝便(伊香保温泉、伊香保蘆花記念館前、東支所前を経由せず)を廃止、草津温泉発のノンストップ便に振り替え。
  • 2009年(平成21年)11月1日 - ノンストップ便1往復が練馬駅(区役所前)に停車。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - この日より1往復(7号・16号)は「Gシート」の無い車両での運行に変更。
  • 2011年(平成23年)7月1日 - 運行時刻が平日ダイヤと土休日ダイヤの二本立てとなる。伊香保蘆花記念館前バス停を移設し、伊香保石段街に名称変更。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 再びダイヤを一本化。草津温泉直行便を毎日運行とし、伊香保石段街発着便を新設。この日の出発便よりJRみどりの窓口での乗車券発売を終了。
  • 2012年(平成24年)11月1日 - 運行経路変更に伴い、川原湯温泉駅バス停を廃止、中之条駅入口バス停を移設。
  • 2013年(平成25年)3月4日 - この日の上り10号の運行をもって、「Gシート」を廃止[2]
  • 2016年(平成28年)4月4日 - 新宿駅の発着場所をバスタ新宿(新宿駅新南口)に変更。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - バスタ新宿を午前中に発車する便を1時間間隔に増強(9往復体制)。最新の安全装置(衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーモニター等)や、フリーWi-Fi、充電用USBを装備した車両で運行(臨時便や車両点検時等を除く)。
使用車両
  • 長野原支店または東京支店の衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーモニター等の安全装置や車内設備にフリーWi-Fi、充電用USBを装備し、車両後部にはパウダールーム・トイレのあるハイデッカー4列幅広シート車両で運行(臨時便や車両点検時等を除く)が使用される。
  • かつては「Gシート」が6席・一般席全席が「楽座シート」となった38人乗り「プレミアムコーチ」が運用されていた(7号・16号・201号・202号を除く)。
  • 2012年11月19日の11号・4号を皮切りとして「Gシート」を廃止、順次4列幅広シート車での運行へ切り替えが進められていた[3]が、2013年3月4日の上り10号の運行を最後として、「プレミアムコーチ」での運行を終了[2]。なお、元・「プレミアムコーチ」車両は順次40人乗り車両に改造され、一部は東京支店に転属した。長野原支店に残った車両は引き続き当路線で使用されている。
  • 乗務員は主に長野原支店が担当するが東京支店も一部担当する。
特記事項
  • 渋川駅~長野原草津口駅間は、1994年頃に廃止になったJRバス渋川線のルートに近い。ただし、渋川線は伊香保温泉は経由しておらず、ほぼ全区間吾妻線と並行していたので、実際には最も渋川線と同一に近いルートを走るのは2号だけであったが、この便は2009年7月17日をもって運行終了している。
東京ゆめぐり号(東京支店所属車両)(過去)
  • 東京ゆめぐり号
概説
上州ゆめぐり号の派生形として、2015年12月26日~2016年1月3日の期間限定の東京駅 - 草津温泉間の臨時直行便として1日2往復運行した。2016年2月6日から運行を再開(6日・7日、11日~14日運行)、2月20日から毎日運行される[4]
  • 2017年4月1日ダイヤ改正の告知にて、「最新の安全装置(衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーモニター等)や、フリーWi-Fi、充電用USBを装備した車両で運行(臨時便や車両点検時等を除く)」とアナウンスされた。
運行経路
東京駅八重洲南口(降車は日本橋口) - 中之条駅入口 - 群馬原町駅入口 - 長野原草津口 - 長野原役場前 - 草津温泉駅
  • 上下とも上里SAで休憩する。
運行回数
  • 1日1~2往復。※期間により便数の増減あり
路線沿革
  • 2015年(平成27年)12月26日 - 期間限定の臨時直行便として、草津温泉~東京駅線「東京ゆめぐり号」の運行を開始。2016年1月3日まで運行。
  • 2016年(平成28年)2月6日 - 「東京ゆめぐり号」が運行再開。2月14日までは不定期運行、2月20日から定期便として毎日運行[4]
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 中之条駅入口、群馬原町駅入口、長野原草津口、長野原役場前に停車開始。平日1往復、土休日2往復運行。
使用車両
  • 東京支店または長野原支店の衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーモニター等の安全装置や車内設備にフリーWi-Fi、充電用USBを装備し、車両後部にはパウダールーム・トイレのあるハイデッカー4列幅広シート車両で運行(臨時便や車両点検時等を除く)が使用される。

受託路線[編集]

過去の路線[編集]

浅間白根火山線の最終日。浅間山の直下をゆく H644-86432
浅間白根火山線の最終日。浅間山の直下をゆく H644-86432
草軽交通と共同運行していた草軽線 H648-87434
草軽交通と共同運行していた草軽線 H648-87434
鹿沢線 H447-94417
鹿沢線 H447-94417
草津温泉駅に到着した「スパライナー草津号」S670-97411
草津温泉駅に到着した「スパライナー草津号」S670-97411
花敷線 H644-86415
花敷線 H644-86415

廃止路線[編集]

この路線は、2003年初頭には2003年10月からの運行開始が内定となっていた。ところが、2003年8月にはJRバス関東でも飲酒運転事件が発生したため、運行は無期延期状態となってしまった。
しかし、草津温泉を擁する群馬県吾妻郡草津町からの運行開始の要望が強かったため、運休中扱いの路線免許を組み合わせることで新規免許区間を最小限に抑え、特例扱いで開業となった。新規免許取得区間は、更埴JCT〜(上信越自動車道)〜上田菅平ICのみである。
愛称は英語で「温泉」を意味する「スパ(spa)」と「直行便」を意味する「ライナー」に由来する。ボルボ・アステローペ2台が専用車として運用されていたが、検査時には他のスーパーハイデッカー車が代走していた。
  • 2004年(平成16年)7月1日 - 1日1往復で運行開始。
  • 2005年(平成17年)3月25日 - 長野道更埴インター・上信越道屋代・千曲川さかきに新たに停車。愛知万博開幕に伴い、昼行の臨時便81・82号の運行を開始。
  • 2005年(平成17年)9月25日 - 愛知万博閉幕に伴い、昼行の臨時便81・82号の運行を終了。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - みどりの窓口での発売を終了。
  • 2007年(平成19年)9月30日 - 路線廃止。
  • 花敷線 2009年3月31日で廃止。六合村に業務移管。
    • 長野原草津口駅 - 花敷温泉 - 野反湖(花敷温泉 - 野反湖間は夏期のみの季節運行)

かつて担当していた路線[編集]

車両[編集]

新車で導入した路線車もハイデッカー H644-00434
夜行高速バスの車両を転用した「イエローバス」S671-87401
行政からの受託運行によるスクールバス M134-04007

2010年8月末現在、長野原支店の一般路線車は全車がハイデッカー車である。高速バス格下げ車両が多く、一部元貸切車も在籍している。東名ハイウェイバスで使用していた強馬力仕様の三菱ふそう・エアロバス (U-MS821P) をはじめとして、ハイデッカー高速車ばかりが一般路線に運用されている光景は、他の観光地のバス路線でもなかなか見られない。この独特の車輌配置については、当支店の路線が山岳路線であることや、観光主体という面もあり、乗客へのサービス向上を図る目的であること、また、立ち席が認可されていないことによるものである。路線に転用された車輌でWC付の車両については、経年車はWC閉鎖、車齢の若い車はWCをリサイクル利用することから撤去して座席を増設してある。また、2000年に一般路線車として新車で導入された車両も、ハイデッカーのエアロバス (KL-MS85KS) である。中型車は2台が在籍し、自治体からの受託によるスクールバス運用や、廃止された鹿沢線や花敷線の末期にも使用されていたが、2009年5月をもって廃車・転出により配置が無くなった。

高速車は、「上州名湯めぐり号」用にいすゞ・ガーラが在籍しており、Gシートを装備した車両については、東京支店への管理委託扱いとなっていた車両も含めた全車両が当支店の所属となっている。2000年から2003年にかけては三菱エアロバス (KL-MS86MP) が高速車として数台配置されたが、一部の車両は4年ほどで一般路線車に格下げとなっている。また、Gシート車両への置き換え過程で比較的若い車両が東京支店や土浦支店、水戸支店などに移籍している。

この他に、三菱ふそう・ローザ改造のボンネットバス2台を含む小型車3台が草津町循環バス用に、マイクロバス2台がスクールバス用に在籍しているほか、大型貸切車は6台が在籍している。

なお、他の支店からの転入や格下げ車が多いものの、平均車齢はさほど高くない。

過去の車両[編集]

  • 国鉄バス時代は、十和田方式(十和田北線の当該記述を参照)により、1シーズン後に配置するという「広域流用」が行われていた。長野原営業所管内の路線も観光路線であることから、当営業所に配置されてから他の営業所へ転出するケースがみられた。
  • 車両仕様としてはトップドアで高出力の車が多く在籍し(いすゞ車、日野車が多く配備されていた)、ハイバックシート・リクライニングシートを装備した車両も多かった。一般路線用の車輌では山岳路線勾配が多い管内の地形において力不足だったことによる。
  • 中でも特筆されるのは、ハイウェイバスでは無い国鉄仕様が多数在籍したことである(国鉄バス時代は珍しい事ではなかったが)。高出力の観光・長距離路線用のシャーシに路線用ボデーを搭載した板バネ・ローギア仕様(高出力車だが、スピードメーターが90km/hまでしか振られていない完全な山登り仕様)の車両であった。これらの車両は、一部が他の営業所支店に転属した以外、当営業所で最後まで使われた車両が多かった。
  • 前中扉の車両も在籍したことがあったが、長野原管内では中扉は締切扱いで「前乗り・前降り」方式だった(中扉のステップ部分は鉄板で覆われ、車内はステップ部分に入れないろようにロープが張られていた)。末期の渋川営業所(旧:渋川支所)には中型の前中扉車が常駐し、最後まで使用されたが、ほとんどの前中扉車は、あまり長い期間は使用されずに転出していた(高出力型の前中扉車が配備され、例外的に長野原を離れることなく使用された例もある)。長野原支店では国鉄時代から現在に至るまで「2扉車は短命」という傾向がある。
  • JRバスになってからは常磐道・東関道方面の高速バスから転用されることが多くなった。それらの車両の中で特筆すべきものは、夜行高速バスの車両を転用し、1994年に登場した「イエローバス」である。この車両については志賀草津高原線#イエローバスを参照のこと。

特記事項[編集]

「草津町巡回バス」は町の福祉バス扱いだが、一般乗車も可能。M134-03001
  • 長野原支店では、自治体に委託されてのスクールバスや福祉目的のバスを運行させている。支店の路線がある長野原町、六合村(2010年4月で中之条町に吸収合併)、隣接する嬬恋村では、それぞれの自治体の小学校・中学校のスクールバス、群馬県立嬬恋高等学校の関連では、草津温泉駅 - 上州三原間をスクールバスとして運行している(一般旅客の乗車はできない)。また、観光目的と思われがちだが、草津温泉巡回バスについては、元々草津町内の福祉バスという位置付けである。

参考文献[編集]

  1. バスラマ・インターナショナル48号「ユーザー訪問:ジェイアールバス関東」
  2. バスジャパン・ハンドブック「18 ジェイアールバス関東」
  3. バスジャパン・ニューハンドブック「37 ジェイアールバス関東」

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【8月1日】志賀草津高原線へのSuica導入及び一部区間の運賃改定について(ジェイアールバス関東 2015年7月30日)
  2. ^ a b 上州ゆめぐり号(新宿~草津温泉)・知多シーガル号(東京~知多半田)「Gシート」の廃止について(JRバス関東 新着情報)
  3. ^ 【お知らせ】上州ゆめぐり号(新宿~草津温泉)「Gシート」の廃止について(2012年11月7日 JRバス関東「トピックス」)
  4. ^ a b 草津温泉への直行便を東京駅から定期運行致します(ジェイアールバス関東 2016年1月5日)2016年2月7日閲覧。
  5. ^ 万座・鹿沢口駅では、バスターミナルに入らず、国道上に設置されたバス停での乗降となっていた。これは、バスターミナルの上屋の高さがスーパーハイデッカーに対応していなかったためである。

関連事業[編集]

  • 長野原草津口駅のバスターミナル内で、食堂・売店などの営業を行なっている。