大洗マリンタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨城県大洗マリンタワー
Oarai Marine Tower
大洗マリンタワー
大洗マリンタワー(2013年)
情報
用途 展望台施設
設計者 桂設計
施工 岡部工務店
事業主体 茨城県
管理運営 茨城県大洗町
構造形式 鉄骨造
建築面積 782.4 m²
延床面積 1,121.20 m²
階数 地上3階[注釈 1]
高さ 60m
着工 1987年(昭和62年)11月
竣工 1988年(昭和63年)10月
開館開所 1988年(昭和63年)10月
所在地 311-1305
茨城県東茨城郡大洗町港中央10番地
座標 北緯36度18分37.7秒 東経140度34分14.3秒 / 北緯36.310472度 東経140.570639度 / 36.310472; 140.570639 (茨城県大洗マリンタワー
Oarai Marine Tower
)
座標: 北緯36度18分37.7秒 東経140度34分14.3秒 / 北緯36.310472度 東経140.570639度 / 36.310472; 140.570639 (茨城県大洗マリンタワー
Oarai Marine Tower
)
テンプレートを表示

大洗マリンタワー(おおあらいマリンタワー)は、茨城県東茨城郡大洗町にある高さ60mの展望台。

概要[編集]

設置者は茨城県[1]指定管理者制度により、大洗町が管理・運営を行っている[2]。2019年(平成31年)3月よりみなとオアシス大洗認定施設である。

大洗港内の港中央公園に立地しているため、高さ55mの展望台から眼下に大洗港の様子を眺めることができる。

茨城県は2021年12月から新たに施設命名権の募集を行う施設を発表し、大洗マリンタワーも施設命名権の募集の対象となった[3]

歴史[編集]

館内施設[編集]

  • 3階(第15層):展望室(55m)、ルミライトアート壁画「ドルフィンファンタジー」(入館料340円。なお、入館チケットは1階入口の券売機で購入)
  • 2階(第14層):喫茶「ガルパン喫茶 Panzer Vor」(50m、喫茶利用者は2階まで無料)
  • 1階:エントランスホール(マリンシアター、売店、観光情報コーナー、事務所)

アクセス[編集]

車利用[編集]

北関東自動車道東水戸道路水戸大洗インターチェンジで降り、国道51号県道2号を利用。

電車・バス利用[編集]

水戸から[編集]

那珂湊から[編集]

鹿嶋から[編集]

東京から[編集]

  • 東京駅八重洲南口4番乗り場から高速バスみと号』(茨城交通・関東鉄道JRバス関東)で、「大洗フェリーターミナル」下車。徒歩5分[注釈 2]。ただし、「フェリーターミナル」行きは1日1本のみ。それ以外の便は終点の「水戸駅北口(または南口)」下車で前述の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線へ乗り換えとなる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 層数は地上16層。第2 - 13層は吹き抜けのため階数に含まれず、第14層が2階、第15層が3階となる。
  2. ^ 「フェリーターミナル」行きに乗車した場合、ツインチケットの使用も不可。

出典[編集]

  1. ^ 茨城県大洗マリンタワーの設置及び管理に関する条例
  2. ^ 指定管理者候補者の選定結果
  3. ^ 競輪場、鵜の岬に命名権 茨城県有43施設、対象拡大”. 茨城新聞 (2021年12月3日). 2021年12月5日閲覧。
  4. ^ 復興チャリティ「青空市」 - 大洗観光協会オフィシャルBlog 大洗町宿泊施設青年会活動記 2011年4月17日
  5. ^ 全長7メートル「カジキ像」 - 茨城新聞クロスアイ 2014年8月30日
  6. ^ 『"ガルパン定食"再現 大洗マリンタワー 公式カフェきょう開店』茨城新聞2015年3月21日
  7. ^ 小野寺晋平「茨城県大洗町/"ガルパン定食"再現 公式カフェ、21日開店 大洗マリンタワー」『茨城新聞』茨城新聞社(共同通信社)、2015年3月21日。2020年11月9日閲覧。
  8. ^ 小野寺晋平「茨城県大洗町/"ガルパン定食"再現 公式カフェ」『茨城新聞』茨城新聞社、2015年3月21日。2020年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]