大洗港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大洗港

大洗港(おおあらいこう)は、茨城県大洗町に存在する港湾。2008年12月25日、日立港常陸那珂港と統合され、新港名茨城港に抱合。独立した港格が消滅し、茨城港大洗港区に改められた。


概要[編集]

江戸時代から大洗は漁港として栄え、涸沼川河口が海上運搬の拠点として用いられていたが河口部の水深確保が困難となり外海部に新港建設が計画された。1909年(明治42年)から大正初期にかけて事業費30万円余をかけ「磯浜港」として港湾建設を図ったが、完成間近の1917年(大正6年)に漂砂が堆積し漁船の係留地を失い、応急策として涸沼川の一角に漁港「第二種磯浜港」が建設された[1]

磯浜築港建設が漂砂の影響を受けて中断されてから50年余りが経過し、同じ場所に新たな築港計画により産業港が計画された[2]。昭和30年代より漁船の大型化もあり港湾を建設しようとする機運が高まり、1958年(昭和33年)12月の地方港湾指定を機に港名を「磯浜港」から「大洗港」に改められると、1961年(昭和36年)から港湾建設が着手され、1979年(昭和54年)までには約80億円の建設費を投じ漁港区が概成された[3][1]

1979年(昭和54年)5月に重要港湾の指定を受けると、長距離フェリー寄港を前提とする港湾計画が策定されて第3埠頭岸壁(-8m)の整備に着手[3]1985年(昭和60年)3月に大洗 - 苫小牧・室蘭を結ぶカーフェリーが就航し、首都圏と北海道を結ぶカーフェリー基地として発展した[3]1992年(平成4年)7月には、大型クルーザーなど約160隻が保管できる県内初の公共マリーナが供用を開始する。1994年(平成6年)10月には、新旅客ターミナルビルや人道橋が完成し、機能性、快適性、利便性に優れた港となって賑わいをみせている。また、1995年(平成7年)10月には、大型客船も接岸できる第4埠頭が完成し、新たに海洋レクリエーション基地としての機能も高めており2008年には首都圏初のみなとオアシスに認定された[4][5]

2008年(平成20年)12月25日、茨城港(大洗港区)として抱合され、独立した港格が消滅した。

現在、旅客港としては東京港発旅客用フェリーの北航路廃止により、関東地方一円から北海道方面(苫小牧港)への徒歩客や団体客、車両利用客をほぼ独占して集め、物流港や漁港の機能も持つとともに、特に夏場の北海道ツーリングの関東の拠点であり、また港湾地区にはタワーやアウトレットモールができるなど、一般人が親しみやすい港となっている。

2011年には、太平洋沖で発生した地震により大洗港で巨大渦潮が発生した。これにより港内に大量の土砂が流入し水深が大幅に減少した。このため、2011年以降に入港する船舶については喫水制限が設けられている。

主な施設[編集]

  • 大洗港フェリーターミナル(第3埠頭)
    • 大洗港フェリーターミナルビル(旧館 物流企業オフィス・人道橋通路)
    • 大洗埠頭開発ビル(新館 フェリー会社カウンター・待合所・レストラン・売店・人道橋・物流企業オフィス・会議室)
  • 第4埠頭「イベントバース」
  • 茨城県大洗マリーナ
  • 大洗漁港

定期航路[編集]

大洗港フェリーターミナル地図
過去の航路
  • 大洗港 - 室蘭港(東日本フェリー 1985年(昭和60年)3月 - 2002年(平成14年)6月1日)
  • 東京港 - 大洗港 - 苫小牧港(ブルーハイウェイライン 1997年(平成9年)9月 - 1999年(平成11年)4月)

周辺[編集]

大洗港周辺の空中写真。
1986年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 大洗港のあゆみ - 大洗町
  2. ^ 茨城県映画『海岸線を行く』(1965年(昭和40年度)制作)▼ - Youtube「なつかし・いばらき」(茨城県庁映像アーカイブス)
  3. ^ a b c 茨城港湾事務所大洗港区事業所”. 茨城県ホームページ. 茨城県 (2015年12月2日). 2016年1月10日閲覧。
  4. ^ 茨城港大洗港区|いばらきのみなと 茨城県港湾振興協会連合会ホームページより。
  5. ^ みなとオアシス大洗 - 大洗町

関連項目[編集]

外部リンク[編集]