ソー:ラブ&サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソー:ラブ&サンダー
Thor: Love and Thunder
監督 タイカ・ワイティティ
脚本 タイカ・ワイティティ
ジェニファー・ケイティン・ロビンソン英語版
原作 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
マイティ・ソー
製作 ケヴィン・ファイギ
出演者 クリス・ヘムズワース
ナタリー・ポートマン
クリスチャン・ベール
テッサ・トンプソン
ジェイミー・アレクサンダー
タイカ・ワイティティ
ラッセル・クロウ
撮影 ショーン・マウラー英語版
編集 メリアン・ブランドン
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2022年7月8日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 MCU
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年)
ソー
マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年)
次作 MCU
ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年)
テンプレートを表示

ソー:ラブ&サンダー』(原題: Thor: Love and Thunder)は、マーベル・コミックのキャラクター「ソー」を基とする、2022年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画である。監督はタイカ・ワイティティ、脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン、出演はクリス・ヘムズワースクリスチャン・ベールテッサ・トンプソンナタリー・ポートマンら。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。

あらすじ[編集]

殆どの生命体が死に絶えたある惑星の砂漠を二人の親子が歩いていた。神ラプーを信仰する一族の生き残りであるゴアは娘のラブと共に最後の生き残りとして彷徨い続けており、食料も水もなくなったゴアは神に祈りを捧げるも甲斐なくラブは力尽きて死亡する。自身も力尽きようとしていたその時、彼は謎の囁きを聞きつけ、その方向に向かうと緑豊かなジャングルがあり、そこでは神ラプーが神を殺す武器ネクロソードの所持者の討伐を祝して宴を催していた。ゴアはラプーに助けを求めるがラプーは自身の為に死ぬことは当たり前のことであると助けを拒絶。それを聞き絶望したゴアは信仰を捨てる。腹を立てたラプーに殺されかけるゴアだがその神々への憎しみからネクロソードに新たな所持者として選ばれるのだった。彼はラプーを殺害すると全ての神を殺すことを誓い、神殺し“ゴッド・ブッチャー”として活動を始める。

サノスとの最終決戦の後でソーとコーグはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に宇宙へ旅立ち、様々な惑星で助けを乞う人々を救う活動をしていた。各星の神々が次々と殺害され、その星で争いごとが頻発する状況に陥っている状況でその中に旧知であるシフの救難信号を見つけたソーはガーディアンズと別れ、コーグと共にシフの元に向かう。重傷を負ったシフの元に訪れたソーはゴアの存在とゴアが地球のニューアスガルドを狙っていることを知るとコーグと共に一旦地球に戻る決断をする。

一方の地球ではソーの元恋人であるジェーンがステージ4の癌を患い、闘病を行っていた。化学療法に効果を見いだせない彼女はかつてソーの持ち物であり、彼の姉ヘラに破壊されたムジョルニアが生命の回復能力を持っていること示唆する文献を読み、ニュー・アスガルドに赴いてムジョルニアの破片が展示されている場所に行くと、粉々になっているムジョルニアが反応を示す。

ソーが地球に帰還するとシフの話していた通り、ゴアはニューアスガルドを襲撃していた。ゴアが作り出した怪物たちに対しニューアスガルドの王となっているヴァルキリーと住人たちが応戦する中にソーも加わるが、彼は戦う人々の中に再生したムジョルニアを扱うジェーンの姿を見つけ驚愕する。ジェーンはムジョルニアの新たな持ち主に選ばれ、新たなマイティ・ソーとして覚醒を果たしたのであった。ソー、ジェーン、ヴァルキリーたちの活躍でゴアは一度退けられるが彼の能力によってヘイムダルの息子であるアクセルを含めたニューアスガルドの子供たちが拉致されてしまう。

ゴアの拠点に目星をつけたソーは子供たちを救うべく、ジェーン、ヴァルキリー、コーグと共に神々が集まる街、オリンポスに赴き、援軍を要請しようとする。様々な世界の神が集まる場を取り仕切る神ゼウスにソーは直談判を行うがゼウスは援軍は愚か、自身の武器であるサンダーボルトの貸し出しも拒否。ゼウスはゴアの最終目的が宇宙の中心にあるどんな願いも一つ叶える場所『永久(とこしえ)』に行き、神々の抹殺を願おうとしているという。そしてそれを果たすことはゴアにはできないと考えており、オリンポスの場所がゴアに露呈するのを嫌ってソーたちをオリンポスから出さないと決める。ソーたちはそれを拒絶し脱出を試みるがコーグがゼウスによって顔面を残して破壊されてしまい、激怒したソーはゼウスに一撃を加えて昏倒させるとサンダーボルトを強奪して脱出する。

ゴアの拠点に向かったソー、ジェーン、ヴァルキリーだったがそこでジェーンはゴアの目的は子供を拉致してソーをおびき寄せ、ソーの持つストームブレイカーの能力を利用して『永久』への道を開くことだったのを知り、ストームブレイカーを遠ざけようとするも失敗。3人はゴアと戦うがヴァルキリーが重傷を負ってしまったため、一時地球に退却をするがその過程でストームブレイカーをゴアに奪われてしまう。

地球に戻ったソーはジェーンが衰弱しているのを目にする。ムジョルニアの能力使用によってジェーンは引き換えに癌への抵抗力を失っていることが調べた結果分かり、これ以上ムジョルニアを使用すると直ぐに死につながることがわかる。子供たちを救うまでは戦い続けることを願うジェーンをソーは生きてほしいと留め、ゼウスから奪ったサンダーボルトの能力を利用して単身で『永久』への道を開こうとするゴアの元に駆け付ける。

拉致されている子供たちを解放したソーは彼らに能力を分け与えるとゴアの作った怪物たちの相手をさせ、サンダーボルトを手にゴアに立ち向かう。ゴアの強靭さに劣勢を強いられるソーだがそこに命を賭して駆けつけたジェーンが現れ加勢に入る。ストームブレイカーを奪還したソーはそれをアクセルに与えて地球に先に帰還させるとジェーンと協力し、ネクロソードを破壊、ゴアに致命傷を与えるが『永久』の扉を開いていたゴアはそこに向かい、ソーも続く。

『永久』の前で力尽きる前に願いを行おうとするゴアの後ろにソーは立っていたが彼の後ろには能力の使用によって力尽きようとしているジェーンもいた。ゴアを倒すことよりソーはジェーンへの愛情から彼女に最後まで寄り添う決断をし、ゴアにその気持ちを語るのだった。ジェーンはソーの腕の中で光の粒となって消滅。それを見たゴアは『永久』に神々の抹殺ではなく、自身の娘ラブの復活を願う。蘇ったラブをソーに託したゴアはその場で息絶えるのだった。

ソーはラブを引き取ると二人で宇宙で人助けを行う活動を始め、その二人が後に「ラブ&サンダー」と呼ばれるようになったことがコーグより語られる。

物語はジェーンがヴァルハラに召されてヘイムダルに迎えられる一方、ゼウスが神々の強大さを知らしめるためにヘラクレスに指示を出したところで幕を閉じる。

登場人物・キャスト[編集]

ソー
演 - クリス・ヘムズワース、日本語吹替 - 三宅健太[1][2]
北欧神話雷神トール”のモデルであり、最強の雷神でありアベンジャーズのメンバー。サノスとの最終決戦後に、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に宇宙へと旅立った。
幼少期のソー
演 - サシャ・ヘムズワース、トリスタン・ヘムズワース
ジェーン・フォスター / マイティ・ソー
演 - ナタリー・ポートマン、日本語吹替 - 坂本真綾[1][2]
天体物理学者であり、ステージ4の癌を患い、治療を受けているソーの元恋人。ソーと同様の力を授かり、彼がかつて使用していたムジョルニアを手にソーの前に再び現れる。
少女時代のジェーン・フォスター
演 - アヴァ・カリョフィリス、日本語吹替 - 岡田日花里[2]
ヴァルキリー(ブリュンヒルデ)
演 - テッサ・トンプソン、日本語吹替 - 沢城みゆき[1][2]
北欧神話の楯の乙女ブリュンヒルド”のモデルであり、アスガルドの女戦士“ヴァルキリー”の最後の一人。最終決戦後、ソーからノルウェーにあるニュー・アスガルドの王位を譲られ新国王へと即位した。
コーグ
演 - タイカ・ワイティティ、日本語吹替 - 金谷ヒデユキ[2]
全身が岩で構成されたクロナン人でソーの友人。彼もソーと同じく最終決戦後にガーディアンズと共に旅立つ。
ゴア英語版
演 - クリスチャン・ベール、日本語吹替 - 子安武人[1][2]
全ての神々を殺害するため、ある奇妙で恐ろしい剣を手に動き出す傷ついた男。“ゴッド・ブッチャー”(神殺し)の異名を持つ。
演じたベールは、2012年の映画『ダークナイト ライジング』以来10年ぶりのスーパーヒーロー映画への出演となった。
ピーター・クイル / スター・ロード
演 - クリス・プラット、日本語吹替 - 山寺宏一[1][2]
子供の頃に地球から天界人である父エゴに誘拐され、ラヴェジャーズによって育てられたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。
ドラックス
演 - デイヴ・バウティスタ、日本語吹替 - 楠見尚己[2]
ガーディアンズのメンバーであるパワーファイター。
グルート
声 - ヴィン・ディーゼル、日本語吹替 - 遠藤憲一[1][2]
ガーディアンズのメンバーである樹木型ヒューマノイド。
ロケット
声 - ブラッドリー・クーパー、日本語吹替 - 加藤浩次[1][2]
アライグマをベースにした元賞金稼ぎ兼傭兵。ガーディアンズのメンバーで、武器と武術の達人でもあるエンジニア。
ネビュラ
演 - カレン・ギラン、日本語吹替 - 森夏姫[2]
義父のサノスによって殺し屋として育成・サイボーグ化されたガモーラの義妹。その義父との最終決戦後にガーディアンズと共に旅立つ。
マンティス
演 - ポム・クレメンティエフ、日本語吹替 - 秋元才加[1][2]
触れた人の心を読んだり感情を操れる共感能力を持っているガーディアンズのメンバー。
クラグリン・オブフォンテリ
演 - ショーン・ガン、日本語吹替 - 土田大[2]
かつてはヨンドゥ・ウドンタの側近だった元ラヴェジャーズのメンバー。彼の死後にヤカの矢を引き継ぐ。
シフ
演 - ジェイミー・アレクサンダー、日本語吹替 - 北西純子[2]
ソーの幼馴染の女戦士。彼に救難信号を送る。
ゼウス英語版
演 - ラッセル・クロウ[3]、日本語吹替 - 千葉繁[2]
ギリシア神話の神でありオリュンポス十二神の王。絶大な力を持っているが、かなりぐうたらな性格である。
ディオニューソス英語版
演 - サイモン・ラッセル・ビール
オリュンポス十二神の神の一人。
バスト英語版
演 - アコシア・サベト
ミーク
演 - カーリー・リース(モーションキャプチャー)
ラプー
演 - ジョナサン・ブルー英語版、日本語吹替 - 高岡瓶々[2]
ゴアが崇拝する神。ゴアを殺そうとするが、ネクロソードを手にした彼に殺害される。
ロキを演じる役者
演 - マット・デイモン、日本語吹替 - 中村章吾[2]
ソーを演じる役者
演 - ルーク・ヘムズワース、日本語吹替 - 宮本淳[2]
オーディンを演じる役者
演 - サム・ニール、日本語吹替 - 宮崎敦吉[2]
ヘラを演じる役者
演 - メリッサ・マッカーシー、日本語吹替 - 美々[2]
演劇の監督
演 - ベン・ファルコーン、日本語吹替 - 田所陽向[2]
ダリル
演 - ダーレイ・ピアソン、日本語吹替 - 兼政郁人[2]
アスガルドのツアーガイド。演じたピアソンはマーベル・ワンショットの『チーム・ソー』シリーズから続投する。
アクセル
演 - キーロン・L・ダイアー、日本語吹替 - 木村皐誠[2]
ヘイムダルの息子。本名はアストリッドだが、ガンズ・アンド・ローゼズに影響されて改名をする。
ラブ
演 - インディア・ローズ・ヘムズワース、日本語吹替 - 安藤紬[2]
ゴアの娘。
エリック・セルヴィグ
演 - ステラン・スカルスガルド、日本語吹替 - 金子由之[2]
ダーシー・ルイス
演 - カット・デニングス、日本語吹替 - 田村睦心[2]
ヘラクレス英語版
演 - ブレット・ゴールドスタイン英語版、日本語吹替 - 神奈延年
ゼウスの息子。怒りを露わにするゼウスがソーへ差し向けることとなる。ミッドクレジットシーンに登場。
ヘイムダル
演 - イドリス・エルバ、日本語吹替 - 斉藤次郎
北欧神話の光の神“ヘイムダル”のモデルであるアスガルドの戦士にして、かつてはビフレストの天文台の番人だった戦士でアクセルの父。サノスの襲撃で命を落とし、本作ではヴァルハラでジェーンを歓迎する。ポストクレジットシーンに登場。

この他に、ジェニー・モリス英語版がニュー・アスガルドの市民、エルサ・パタキーが狼女を演じている。ジェフ・ゴールドブラムグランドマスターピーター・ディンクレイジエイトリを演じていたが、本編からはシーンがカットされている[4]。また、レナ・ヘディも本作に出演していたが、彼女の出演していたシーンもカットされている[5]

設定・用語[編集]

ムジョルニア

製作[編集]

企画[編集]

製作準備[編集]

製作[編集]

編集[編集]

公開[編集]

当初はMCUフェーズ4として発表された時は2021年11月5日予定だったが、新型コロナの影響で延期され、2022年2月18日に(リンク)、更に延期され2022年7月8日となった。

上映禁止[編集]

2022年7月、本作がマレーシアにおいて劇場公開されないことが報じられた[6]。元は二度の公開延期後、新たな公開予定日からさらに無期限延期とされていた[7]。ディズニーはコメントを出していないが、Variety誌によれば一部シーンのカットを当局が要求しそれをディズニーが拒否したためとしている[6]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

ウェブサイトRotten Tomatoesの評価は2022年7月27日現在66%Tomatometerとなっている。[8]

興行収入[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]